総額200億レアルに達するフォローオンが数珠つなぎ(2022年1月23日付けエスタード紙)

昨年8月から新規株式公開IPOによる資金調達が中断している一方で、サンパウロ証券取引所B3に上場している多数の企業は、今月中に総額200億レアルに達するフォローオンや第三者割当増資による資金調達を予定している。

Braskem社, BRF社並びにEquatorial社はフォローオンによる資金調達を予定している一方で、BR Partners銀行並びにアグリビジネス関連の3Tentos社は小口投資家を対象とした既存株主ではない特定の第三者に新株の購入権利を付与する増資を予定している。

今週中にBraskem社はブラジル並びに米国の証券取引所で80億レアルに達するフォローオンによる資金調達を予定している一方で、ペトロブラス石油公社及び元Odebrecht社のNovonor社は、自社株の放出を行うが、価格は27日に決定する。また3Tentos社は小口投資家を対象に、シンボリックな総額400万レアルの増資を行う。

BR Partners社も3Tentos社同様に小口投資家を対象に総額500万レアルの増資を行うが、25日は「サンパウロ市制記念日」で祭日にも関わらず、サンパウロ証券取引所は通常営業するので、価格の25日に決定される。

BRF社は100万レアル以上の投資を行っている50口だけの優待株主を対象とした80億レアルに達するフォローオンによる資金調達を2月1日に予定しているが、コンペチターのMarfrig社がBRF社の経営権を握る可能性が噂されているが、Marfrig社が50口の増資枠を全て買収すればBRF社の52%の株式を占める可能性があるとBTG Pactual社は指摘している。

またEquatorial Energia社は、先週中のフォローオンを予定していたが、近日中に総額35億レアルに達する増資を予定している。化粧品のCOTY社、飲料会社Dori Alimentos社並びにスパーマーケット網のCencosud社は相次いで新規株式公開による資金調達を先送りしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>