11月の平板鋼販売は15.8%急増で在庫は過去10年間で最低(2020年12月15日付けヴァロール紙)

ブラジル鉄鋼卸売業者協会(Inda)のCarlos Loureiro会長は、2020年11月のブラジル国内の平板鋼販売は前年同月比15.8%急増の37万1,700トンと二桁台の増加を記録している。

現在の好調な平板鋼販売が継続すれば20201年第1四半期の平板鋼の供給は需要に追い付かない在庫不足に陥る可能性をCarlos Loureiro会長は指摘している。また今年初め11か月間の平板鋼販売は延年同期比60%増加の332万トンを記録している。

今年1年間の平板鋼販売は、適正在庫への引上並びに建設不動産業界の需要拡大で前年比8.0%増加を予想、2021年の平板鋼販売は、前年比8.0%~10%増加をCarlos Loureiro会長は予想している。

11月の鉄鋼製品ディストリビューターの平板鋼の購入は前年同月比4.1%増加の29万1,500トン、今年初め11か月間では前年同期比8.5%増加の313万トンを記録している。

COVID-19パンデミックの影響で、大半の鉄鋼メーカーは外出自粛や必需品以外の営業や生産停止要請に従って、高炉の稼働停止で鉄鋼メーカーは大幅な平板鋼の在庫削減を余儀なくされたために、現在のディストリビューター在庫は、営業日数換算で僅か1.9ヶ月相当の63万400トンと過去10年間では最低水準に落ち込んでいる。

通常の平板鋼の最低在庫は、営業日数換算で2.5ヶ月相当であるにもかかわらず、僅か2か月弱の在庫しかないために、20万トンの平板鋼の納入が遅れているとCarlos Loureiro会長は指摘している。

ブラジル鉄鋼卸売業者協会(Inda)の統計によると、11月の平板鋼の輸入は4万8,700トンから103.9%増加の9万9,300トンに増加、今年初め11か月間の輸入は前年同期比19.0%減少の83万9,610トンに留まっている。