今年第3四半期のペトロブラスの石油・天然ガス生産は前年同期比4.1%減少(2021年10月21日付けヴァロール紙)

ペトロブラス石油公社の2021年第3四半期の石油並びに天然ガスを合わせた石油換算バレル(BOE)生産は、前四半期比1.2%微増した一方で、前年同期比では4.1%減少を記録している。

今年第3四半期の石油並びに天然ガスを合わせた石油換算バレル(BOE)生産で唯一増加を記録したのは、岩塩層下(プレソルト)油田の石油生産は1.2%微増を記録している。

同社の第3四半期の1日当りの平均石油生産は、前四半期比1.9%増加に相当する226万9,000バレルを記録した一方で、前年同期比では4.0%減少を記録している。

ペトロブラスの今年第3四半期の1日当りのプレソルト油田による原油生産は、前四半期比3.3%増加の167万3,000バレル、前年同期比では1.35%増加を記録している。

また岩塩層上(ポストソルト)油田の原油生産は、前四半期比1.0%増加に相当する50万1,000バレル、前年四半期比では、13.8%の二桁増加を記録している。

第3四半期の地上油田並びに浅瀬の海上油田の1日当りの平均原油生産は、前四半期比4.0%減少の9万5,000バレル、前年同四半期比では、28.0%と二桁台の減少を記録している。ブラジル国内の1日当りの天然ガス生産は、前四半期比1.5%減少の52万BOE、前年同四半期比では3.75%減少している。

ペトロブラスの今年第3四半期の1日当りの石油派生品販売は、前四半期比10.6%増加に相当する194万6,000バレル、前年同四半期比では10.5%増加を記録している。

今年第3四半期のペトロブラス傘下の石油製油所の設備稼働率は、前年同四半期比並みの85%に達していたが、今年第2四半期の設備稼働率は75%であった。

今年第3四半期のペトロブラス傘下の石油製油所の石油派生品生産は、前四半期比11.0%増加の193万2,000バレル、前年同四半期比では僅か0.2%下回っていた。

ペトロブラスの第3四半期の1日当りのディーゼル燃料販売は、前四半期比6.4%増加に相当する86万7,000バレル、前年同四半期比では15.8%増加を記録している。前期同様ガソリン販売は、14.2%増加の44万1,000バレル、前年四半期比では17.9%増加を記録している。

またペトロブラスの同期の火力発電所向けの1日当りの燃料油販売は、前四半期比29.1%増加の7万1,000バレル、前年同四半期比では115.2%と倍増を記録している。

今年第3四半期のディーゼル燃料の輸入は、前四半期比45.8%増加の17万5,000バレル、前年同四半期比では548.1%増加を記録している。前期同様ガソリン輸入は281.8%増加の4万2,000バレル、前年同四半期比では950%増加を記録している。