ルーラ大統領候補の支持率は42.8%とボルソナロ候補の31.5%を10%以上上回っている(2021年11月30日付けヴァロール紙)

11月27日から29日にかけて、コンサルタント会社Atlas社のインターネットによる4,401人の一般市民に対する大統領選挙の第一次投票の支持率調査では、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ元大統領は、42.8%と圧倒的な支持率を維持している。

一方再選を狙っているジャイール・ボルソナロ大統領の支持率は、31.5%と10%以上もルーラ候補に水をあけられており、前政権の家族手当(ボルサ・ファミリア)プログラムに替わるブラジル救済(Auxílio Brasil)プログラム向けの400レアル支給などばら撒きを打ち出しているものの一向に支持率は上昇していない。

ラヴァ・ジャット汚職事件で辣腕を発揮して注目を集めていた裁判官で、ボルソナロ大統領が三顧の礼を尽くして法務・治安大臣に迎えたセルジオ・モーロ法務・治安相は辞任を余儀なくされて、一時的に野に下ったいたが、Podemos党に入党したセルジオ・モーロ氏の支持率は、13.7%で3位をキープしている。

3位のセルジオ・モーロ氏に次いで、Ciro Gomes氏 (PDT) の支持率は6.1%で4位、サンパウロ州のJoão Doria州知事 (PSDB)は1.7%、上院議長のRodrigo Pacheco氏 (PSD)は0.9%、政治学者のLuiz Felipe d’Avila 氏(Novo)の支持率は0.1%、その他が3.2%となっている。

大統領選挙の第一次投票で過半数に達しない場合は第二次決戦投票となるが、ルーラ候補とボルソナロ候補が決戦統領に進んだ場合、ルーラ候補は50.5%、ボルソナロ候補は36.0%が見込まれている。

またルーラ候補とセルジオ・モーロ候補が決戦統領に進んだ場合は、46.2%対29.2%とそれぞれルーラ候補の当選が濃厚となっている。尚予想の誤差は僅か1.0%前後が見込まれている。