国内需要旺盛でセメント輸出は減少

建設・不動産ブームで国内のセメント需要が旺盛で4月のセメント販売は前年同月比20.6%増加の410万トン、1日当たりの販売は12.8%増加の16万8,600トンに達している。

地域別では北部が40.25増加の15万6,000トン、南部36.2%増加の63万1,000トン、北東部28.2%増加の72万4,000トン、南東部がブラジル全国の52%を占める214万トン、今年4ヶ月間では15.4%増加の1,550万トンであったが、国内需要向けに輸出は49.7%減の21 万トンに減少している。

最終12ヶ月間のセメント販売は前年同期比13.1%増加の4,680万トンに達しており、今後もセメント需要の拡大で今年は11%から12%の販売増加が予想されている。(2008年5月14日付けガゼッタ・メルカンチル紙)