今年のタブレット端末販売はノートブックを上回る予想

IDCコンサルタント社では、今年のタブレット端末販売予想は、1,080万台でノートブック販売予想の840万台を上回る予想、2013年のタブレット端末販売は、790万台でノートブック販売820万台を下回った。

今年のタブレット端末販売の中心は、ノートブックよりも安価なタブレット端末と予想されており、2013年のタブレット端末は、790万台でデスクトップ型PC販売570万台を上回っており、2014年のデスクトップ型PC販売は470万台が予想している。

IDCコンサルタント社は、今年のタブレット端末並びにスマートフォン、ノートブック、デスクトップ型PC販売の81%は、タブレット端末並びにスマートフォンが占めると予想、世界平均は83%に達している。

IDCコンサルタント社は、今年の通信機器並びに情報機器の販売は前年比9.2%増加を予想、2013年は9.5%と世界平均4.0%を大幅に上回っており、ブラジルの通信機器並びに情報機器のマーケット規模は、米国並びに中国、日本に次いで世界4位となっている。(2014年2月6日付けエスタード紙)