2003年上期業種別部会長懇談会-司会の言葉

懇談会では、遠藤委員長司会の下、各部会代表が各々約10分間にわたって、それぞれの業界の現状・見通しについて述べた。

司会の言葉

司 会  お忙しい中、多数ご参加いただきまして誠にありがとうございます。ただいまより、「ブラジル日本商工会議所2003年上期業種別部会長懇談会」を始めさせていただきます。私は本日司会を務めさせていただく総務委員長の遠藤でございます。よろしくお願いいたします。

まず本日の議事進行について若干説明したいと思います。最初に田中商工会議所会頭ならびにご来賓の赤阪清隆総領事にご挨拶頂きます。引き続いて、第一部と して本日のメインテーマでございますブラジル経済2002年下期の回顧と2003年上期の展望について、各部会長から発表してもらいます。時間的にはお一 人10分程度を予定していますけれども、部会長の皆様のお顔を拝見すると皆さん、雄弁な方たちばかりなので7,8分を目処にしていただいて、ちょうどいい んじゃないかと思います。各部会長の発表後、メインテーマに関する自由討議を行います。

会場の皆さんもぜひご参加頂きたいと思います。大体5時ごろを目処としてコーヒーブレイク、その後第二部として二つの副題ですね。これはルーラ政権の与え る影響、それとFTA問題、これについても意見交換を行います。討議終了後に赤阪清隆総領事からご講評を頂きまして、その後田中会頭の閉会あいさつとなり ます。

それからお手元に、配布していますアンケート用紙のご記入にご協力いただいて、閉会時に回収させていただきたいと思います。
それでは田中会頭、開会あいさつからよろしくお願いいたします。