今年7月の鉱工業部門生産は前月比マイナス1.3%(2021年9月2日付エスタード紙)

ブラジル地理統計院(IBGE)の鉱工業部門生産調査(PIM)によると、2021年7月の鉱工業部門生産は、6月のマイナス0.2%に続いて前月比マイナス1.3%と大幅な落込みを記録している。

7月の鉱工業部門生産は、依然としてCOVID-19パンデミック前の2020年2月の水準を2.1%下回っている。今年初め7か月間の鉱工業部門の累計生産は、前年同期比11.0%と二桁増加を記録、7月の過去12か月間では7.0%増加を記録している。また今年初め7か月間の鉱工業部門の月間生産では、5か月間で前月を下回っている。

今年7月の鉱工業部門生産は前月比マイナス1.3%、前年同月比1.2%増加、今年初め7か月間では11.0%増加、7月の過去12か月間では7.0%増加、5月~7月の月間平均生産はマイナス0.1%を記録している。

前期同様に今年7月の資本財部門生産は前月比0.3%増加、前年同月比33.1%増加、今年初め7か月間では4.2%増加、7月の過去12か月間では25.2%増加。また中間財部門生産はマイナス0.6%、0.2%増加、9.0%増加、7.0%増加している。

消費財部門生産はマイナス0.4%、マイナス3.5%、8.5%増加、3.8%増加、そのうち耐久消費財部門生産はマイナス2.7%、マイナス10.3%、27.8%増加、12.6%増加、非耐久消費財部門生産は0.2%増加、マイナス1.9%、4.5%増加、1.7%増加を記録している。

7月の鉱工業部門生産では、飲料部門生産は前月までの3か月連続増加から一転してマイナス10.2%の二桁台の落込みを記録、また食品部門も前月までの2か月連続増加から一転してマイナス3.8%を記録している。

7月の飲料部門並びに食品部門がマイナスを記録した要因として、高止まりするインフレ指数や失業率、一般家庭の収入減少が飲料や食料品消費の減少を余儀なくされている。

また今年7月の鉱工業部門生産で減少している部門として、自動車・トラック部門はマイナス2.8%を記録、機械・装置部門はマイナス4.0%、その他の装置・輸送機器部門はマイナス15.6%、鉱業部門はマイナス1.2%を記録している。

一方7月の鉱工業部門生産で増加した部門として、石油派生品・バイオ燃料部門は2.8%増加、また4月~6月迄の3か月間の累計生産は10.2%増加を記録していた。

今年7月の鉱工業部門生産は前年同月比では、営業日数換算では1日少ないにも拘らず、1.2%増加を記録、調査対象の26セクターのうち14セクターで増加を記録している。