金曜日, 11月 26, 2021

2020年4月のICSでサービス業にもパンデミック禍が直撃していることが判明し第2四半期のGDPにも赤信号(2020年4月29日付けバロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

ポストパンデミックで低廉な中国製品が国際市場を席巻しかねないと工業が政府に懸念を伝達(2020年4月27日付けバロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

サンゴバンが2020年の業績を下方修正し前年比-15%も想定(2020年4月27日付けバロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

COVID-19パンデミックにも拘らず、ブラジル国内の43ショッピングセンターが部分的営業再開

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

新型コロナウイルスのパンデミック終結後もテレワーク業態が定着へ(2020年4月23日付けバロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

機械・設備業界の50社が肺換気装置を製造するなどパンデミック対策を推進(2020年4月23日付けバロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

パンデミックに関連した企業救済でBNDESは病院役にならないと政府(2020年4月22日付けバロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

パンデミック危機により商工業で解雇の動き 300万人が失職へ(2020年4月22日付けバロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

営業自粛措置で「母の日」商戦の先送り検討

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

検疫隔離による小売店の閉店が履物業界の生産流通チェーン全体に債務不履行となって圧迫(2020年4月17日付けバロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

検疫隔離措置で営業休止中の店舗にショッピングセンターが立ち退きを要求(2020年4月14日付けバロール・オンライン

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

日系企業が中国から撤退するのを日本政府が希望しているとフォーブス誌が報道(2020年4月10日付けフォーリャ紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

豊富な運転資金とオンライン販売企業は新型コロナウイルスに対応可能

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

COVID-19の検疫隔離措置にMPEが耐えられるのは12日間(2020年4月9日付けバロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

COVID-19 訴訟を通じて企業が賃貸料を再交渉(2020年4月9日付けバロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

新型コロナウイルス感染拡大後の小売販売は533億レアル減少

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

COVID-19のパンデミックがプリペイド式携帯市場に大きな被害を与えると市場が予測(2020年4月8日付けバロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

2020年第1四半期のセメント販売量が前年同期比-0.3%(2020年4月8日付けバロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

今年2月の小売販売は新型コロナウイルス拡大前で1.2%増加

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)

COVID-19の感染拡大で上場企業の約半数が製造に支障(2020年4月4日付けバロール紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、今年の小売部門の雇用は前年比3.0%減少の23万人減少に達すると予想されており、過去10年間で最大の雇用減少を記録すると予想している。 7月の過去12か月間の小売部門の失業者は、長引く経済リセッションによる販売不振や縮小するクレジットなどの要因で352万人と2010年12月に記録した350万人以降では最高の失業者を記録している。 就労・失業者管理センター(Caged)の7月の小売部門の労働手帳に記載される正規雇用は1万5,200人減少したが、6月の2万7,900人から大幅に減少している。 7月の過去12か月間の商業部門の雇用は327万人と前年同期の428万人から大幅に減少、商業部門のセクター別雇用状況比較では、家電セクターの雇用は9.1%減少、販売は15.7%減少、前記同様に書籍類・印刷物・製本セクターは6.0%減少、15.55減少、自動車セクターは5.9%減少、17.1%減少している。 また7月の過去12か月間の商業部門の雇用では、特に履物・衣類セクターの雇用は5万9,900人減少、売り上げは13.0%減少した一方で、スーパーマーケットセクターの雇用は7,500人増加、医薬品・香水・医療機器セクターは1万3,600人増加している。(2016年8月30日付けエスタード紙)