土曜日, 1月 22, 2022

昨年12月の小売は2003年以来最悪

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

最終四半期の小売は7.4%低下

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

在庫一掃セールスで消費者購買意欲が増加

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

景気悪化で在庫増大

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

カーザ・バイアは昨年並みの売上を予想

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

マガジン・ルイザも出店計画を変更

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

小売業界は在庫一掃セールス展開

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

第3四半期の小売業界は好調に推移

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

アルゼンチン市場でも中国製品に席捲されている

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

連邦貯蓄金庫は中小小売チェーン向けクレジット枠開設

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

カーザ・バイアは貧困地区に進出

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

フレウリ・グループがBiesp買収

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

イタウー銀行はクレジットカードで小売マリーザと提携

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

為替変動でメーカーは卸値に転嫁開始

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

今年の年末商戦は好調を予想

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

ウォールマートもインターネット販売開始

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

マガジン・ルイーザは44店舗を同時開店

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

金利上昇が小売業界に影響が出始めている

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

大手スーパーがポータルサイト開設

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

今年のスーパー業界は10年ぶりの伸び率を記録か

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)