8月の失業率は13.2%、失業者総数は1,370万人(2021年10月27日付けヴァロール紙)

27日発表のブラジル地理統計院(IBGE)の全国家庭サンプル調査(Pnad)によると、2021年6月~8月のブラジルの月間平均失業率は、13.2%を記録している。

ブロードキャストプロジェクションの調査によると、今年6月~8月のブラジルの月間平均失業率予想は13.5%、最低予想は13.2%、最高予想は13.7%であった。

また昨年同期の平均失業率は、Covid-19パンデミックの影響を受けて14.4%に達していた。今年5月~7月の月間平均失業率は13.7%であった。

今年6月~8月のブラジルの月間平均失業率13.2%は1,370万人が就職活動を行っているが、就職活動を諦めている失業者は、500万人以上存在すると予想されている。

今年6月~8月のブラジルの月間平均失業者数1,370万人は、前四半期に相当する今年3月~5月の月間平均失業者1,480万人を7.7%減少に相当する110万人が雇用されている。またこの期間に就職活動を諦めていた失業者は530万人に達していた。

今年6月~8月の家政婦を除いた民間部門の月間平均正規雇用者は、前四半期比4.2%に相当する120万人増加で3,100万人に達している。また前年同四半期比では、6.8%に相当する200万人の正規雇用増加を記録している。

また同期間の労働手帳に記載されない非正規雇用者は、10.1%に相当する98万7,000人増加に相当する1,080万人、前年同四半期比では、23.3%に相当する200万人の非正規雇用増加を記録している。

今年6月~8月のインフレ指数を差引いた平均実質賃金は2,771レアル、前年同期比では10.2%と二桁台の減少を記録している。また同期の労働者の賃金総額は、前年同期比0.7%減少の2,192億レアルであった。