6月の予想インフレ指数のIPCA-15 は0.69%の再度加速(2022年6月24日のエスタード紙)

2022年5月16 日~6月15 日までの期間に計測された6月のインフレを予測するインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA-15)は、5月の0.59%から0.69%に上昇して、今後のインフレの再度加速が懸念されている。

今年5月のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA-15)が0.59%に留まった要因として、電力エネルギー料金の特別臨時料金の停止であったが、6月の広範囲消費者物価指数(IPCA-15)が0.69%に上昇した要因として、財・サービスグループの値上げであり、特に健康保険プランや医薬品の値上げ、下水道料金、エアーチケット及び新車価格の値上げが牽引している。

今年6月の過去12カ月の累計広範囲消費者物価指数(IPCA-15)は、12.04%を依然として二桁台を維持しており、ブラジル中央銀行の今年のインフレの中央目標値3.50%、インフレ許容範囲の2.00%~5.00%を遥かに上回っている。2021年のIPCA指数は10.06%に達し、中銀の中央目標値3.75%、許容上限値5.25%の約2倍に達していた経緯があった。

今年6月の広範囲消費者物価指数(IPCA-15)を押し上げた要因として、輸送セクターは0.84%上昇して、インパクト指数は0.19ポイントを記録しているが、5月の1.80%増加を大幅に下回っている。

また今年6月の広範囲消費者物価指数(IPCA-15)のセクター別比較では、衣類セクターは1.77%増加、インパクト指数は0.08%を記録、続いて医療費・健康保険セクターは1.27%増加、インパクト指数は0.16ポイントを記録、住居関連セクターは、5月のマイナス3.85%から一転して0.66%増加、教育関連セクターは0.94%増加している。

今年初めの健康保険プランの料金改正は8.19% の値下げが実施されたが、5月26日に個人向け健康保険プランが15.5%の二桁台の値上げ発表した影響で、6月の健康保険プランは2.99%上昇、インパクト指数は0.10%を記録している。