ブラジルは魚類輸出増加にも拘らず、貿易赤字拡大(2021年10月19日付けヴァロール紙)

2021年初め9か月間のブラジルの魚類輸出は、前年同期比10%増加の1,280万ドルを記録、今年第3四半期の魚類輸出は、前年同四半期比71.0%増加の570万ドルを記録している。

ブラジル農牧研究公社(EMBRAPA)並びにブラジル養魚協会(PeixeBR) の調査によると、今年9月のブラジルの魚類輸出は230万ドル、今年第3四半期の魚類輸出は、前四半期比43.0%を大幅な伸び率を記録している。

ブラジル農牧研究公社(EMBRAPA)養魚部門のManoel Pedroza調査員は、今年のブラジルの魚類輸出は、最小限でも前年比15.0%増加すると予想している。

ブラジルの魚類輸出は、淡水魚のティラピアが牽引しており、今年第3四半期のティラピア輸出は490万ドル、今年初め9か月間の累計ティラピア輸出は、全体の85%に相当する1,090万ドルに達している。

今年初め9か月間の内陸の南マット・グロッソ州で養殖されているティラピアの輸出は190万ドルで他州を牽引、また淡水魚のタンバキやクリンバタも輸出されている。

ブラジルの魚類輸出は米国が約半分を占めており、今年初め9か月間の米国向け魚類輸出は、全体の54%に相当する700万ドルを占めているが、ペルー、コロンビアやチリなど南米諸国の魚類輸出は全体の20%以上を占めている。

ブラジルの魚類輸出は増加傾向を占めている一方で、今年第3四半期のサーモン、マスやナマズを中心とした魚類輸入は1億9,900万ドルに達した要因で、今年第3四半期の魚類の貿易収支は1億9,300万ドルの赤字を計上している。