9月の一般小売販売量は前月比マイナス1.3%(2021年11月11日付けヴァロール紙)

ブラジル地理統計院(IBGE)の月間小売調査(PMC)によると、2021年9月の自動車や建材部門を除くインフレ指数を差引いた実質一般小売販売量は、前月比マイナス1.3%と9月としては2000年初めから統計を取り始めて月間では最大の落ち込み率を記録している。しかし8月の小売販売量はマイナス3.1%から修正値マイナス4.3%を記録していた。

Valor Data社の27コンサルタント企業対象の調査では、今年9月の小売販売の最小予想はマイナス1.8%、最高伸び率予想は2.1%増加、平均予想マイナス0.6%を大幅に上回る落ち込みを記録している。

また今年9月の小売販売量は前年同月比マイナス5.5%とValor Data社も平均予想のマイナス3.9%よりも大きな落ち込みを記録、今年初め9か月間の累計小売販売量は前年同期比3.8%増加、9月の過去12カ月間の累計小売販売量は3.9%増加を記録している。

今年9月のインフレ指数を差引かない名目小売販売量は前月比マイナス0.2%、今年初め9か月間の累積名目小売販売は、Covid-19パンデミックの影響を受けた前年同期比では8.3%と大幅な増加を記録している。

自動車や建材部門を含む9月の広範囲小売販売は前月比マイナス1.1%を記録したが、22金融機関並びにコンサルタント会社対象の調査では、最低予想はマイナス2.5%、最高予想は0.7%増加。8月の広範囲小売販売はマイナス2.5%からマイナス3.0%に下方修正されている。

また今年9月の実質広範囲小売販売は前年同月比マイナス4.2%、Valor Data社はマイナス2.4%を予想していた。今年9月の名目広範囲小売販売は前月比0.3%増加、今年初め9か月間の名目広範囲小売販売は前年同月比10.6%と二桁台の増加を記録している。

今年9月の一般小売販売の前月比では8セクターの内6セクターでマイナスを記録、前年同月比では8セクターの内7セクターでマイナスを記録している。9月の一般小売販売の前月比では、事務用品・情報通信機器セクターはマイナスマイナス3.6%、家具・家電セクターはマイナス2.6%、燃料・潤滑油セクターはマイナス2.6%、日用雑貨・装身具類セクターはマイナス2.2%、ハイパー・スーパーマーケット・食料品・飲料・嗜好品セクターはマイナス1.5%、繊維、衣類・履物セクターはマイナス1.1%を記録している。

今年9月の一般小売販売の前月比でそれ程落ち込まなかったセクターとして、書籍・雑誌・印刷物・製本セクターは0.0%と前月並みにとどまり、医薬品・香水・化粧品・医療機器セクターはマイナス0.1%の微減に留まった。

今年9月の広範囲小売販売は前月比マイナス1.7%と8月の0.3%増加から一転して大幅なマイナスを記録、前年同月比では調査対象の8セクターの内7セクターでマイナスを記録、家具・家電セクターはマイナス22.6%、事務用品・情報通信機器セクターはマイナス14.8%、日用雑貨・装身具類セクターはマイナス6.9%、燃料・潤滑油セクターはマイナス4.0%、ハイパー・スーパーマーケット・食料品・飲料・嗜好品セクターはマイナス3.7%、書籍・雑誌・印刷物・製本セクターはマイナス3.4%、繊維、衣類・履物セクターはマイナス0.1%を記録した一方で、唯一医薬品・香水・化粧品・医療機器セクターは4.3%増加を記録している。

特に南マット・グロッソ州の一般小売販売はマイナス3.9%、サンタ・カタリーナ州マイナス3.6%、北大河州マイナス3.4%を記録した一方で、アクレ州は0.4%増加、マット・グロッソ州も0.2%微増を記録している。