化学工業会の今後4年間の投資は109億ドル

ブラジル化学工業会(Abiquim)の発表によると、ブラジル化学工業会の2014年~2017年の投資総額は、109億ドルに達すると予想されており、2014年の投資は37億ドル、2015年は26億ドルが予想されている。

Abiquim工業会のフェルナンド・フィゲイレード会長は、ブラジルの化学工業会の売上はGDP比2.8%に相当、1970年代は自動車工業会を抑えて産業界の売上トップであったが、今では4位にランクを下げていると説明している。

今年のブラジルの化学工業の貿易収支は、322億ドルの赤字が予想されており、今年の化学工業製品の輸入は、前年比7.9%増加の464億ドル、輸出は4.0%減少の142億ドルが予想されている。

今年のブラジルの化学工業会の売上は、前年比10.7%増加の3,445億レアル、純益は1.5%増加の1,623億レアルが予想されている。(2013年12月9日付けヴァロール紙)