今年7月の鉱工業部門生産は調査対象の15地域のうち7地域で後退(2021年9月9日付IBGEサイトより抜粋)

ブラジル地理統計院(IBGE)の鉱工業部門生産調査(PIM)によると、2021年7月の鉱工業部門生産は、6月のマイナス0.2%に続いて前月比マイナス1.3%と大幅な落込みを記録している。 7月の鉱工業部門生産は、依然としてCOVID-19パンデミック前の2020年2月の水準を2.1%下回っている。

7月の15地域対象の鉱工業部門生産調査(PIM)によると、7地域でマイナスを記録、特にマナウスフリーゾーンを抱えるアマゾナス州の鉱工業部門生産はマイナス14.4%の二桁台の大幅な落込みを記録している。

またサンパウロ州の鉱工業部門生産はマイナス2.9%、ミナス州マイナス2.6%、パラー州マイナス2.0%、南大河州マイナス1.7%、サンタ・カタリーナ州マイナス1.5%、リオ州マイナス1.4%を記録している。

一方今年7月の鉱工業部門生産が好調に推移したのは、バイア州6.7%、エスピリット・サント州3.7%、北東部地域3.4%、パラナ州3.3%、ペルナンブーコ州2.5%、セアラー州1.5%、マット・グロッソ州1.1%、ゴイアス州は0.8%それぞれ増加を記録している。

今年初め7か月間の調査対象の15地域のうち10地域で増加を記録、特にサンタ・カタリーナ州は23.1%、セアラー州20.9%、アマゾナス州は20.8%それぞれ大幅増加を記録、また7月の過去12か月間の調査では、15地域のうち12地域で増加を記録している。

今年7月のブラジルの鉱工業部門生産は前月比マイナス1.3%、前年同月比1.2%増加、今年初め7か月間では11.0%増加、7月の過去12か月間では7.0%増加を記録している。

前期同様にサンパウロ州の鉱工業部門生産はマイナス2.9%、1.3%増加、14.7%増加、9.2%増加。アマゾナス州はマイナス14.4%、マイナス8.1%、20.8%増加、14.9%増加を記録している。

鉱業部門が牽引するパラー州はマイナス2.0%、マイナス10.9%、マイナス0.5%、0.7%増加、農畜産部門が牽引するマット・グロッソ州は1.1%増加、マイナス3.1%、マイナス5.0%、マイナス6.9%を記録している。