ジェネリック医薬品販売が好調

昨年の最終四半期のジェネリック医薬品の販売量は前年同期比22.3%増加して医薬品全体の19.0%の増加を牽引、今年は国内経済がセッション入りしているにも関わらず、15.0%から20.0%の伸び率が予想されている。

ジェネリック医薬品に対する一般消費者の信頼感増加が売り上げ増加に繋がっており、昨年1年間のジェネリック医薬品の売上は前年比31.4%増加の20億ドルに達している。

昨年の医薬品全体の売上は146億6,900万ドルで前年比20.5%増加、ジェネリック医薬品の販売シェアは前年の15.8%から18.0%に増加、販売金額では13.0%から14.6%に増加している。(2009年2月12日付けガゼッタ・メルカンチル紙)