ゲーデス経済相は年内の税制改革承認予想、CPMFの税制支持(2020年7月5日付けUOLサイトより抜粋)

7月5日日曜日のCNNのインタビューで、パウロ・ゲーデス経済相は、年内の税制改革承認を信じている。しかし連邦政府の税制改革の詳細は明らかにしなかった。

ゲーデス氏は国会で支持してくれた改革派を称賛、紹介したい。同氏はデジタル取引に関する課税としてデジタルCPMF(金融取引暫定賦課金)呼ばれているが、新しいCPMF税ではないと否定している。これは最も過酷な給与に課される税金を軽減する最良の方法であると説明。

彼にとって「給与に課される税金は最も残酷で、醜く、不愉快な砂のような税金でデジタル取引でこの課税システムを代替」で麻薬取引人や武器取引人など誰も逃れることができない。汚職関係者も逃さないと説明している。

税金の置換
理想は新たな税金を創ることではなく,置き換えること。民政移管から35年間の社会民主、過去5年間の軍事独裁政権の経済政策を批判、自由民主の税制改革を経験する時と指摘。

税制改革の柱は「個人富裕層への更なる課税と企業の減税」で雇用の創出と毎朝起きた時に願っているとゲーデス氏は説明している。安全な税制は課税システムの簡素化、利益に対する減税と配当金に対する増税と指摘している。

800万人を正規雇用プログラムに含める
COVID-19パンデミックで3,800万人の非正規雇用並びに3,300万人の正規雇用が明らかになった。この3,800万人の非正規雇用のうち非常に脆弱な700万人~800万人を正規雇用に組み込みたいと指摘。

「それぞれ良い面だけを取り出し、排他的にならず」と前政権の良いところは採用。エドゥアルド・スプリシー元上院議員(PTSP)が開発した所得創出プログラムを引用して、「FHCは奨学金学校でシステムを小規模ではじめ、ルーラはボルサファミリアを進めた」と説明した。
ゲデスによると、彼が卒業したシカゴ大学のリベラル経済ラインは、常に社会的な側面を持っている。