今年6月の段ボール箱販売は記録更新(2021年8月2日付けヴァロール紙)

ブラジル包装紙協会(Empapel)の発表によると、2021年6月の経済動向のバロメーターの段ボール箱派生品出荷量は、前年同月比16.7%増加の32万9,757トンを記録、12ヶ月連続で前年同月比を上回っている。

今年6月の段ボール箱派生品出荷量は、2018年5月末から11日間継続したトラック運転手の国道封鎖抗議デモによる物流問題発生の影響を受けた、同年6月の出荷量をも上回る記録となっている。

今年6月の1日当たりの営業日数換算の出荷量は、前年同期比12.8%増加の1万3,190トンを記録、また今年4月~6月の四半期の段ボール箱の出荷量は、前年同四半期比16.7%増加の199万トンを記録、今年上半期の出荷量は、前年同期比13.0%それぞれ二桁台の伸び率を記録している。

ブラジル包装紙協会(Empapel)の今年6月の月間統計速報によると、今年6月のブラジル段ボール箱生産指数(IBPO)は、前年同月比12.8%上昇の146.8ポイントを記録している。