Pilot Penの村松社長が帰国挨拶 2021年10月7日

長い6年の間、経営の道場といわれるブラジル勤務を終え、村松正美社長が帰国する。
7日、後任の郷園弘幸(ごうぞの ひろゆき)新社長と伴に、平田事務局長に交代挨拶を
行った。

同社は創立60周年の節目の年に、サンパウロ近郊のジュンジアイー市に最新鋭の工場を
設立、また2018年8月に65周年を祝い、アジア地域からの廉価な製品輸入との熾烈な
戦いの中で、至誠を尽くし製造・販売企業に徹し、常に新商品(*)を上市しながら逞しい
発展を遂げ今日に至っている。(*:直近の新商品名FRIXION ball)

2013年の新工場の竣工式(※)や65周年記念式典(本社:100周年)に出席した
平田事務局長は、感慨深い思いを込めながら村松社長と懇談、併せて同氏が化学品部会
会長として、また常任理事会にもご参加、多大なご貢献に対して厚く感謝を申し上げた。

また、郷園新社長には「コロナ禍のピンチは最大のチャンス」だと、2008年のリーマンショック後の例を引き合いに、
「必ずや世界の目がやがてブラジルに戻ってくる」と心を込めて激励した。

(※)パイロット・ペン・ド・ブラジルの沿革の一部
1954年1月創立、59年サミゲル・パウリスタに工場設立、60年サンパウロ市内に事務所を開設、
76年リオ・デ・ジャネイロに支所開設、2006年ガルボン・ブエノに配送センターをオープン、
2012年3月ジュンジアイー新工場定礎式が行われた。