8月のインフレ指数は予想を上回る0.87%、過去12か月間では二桁直前(2021年9月9日付エスタード紙)

ブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、2021年8月のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)は、予想を上回る0.87%を記録したものの、8月としては統計を取り始めた2000年以降では最高のインフレ指数を記録している。

今年8月のIPCA指数0.87%は7月の0.96%を下回ったが、昨年8月の0.24%を大幅に上回っている。今年初め8か月間の累計IPCA指数は5.67%、8月の過去12か月間の累計IPCA指数は、9.68%と二桁台直前まで上昇している。

ブロードキャストプロジェクションの調査では、今年8月のIPCA指数の最低予想は0.62%、最高予想は0.85%、8月のIPCA指数0.87%は最高予想を上回っている。

8月のIPCA指数の内訳では、輸送部門のIPCA指数は燃料が牽引して1.46%と最も上昇、特にガソリン価格は2.80%と最大のインパクトの要因となっている。エタノール価格は4.50%、自動車用液化天然ガス2.06%、ディーゼル燃料価格は1.79%上昇してIPCA指数を押上げている。

ガソリン価格の値上げは、ペトロブラス石油公社の石油製油所の卸売価格の調整に連動しており、国際コモディティ価格のガソリン価格やバイオ燃料価格はドルの為替に左右される。

今年初め8か月間の累積ガソリン価格は31.09%値上がり、エタノール価格は40.75%、ディーゼル燃料価格は28.02%とそれぞれ大幅な値上がりを記録しているとブラジル地理統計院(IBGE)アナリストのAndré Filipe Guedes Almeida氏は指摘している。

また今年8月の中古車価格は1.98%、新車は1.79%、二輪車は1.01%それぞれ上昇、またアプリ配車の料金は3.06%、都市間バス料金は0.62%それぞれ値上げされている。

また8月の輸送部門に次いでIPCA指数を押上げているのは、食品・飲料部門で7月の0.60%から1.39%と2倍以上上昇、特に家庭内消費食料品価格は、前月の0.78%から1.63%と2倍以上上昇、特にジャガイモは19.91%、コーヒー粉7.51%、鶏肉4.47%、果物3.90%、牛肉価格は0.63%上昇している。

住居部門は0.68%、特に電力エネルギー料金の値上げは1.10%を記録したが、「赤旗レベル2」の100キロワット時(kWh)当たり電力エネルギー料金は、9.492レアルの7月の7.88%の値上げから大幅に減少、都市ガス料金は2.70%、プロパンガス料金は2.40%値上げされている。

8月の健康・パーソナルケア部門のIPCA指数は、唯一マイナス0.04%を記録、特にパーソナルケアはマイナス0.43%、健康保険プラン料金は、マイナス0.10%を記録している。