今年1月の過去12カ月間の不動産売買は二桁増加

経済調査院(Fipe)の調査によると、今年1月の過去12カ月間のサンパウロ市内の不動産売買は、前年同期比11.8%増加の10万8071件の二桁台の伸び率を記録、今年の二桁台の伸び率が予想されている。

また今年1月の過去12カ月間のリオ市内の不動産売買は、前年同期比8.4%増加の4万6,261件、今年1月の過去12カ月間のサンパウロ市内の不動産売買は不動産取引件数全体18万1,495件の59.5%、リオ市内の不動産売買は不動産取引件数全体6万9,496件の66.6%を占めていた。

前記同様にサンパウロ市内の不動産取引件数のうちアパートの売買件数は全体の54.9%、住宅は12.9%、土地8.1%、住宅用ビル4.1%、商業向けテナント0.7%、商業用ビル0.5%、小売販売向け物件並びにその他は9.3%を占めていた。

前記同様にリオ市内の不動産取引件数のうちアパートの売買件数は全体の79.2%、住宅4.4%、土地3.0%、住宅用ビル2.7%、商業向けテナント5.6%、商業用ビル0.2%、小売販売向け物件は1.9%、その他は29%であった。

今年1月のサンパウロ市内の不動産取引件数は前年同月比26.8%増加の8349件、そのうち不動産倍内は全体の61.2%を占めた。前記同様にリオ市は20.7%増加の2812件、68.0%を占めた。(2019年4月1日付けヴァロール紙)