マガジン・ルイザ社の第1四半期の純益は、1億6,130万レアルの赤字計上(2022年5月17日付ヴァロール紙)

積極的にオンライン販売を拡大しているマガジン・ルイザ社の2022年第1四半期の純益は、ファイナンシャルコストの大幅増加の影響を受けて、16,130万レアルの赤字計上を余儀なくされたが、前年同期の25,860万レアルの黒字から一転して赤字に転落している。

今年第1四半期の純ファイナンシャルコストは、前年同期比148.0%増加の42,210万レアルを計上、またオペレーションコストも52.0%増加の236,000万レアルを計上、決算前の税引前営業利益は、昨年同期の51,730万レアルから僅か7,440万レアルと7分の1以下に減少している。

今年第1四半期の純売上は6.0%増加の876,000万レアル、実店舗、オンライン及びマーケットプレイスを含めた売上は、13.0%増加の1412,000万レアルと二桁台の伸び率を記録している。

同社の今年第1四半期のマーケットプレイスによる販売は50%増加したが、昨年同期の売上伸び率は98%を記録していた。また自社ブランド製品のオンライン販売は3.0%増加を記録している。