水曜日, 10月 20, 2021

2021年9月23日 ニッケイ新聞の蛯原社長が会議所を訪問

2021年9月23日 、ニッケイ新聞の蛯原忠男社長が会議所を訪問、挨拶とともに応対した平田藤義事務局長に来る10月30日に文協で開催される第64回Prêmio Paulistaについて案内、出席を要請した。

(ZOOM)7月の労働問題研究会開催

Madrona Advogados.弁護士事務所のRodolfo Tamanaha弁護士並びにLuciana Renouard弁護士は、テーマ"スタートアップの主な法的枠組み" について、スタートアップ企業の定義、投資ツール、イノベーションの調査・開発促進、入札の新規則イノベーションソルーションに対する公共機関の契約などについて説明した。 動画はここにクリック☆

2021年5月28日 渉外広報委員会、安全対策チームが会議所を訪問

左から河崎安全対策チームリーダー、平田事務局長、長野渉外広報委員長、石田渉外広報委員 2021年5月28日渉外広報委員会から長野昌幸委員長および石田和正委員、また総務委員会所属の安全対策チームからは河崎宏一リーダーが会議所を訪問(いずれも三井住友海上)、応対した平田藤義事務局長と渉外広報委員会の活動や近々開催が予定されている安全対策セミナーなどについて意見交換を行った。 訪問の模様    

(Teams) 2021年日伯貿投委事前打ち合わせ開催

2021年3月16日午後8時(ブラジル時間)、本年度の日伯貿易投資促進・産業協力合同委員会について日本側関係者間で事前打ち合わせ会議が開催された。同委員会会合は4月下旬に開催すべく日本の経済産業省とブラジル経済省側と検討中。同打ち合わせにおいて日本側のテーマ選定などについて意見交換が行われ、また、会議所会員金業を対象に日伯両国政府に向けて要望すべき事項についてのアンケートを実施することに合意した。 経団連日伯経済委員会、在伯大、JETRO、日伯経済交流促進委員会、会議所事務局から数名が参加した。  

業種別会員 – 自動車部会

Empresa Principal Telefone Total 29 Abe Giovanini Advogados . 3512-1300 Advics Automotiva Latin America Ltda. x 4013-7134 Aisin AI Brasil Indústria Automotiva Ltda. x 2396-1300 Aisin Automotive Ltda. x 2626-5800 Auto Safe Brasil Ltda. x 5058-7775 Azbil do Brasil Automação Ltda. . 3051-3476 Banco Mizuho do Brasil...

ホームオフィス形態移行でノートブック需要が急拡大(2021年1月20日付けヴァロール紙)

昨年3月のCOVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請や必需品以外の小売販売や製造業部門自粛などに対して、ホームオフィス向けノートブック需要が急拡大した。 コンサルタント会社GfK社の調査によると、COVID-19パンデミック以前のノートブック販売は、2,000レアル~4,000レアルの低価格帯が過半数を占めていたが、ホームオフィス向けノートブックの需要が拡大、2019年の6,000レアル以上のノートブックのマーケットシェアは1.7%に過ぎなかったが、2020年には4.2%と2倍以上に拡大している。 サンタ・カタリーナ州フロリアノポリス市に本社を置くハイパーフォーマンスノートブック販売のAvell社の2020年の売上は、前年比70%増加の1億1,000万レアルを記録している。 Avell社の高性能ノートブックは、設計士、エンジニア、歯科医、視聴覚専門家やゲーム設計士などに非常に強い需要があり、同社の高性能ノートブックには、通常8 GB のメモリ、専用メモリ ビデオ カード、ハード ディスク (HD) の代わりにソリッド ディスク ドライブ (SSD) ストレージで構成される最先端のプロセッサが搭載されていると同社CEOのEmerson Salomão氏は説明している。 Avell社は、2020年初めにマナウス市フリーゾーンの製造工場に1,000万レアルを投資したが、昨年3月からCOVID-19パンデミック対応のホームオフィス形態の労働者増加に伴って、昨年3月~12月まで30%と大幅な需要拡大を記録している。 Avell社の昨年のノートブック生産は1万台に達していたが、今年は1万5,000台と大幅増加を予想、今年下半期にはサンパウロ市のショッピングセンター並びに商業センターにショールーム2店舗の開設を予定、今年のノートブック販売は、最低でも前年比30%増加を見込んでいる。 ブラジルのノートブック市場を二分するDell社並びにLenovo社もAvell社を追従する形で、高性能ノートブックの拡販にターゲットを絞っている。 Dell社は、昨年サンパウロ州オルトランジア市の工場をホームオフィス形態拡大に照準を合わせるように、公務員などの個人向けノートブック生産拡大路線を選択。昨年7月には価格が7,500レアル以上のXPSシリーズの生産拡大を進めている。 また昨年中頃Lenovo社もサンパウロ州インダイアツーバ市の製造工場で、ハイパーフォーマンスのYogaシリーズやLegionシリーズを含むノートブック需要の増加体制を敷いている。 2020年の価格が2,000レアル~3,000レアルのPC売上は前年比25.1%増加の29億2,700万レアル、販売台数は21.6%増加の116万47台、前記同様に3,000レアル~4,000レアルは232.9%増加の24億4,800万レアルに達している。 4,000レアル~5,000レアルは173.8%増加の7億900万レアル、販売台数は178.7%増加の16万522台。5,000レアル~6,000レアルの販売は136.0%増加の3億2,100万レアル、販売台数は136.7%増加の5万9,079台、6,000レアル以上のPC販売は前年比274.4%増加の3億5,300万レアル、販売台数は254.3%増加の4万6,625台を記録している。

ブラジルのCDS指数は170ポイントに急上昇(2021年1月20日付けヴァロール紙)

ブラジルの社債や国債、貸付債権などの信用リスクに対して、保険の役割を果たすデリバティブ契約の5年物のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は、連邦政府の対内債務残高の急増による不信感増加並びに不透明感が増加してきているCOVID-19対応のワクチン接種プロセスで増加に転じている。 IHS Markit社と統計によると、ブラジルのリスクを測る5年物のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は、今年初めは142ポイントであったが、現在は過去2か月間で最高の170ポイントに急上昇している。 今年初めからブラジル以外の新興国のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)指数も上昇に転じているにも拘らず、ブラジルよりも緩やかな上昇カーブとなっている。 今年初めから3週間弱でブラジルのCDS指数は19.7%上昇した一方で、メキシコは13.6%上昇の92ポイント、南アフリカは10.2%上昇の226ポイント、トルコは9.9%上昇の333ポイントを記録している。 今年の初めから、高利回りhigh yield”市場のパフォーマンスが実質的に安定していることも注目に値する。この市場の業績を追跡するiシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 (ETF)は、昨日の取引を87.36ドルで終了し、年間で僅か0.7%上昇している。

(Teams) 渉外広報委員会開催

2021年1月6日午前9時、渉外広報委員会(永谷佳久委員長)がMicrosoft Temsで開催された。 会議所の新規Webサイトプラットフォーム構築の進捗状況、SNS開設、2021年度の予算編成などが議題となった。 SNS等をHPに繋げ、会議所で行われるイベントやその他情報をプッシュ通知したり、会員が緊急情報等を受けやすく出来る方法や、ニュースを飛ばしやすい方法などについて意見交換が行われた。 参加者は渉外広報委員会から永谷委員長(トヨタ)、山田氏(トヨタ)、景山副委員長(トヨタ)、井上副委員長(Ubik)、商工会議所から平田事務局長、日下野総務担当、上田アシスタント、レチシアアシスタント。

今年5月の一般小売販売は前月比二桁増加の13.9%急増(2020年7月8日付けのヴァロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

6月の1日平均の電子インボイス発行は、前月比15.6%増加の239億レアルを記録(2020年7月5日付けエスタード紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

COVID-19パンデミックで書籍販売はオンライン販売限定で大幅減少も5月中旬以降は僅かに回復傾向(2020年6月29日付けヴァロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

ショッピングセンターの売上は68.7%減少の最悪期は過ぎたか(2020年6月23日付けエスタード紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

4月の一般小売販売量は前月比マイナス16.8%で過去最悪の落込み幅を記録(2020年6月16日付けヴァロール紙/ブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

パンデミック90日間のインターネット販売は71%増加(2020年6月11日付けヴァロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

サンパウロ市の恋人の日の小売販売は前年比33%減少予想(2020年6月3日付けエスタード紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

今年3月の一般小売販売はスーパーマーケットの通常営業にも拘らず、前月比マイナス2.5%の落込みを記録(2020年5月13日付けエスタード紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

Via Varejo社並びにCentauro社はキャッシュフロー強化のため増資で資金調達 (2020年5月11日付けエスタード紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

メルカードリブレはEコマースに拍車をかけ、ブラジルのスーパー業界に参入(2020年5月6日付けヴァロールエコノミコ紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

下落傾向だった電化製品の販売が2020年4月第3週に入って2%拡大(2020年4月30日付けバロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

2020年4月のICSでサービス業にもパンデミック禍が直撃していることが判明し第2四半期のGDPにも赤信号(2020年4月29日付けバロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)