ウルトラグループはOxiteno社をタイ資本Indorama社への売却交渉で合意(2021年6月15日付けエスタード紙)

ガソリンポスト網イピランガをブラジル国内に網羅しているウルトラグループは、傘下の石油化学会社Oxiteno社の独占売却交渉をタイ資本Indorama社と締結した。

ウルトラグループ傘下の石油化学会社Oxiteno社の売却交渉では、米国資本のプラアイベートエクイティAdvent社並びに北米の化学メーカーStepan社もタイ資本Indorama社と最終段階まで熾烈な売却交渉を展開していたが、タイ資本Indorama社が12億ドル以上での最終交渉に漕ぎ着けている。

Oxiteno社は、農薬や洗剤などの原材料を生産しているが、ウルトラグループにとっては、コア事業の石油・天然ガス事業に資本を集約するために、ポートフォーリオ事業の売却を進めるために、6月末までの最終売却交渉権獲得で、3社が熾烈な争いを転じていた。

また先月末にウルトラグループは、大手薬局チェーン網Extrafarma社を7億レアルで売却、売却交渉では、Bank of America社が主幹事会社を務めて交渉を成功させている。

Oxiteno社は、ブラジル国内の農薬や洗剤材料の生産工場をブラジル初め、米国、メキシコ並びにウルグアイに11カ所の工場、5カ所の研究センタを擁している。また米州、ヨーロッパ並びにアジアに8カ所の支店を開設している。

タイ資本Indorama社は、ブラジル国内のイタリア資本M&G 社買収して、ペルナンブーコ州内のスアぺ港湾コンビナートでペット樹脂を生産している。