今年初め8か月間の航空貨物輸送量は過去の記録更新(2021年10月5日付ヴァロール紙)

民間航空庁(Anac)の発表によると、2021年1月~8月のブラジルの国際航空貨物による累計輸送量は、前年同期比13.5%増加に相当する62万5,700トンに達し、統計を取り始めた2000年からでは、過去最高の輸送量を更新している。

今年初め8か月間の航空貨物の輸送量が増加した要因として、航空運賃が最も安価な海上貨物輸送向けコンテナ不足で、運賃の最も高い航空貨物による輸送を余儀なくされていたが、先進諸国を中心としたCovid-19対応ワクチン接種拡大に伴って、海上輸送に移行すると予想されている。

今年初め8か月間の航空貨物並びに一般旅客機を用いた貨物のベリー便の売上は、海上輸送によるコンテナ不足で航空貨物の利用増加で、既に2019年を売り上げを突破している。

今年8月の国際航空貨物輸送で、ブラジル市場のリーダ-Latam社並びに系列のLan Chile社, Absa社並びにLan Cargo社のマーケットシェアは16.4%でトップシェアを確保、2位は米国資本Atlasの12.2%、3位にはKorean Air Lines社で5.0%のマーケットシェアを擁している。

チリに本社を置くLatam社の第2四半期の航空貨物の売上は、前年同期比37.5%増加の3億⒎000万ドルを記録した一方で、一般旅客便の売上は、77.0%下落の4億5,500万ドルと依然として落ち込んでいる。

11月の感謝祭翌日の第4金曜日から週末にかけてクリスマス向けの激安セールが開催されるブラックフライデー並びに年末のクリスマス商戦で、年末にかけて南米での航空貨物は特需が予想されるが、既に航空貨物の積載量は90%を突破している。

国際航空運送協会(IATA)の発表によると、今年の航空貨物の輸送量は、2019年比8.0%増加を予想、2022年はCovid-19パンデミック前の水準を13.0%上回ると予想している。また今年の航空旅客需要は、2019年の水準の40%に留まると予想、2022年の航空旅客需要は、Covid-19パンデミック前の61.0%に回復すると予想している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>