今年第1四半期のGDP伸び率は1.5%増加をIbre/FGVでは予想(2022年5月17日付ヴァロール紙)

ジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)の調査によると、 2022年第1四半期のブラジルの国内総生産GDP伸び率は、前四半期比1.5%増加、前年同期比2.4%増加、3月のGDP伸び率は前月比1.8%増加、前年同月比4.2%増加している。

今年第1四半期のGDP伸び率を牽引しているのは、COVID-19パンデミックで壊滅的な影響を受けていたサービスセクターであり、特にその他のサービスセクターの回復が顕著で、既にCOVID-19パンデミック前の水準を上回っている。

また一般家庭消費セクターも前年同期比3.4%増加、特に外出自粛などに対する緩和で住居、食品、家庭向けサービスが増加している一方で、耐久消費財消費はマイナス6.7%を記録している。

1四半期の民間部門の住宅投資、設備投資や公共投資などの国内総固定資本形成(FBCF)は1.5%増加したが、機械・装置セクターはマイナス4.8%を記録している。

また今年第1四半期の財・サービス輸出は前年同期比9.6%増加、特にサービスセクターの輸出は14.7%、中間財セクター14.3%、農畜産製品輸出は29.5%とそれぞれ二桁台の大幅な伸び率を記録している。

今年第1四半期のGDP24580億レアル、投資は統計を取り始めた2000年以降の平均を上回る18.4%増加、また2015年第1四半期移行の平均伸び率を上回っている。