(ZOOM)課税・通関WG会合開催 2021年8月2日

    日伯法律委員会(岩尾 玄委員長)課税・通関ワーキンググループ(天野義仁グループ長)会合は、2021年8月2日午後3時から4時まで14人が参加して開催した。

    進行役の天野義仁グループ長は、初めに2021年度の課税・通関WG活動の中間報告として、オンライン会合では、2月8日に第1回WGオンライン会合、8月2日に第2回WGオンライン会合開催。基礎シリーズ・オンラインセミナーでは、4月26日に個人所得税、5月27日に法人所得税の損金算入、6月10日にブラジル通関入門-輸入取引、6月24日に間接税の基礎、7月7日にICMS税累積クレジットのリリース申請プロセス、7月22日に移転価格税制の基礎の連続5回のシリーズセミナー開催を説明した。

    また議員等との税務上の課題等についてのオンライン議論では、2月24日にボルソナーロ大統領に近いDavid Soares下院議員並びに•PEC45の国会での発表者のAguinaldo Ribeiro下院議員との会合。3月17日には伯日議連のNishimori議員、伯日議連のKatagiri議員、Vitor Lippi下院議員との会合を実施した。

    課税・通関WG今後の活動では、アンケート実施の検討、今後のセミナーの検討、WGメンバー間での定期的な会合、大使館を通した議員等との面談。最近の税務関係の動向では税制改正などについて意見交換が行われた。

    参加者は天野グループ長(KPMG)、谷口氏(IDL Express)、三上氏(KPMG)、松川氏(住友商事)、安岡氏(デロイト)、笹澤氏(EY)、松本氏(丸紅)、岩崎書記官(日本大使館)、中野副領事(サンパウロ総領事館)、吉田調査員(サンパウロ総領事館)、平田事務局長、日下野総務担当、梶原アシスタント、大角編集担当