ブルーツリーホテルズ&リゾート社長、青木智栄子が、ブラジルの25最高CEO(最高経営責任者)の一人に選ばれる

経済誌として世界的に権威あるFORBES(フォーブス)のブラジル版が選出したもので、政治的、経済的に困難な状況にあるブラジルで、それを乗り越える力量のあるエゼクチーボ25人(25社)の一人に、青木智栄子が選ばれました。

青木はウエステインホテル、シーザーパークホテルと長年にわたってホテル経営にたずさわり、現在、ブルーツリーは24のホテルを持っているが、彼女を選んだ理由として、危機管理能力の高さがあげられました。

ホテルも他の会社と同じように外部からの、あるいは内部の危機に遭遇しますが、彼女の迅速かつ的確な指示によって、危機が回避されたことが何度もありました。

常に「おもてなし」と「サーヴスの向上」に努めている、ブルーツリーは今年、創業20年になります。その節目の年に、タイミングをあわせるように、このような評価をいただきました。

Os melhores CEOs do Brasil em 2017, segundo a Forbes