第1四半期GDPの発表を受け市場では2021年に最大で+5.5%の成長を予測

生産活動

 

農畜産物と鉱産物の輸出が牽引してブラジル経済が2021年1―3月に前期比+1.2%の成長を達成。ただしパンデミックの第3波と電力不足が依然として懸念材料。

2021年第1四半期に国内総生産(GDP:当該期間に経済活動によって生み出されたすべての価値)は、農業と鉱業などの輸出が後押しして2020年第4四半期との比較で+1.2%の成長を達成した。ブラジル地理統計院(IBGE)が6月1日に発表したもので、IBGEによると+0.7%前後だった市場の予想を上回るもので、今回の結果を受けて一部の金融機関は2021年に最大で年間+5.5%の成長も有り得ると見通しを上方修正させた。とは言え、国内で新型コロナウイルス(COVID-19)感染の第3波が発生しかねないことと電力不足に陥る可能性がある点は、経済活動に対する最大のリスクだと複数のアナリストが指摘している。

 

2021年1―3月の成長を受けてブラジルのGDPは、パンデミックが発生する前の2019年第4四半期の水準まで持ち直した。だがブラジル経済がピークを記録した2014年第1四半期との比較では、この水準を依然として3.1%下回っている。

 

今回の結果について連邦政府は経済政策の正しさを裏付ける指標のひとつと位置付けており、パウロ・ゲデス経済大臣は、予算で凍結していた財源の開放にも言及した。一方、証券取引市場では6月1日にサンパウロ平均株価指数(Ibovespa)が3日連続で最高値を更新し、企業が収入を拡大させるとの期待感から12万8,200ポイントを記録した。

 

エスタード紙のオンライン・サービス「ブロードキャスト」が金融機関22社から集めた予測でも、2021年のGDPに対する見通しは改善している。公式発表前の段階で平均+4.2%だった予測は、発表後には+5.0%に上昇した。現時点における予測のばらつきを見ると、下は+3.3%で、上は+5.5%。最も楽観的な見通しを示している金融機関のグループには、ゴールドマン・サックスとBNPパリバが含まれる。更にブラデスコ銀行とイタウ・ウニバンコ銀行がそれぞれ、+4.8%と+5.0%と予想している。

 

このように高い成長率を達成するシナリオが現実化するには、依然として、パンデミックの感染状況の推移といった問題から労働市場と所得が活況を取り戻せるかどうかといったリスクまで前途に横たわっている。食品の高インフレと高い失業率、連邦政府による緊急所得支援の不在(4月になって支払いを再開)といった要因が影響して2j021年第1四半期の民間最終消費支出は前期比-0.1%とわずかなマイナス、実質的に横ばいだった。

 

しかも水不足は、電力の供給不安だけでなく電気料金への適用が見込まれる値上げを原因とするインフレによって、経済成長への脅威となる。ブラジル国内でクレディ・スイスのチーフエコノミストを務めるソランジェ・スロー氏は、「パンデミックの悪化だけでなく水不足も、コストの移転や補助により、歳出拡大を迫るために財政(のバランス)にとって脅威になる」と話す。

 

農業

 

第1四半期の経済成長を牽引したのが農業で、当期、農業は大豆の豊作などで前期比+5.7%という成長を見た。また工業も資源業界が+3.2%を記録したことに後押しされて当期は+0.7%だった。支出面からは、石油・ガス産業に対する課税基準の変更を受けて人為的にこの分野が押し上げられたという側面はあるものの、総固定資本形成(GFCF)が+4.6%増を記録して経済成長を牽引した。

 

パンデミックの影響をより強く受けたサービス業は、生産から見たGDPの柱であるが、当期は前期比+0.4%にとどまり、回復の足取りが依然として緩やかなことを示した。サービス業は、2020年第1四半期と比較した場合は-0.8%だった。

 

ABCブラジル銀行のエコノミスト、ダニエル・シャビエル氏は「農業は当期も絶好調で工業とサービス業は再適応に取り組んでいるところだ。第2四半期に目を向けると、先行指標は、ほぼ全て高い確度でいずれも好調だ。そしてモビリティーも地域ごとに実施されたロックダウンの影響が色濃く表れるということはなかった」と話す。

 

LCAコンスルトーレスはレポートの中で、パンデミックが発生した当初は、接触に対する制限が製造ラインや販売、サービスが過去に例を見ないほど停止して経済活動を崩壊させたと指摘。それから数か月が経過する中で、経済指標に現れるモビリティー低下の影響は縮小していったと分析する。そして「技術の集中的な活用と労働における(対面方式とオンライン方式の)ハイブリッド・システムの導入、eコマースの拡大」により「経済がパンデミックに適応した」ことを示唆した。(2021年6月2日付けエスタード紙)

 

再適応

「農業は今第1四半期に絶好調の状態が続いたが、工業とサービス業は再適応に取り組んでいる」 ダニエル・シャビエル氏/ABCブラジル銀行エコノミスト