チリ資本Arauco 社は、ブラジル国内に150億レアルを投資してパルプ生産(2022年6月23日付ヴァロール紙)

5年前にブラジルのパルプメーカーPaper Excellence (PE)の買収に失敗したチリ資本のパルプメーカーArauco 社は、ブラジル国内に30億ドル、現在の為替換算では150億レアルに相当する投資で2028年からのパルプ生産を計画している。

昨日Arauco 社にとっては、ブラジル国内での初めてのパルプ生産工場プロジェクトで南マット・グロッソ州政府と覚書を交わしている。新パルプ工場は、南マット・グロッソ州都のカンポ・グランデ市から337キロメートルの地点に立地している。

新パルプ工場のユーカリ材を原料とした短繊維パルプの年間生産能力は、250万トンで生産開始は2028年第1四半期が予定されているが、プロジェクト着手として環境ライセンスの取得が前提となっている。

同社はブラジル国内で植林事業及び4カ所の木材パネル工場を擁しており、2017年の JBSグループ傘下の Eldorado à J&F Investimentossyの買収では、インドネシアの実業家 Jackson Widjaja氏のグループ企業に買収された経緯があった。

新パルプ生産工場の Sucuriúプロジェクト建設開始は2024年下半期、パルプ工場開始は2025年1月を予定、ブラジル国内のパルプ生産は同社の世界戦略にとっては、不可欠の存在であるとatias Domeyko CasselCEOは説明している。

Sucuriúプロジェクトでは、年間250万トンのパルプ生産には38万ヘクタールのユーカリ林の植林地が必要であるが、同社では既に6万ヘクタールの植林地を確保しており、そのうち4万ヘクタールには既にユーカリが植林ざれている。

新パルプ工場の立地は、植林地域から150キロメートル離れているにも拘らず、 Sucuriú河沿いにあり、輸出向けアクセスとして州道377号線、100キロメートル離れたパラナ河、47キロメートル離れた鉄道など非常に優れた立地となっている。

新パルプ工場で生産される短繊維パルプは、アジアやヨーロッパを中心に95%が輸出が予定されている。同社のチリ国内でのパルプ生産能力は年間410万トンを擁している。また Stora Enso社とのジョイントベンチャー企業Montes del Plata社は、アルゼンチン及びウルグアイにパルプ生産工場を擁している。