連邦政府は6月~9月のパラナ河流域5州の水位低下による危険性を指摘(2021年5月28日付けエスタード紙)

今月28日、連邦政府は、今年6月~9月に掛けてパラナ河流域のミナス州、ゴイアス州、南マット・グロッソ州、サンパウロ州並びにパラナ州政府に対して、異常に少ない降雨予想でパラナ河の水位減少による警戒を呼び掛けている。

連邦政府がブラジル国内の気象観測に関するサービスを開始した111年間で、旱魃による河川の水位低下に関する初めての警告であり、ジャイール・ボルソナロ大統領並びにベント・アルブケルケ鉱山エネルギー相は、ブラジルは最近では、例を見ない水力発電所など水利用関連危機に繋がる可能性を示唆している。

気象学に関連する連邦機関である国立気象システム(SNM)、国立水資源・基礎衛生庁(ANA)、国立監視警報監視警報センター(Cemaden)によって共同で9月迄のパラナ河の水位低下の警戒を呼び掛けている。

連邦政府は、ミナス州とサンパウロ州の州境のリオ・グランデ川流域とパラナ州とサンパウロ州の州境のパラナ川流域にある水力発電所の貯水ダムのできる限りの水位保持の重要性を説いている。
パラナ河川の水力発電所のダムの水位保持は、例えば河川内の航行を確保し、パラナ河流域の自治体住民の飲料水、生活用水や工業用水の確保に繋がる

このパラナ河の水資源に関する警告は、鉱山エネルギー省が議長を務める電力部門監視委員会(CMSE)の臨時会合の後、27日夜に発表された。臨時会合では、国家相互接続システム(SIN)の主要水力発電所を擁するパラナ河の6月~9月に掛けての水位低下による危険性を説明している。

国立気象システム(SNM)によると、6月~9月に掛けてのパラナ河の水位低下は、昨年10月~今年3月に掛けてのラ・二ーニャ現象の影響によるブラジル南部地域の少ない降雨減少に加えて、2020年8月中旬から急速に発達した南極オゾンホールは10月にピークに達して、南アメリカ大陸の降雨を妨げた。

今年5月のパラナ河流域の平均降雨量は、僅か27ミリリットルで過去平均の98ミリリットルの僅か4分1程度に留まっており、過去6か月から12ヶ月間の降雨量も平均以下に留まっている。