今年7月の負債を抱える世帯は71.4%に達して記録更新(2021年8月5日付けエスタード紙)

インフレ圧力の上昇並びに高止まりする失業率のシナリオでは、今年7月の一般世帯の負債を抱える比率は、3か月連続で上昇して71.4%に達して記録更新、また25.6%の世帯は負債遅延をきたしている。

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の一般消費者の負債・返済遅延調査(Peic)によると、今年7月の負債世帯比率は前月比1.7%増加、また前年同月比では、4.0%増加して2019年12月以降では最大の上昇率を記録している。

今年7月の一般世帯の負債返済が遅延している比率は、前月比マイナス0.5%の25.6%、前年同月比ではマイナス0.7%を記録。今年7月の世帯の不渡り比率は、6月の10.8%から10.9%と若干増加したが、前年同月比ではマイナス1.1%を記録している。

世帯の所得が10最低サラリーまでの負債を抱える比率は、6月の70.7%から72.6%に上昇している。また主な世帯の負債はクレジットカードが全体の82.7%を占めている。

クレジットカードによる負債は最も利用しやすい反面、返済期日を過ぎると金利が非常に高くなって、返済に苦慮する世帯が大半を占めている。

4日中銀の通貨政策委員会(Copom) は、インフレ圧力の上昇に伴って政策誘導金利(Selic)を全会一致で1.00%引上げ5.25%に決定したために、クレジットカードによる負債を抱えている世帯に負債の金利上昇を警告している。