2022/23年度の穀物生産は、前年比15%増加で記録更新予想(2022年10月6日付けヴァロール紙)

国家配給公社(Conab)によると、2022/23年度の穀物生産は、作付面積の拡大及び生産性の向上が牽引して2021/22年度比15.3%の大幅増加の3億1,240万トンに達する予想で、記録を更新すると予想されている。

2022/23年度の穀物生産向け作付面積は、前年比2.9%増加の7,660万ヘクタール、1ヘクタール当たりの生産性は、12.1%と二桁台増加の4,079キログラムが見込まれている。

ブラジルの穀物栽培を牽引する今年の大豆生産は、前年比21.3%増加の1億5,240万トン、大豆向け作付面積は、3.4%増加の4,300万ヘクタールが見込まれているが、作付面積増加は牧草地及び他の穀物栽培からの転作となっている。

今年の3期作合わせたトウモロコシ生産は、12.5%増加の1億2,690万トンが見込まれているが、既に種蒔が終了している第1期作の作付面積は、収益性の高い大豆などの作物への転作及び害虫コントロールで1.5%減少が見込まれている一方で、トウモロコシの生産量は14.6%増加の2,870万トンが見込まれている。

また今年の棉生産は14.7%増加の290万トン、棉の作付け面積は1.9%増加が見込まれている。米生産は前年並みの1,080万トン、フェジョン豆も前年並みの300万トンがそれぞれ見込まれている。一方収穫が始まっている小麦生産は22%増加の940万トンが見込まれている。

今年の米及びフェジョン豆の国内消費は昨年並みが予想されているが、棉消費は2.0%増加、トウモロコシは6.2%増加、大豆消費は5.0%増加が見込まれている。

今年の小麦輸入は、昨年の630万トンかラ610万トンに減少する一方で、小麦の輸出は昨年の20万トンから一挙に270万トンの大幅増加が予想されているが、2023年8月の小麦のストックは119万トンが見込まれている。

今年の大豆輸出は22.5%増加の9,587万トンに予想の一方で、大豆油輸出は、バイオディーゼルの生産記録更新及びアルゼンチンからの輸出拡大で昨年の210万トンから180万トンの減少予想されている。今年のトウモロコシ輸出は21.6%増加の4,500万トンが見込まれている。

ブラジルの製紙・パルプ業界は世界経済ボラティリティにも拘らず、630億レアル以上の投資プロジェクトを抱えている(2022年9月21日付けヴァロール紙)

世界経済ボラティリティにも拘らず、ブラジルの製紙・パルプ業界は、2028年までにパルプ増産プロジェクトや新規工場建設も含めて604億レアルの投資プロジェクトを擁しているが、現在の世界的な紙・パルプ需要の拡大に伴って更に最低でも30億レアルの投資が見込まれている。

既に発表されているパルプ生産プロジェクトには世界的な製紙・パルプメーカーのSuzano社、Klabin社、 CMPC社並びにArauco社が新規プロジェクトを既に発表しているが、特に Suzano社の Cerradoパルプ工場が最大規模のプロジェクトとなっている。

Suzano社の Cerradoパルプ工場の投資総額は193億レアル、そのうち製造部門への投資は147億レアルが見込まれている。南マット・グロッソ州の Ribas do Rio Pardoパルプ工場は世界最大のパルプ生産工場であり、年間パルプ生産量は255万トンに達する規模を誇っている。

マット・グロッソ州の Ribas do Rio Pardoパルプ工場は、州都のカンポ・グランデ市から100キロメートル離れた人口が2万5,000人の小都市での操業予定であるが、約3,000人の直接雇用に繋がるプロジェクトと同社の Aires Galhardo専務取締役は説明している。

ブラジル木材工業 (Ibá) の公式発表されていない投資プロジェクトの中には、アジアの RGE (ロイヤル ゴールデン イーグル) による 4 台のトイレット ペーパー マシン (ティッシュ) の設置があります。 グループのパルプ生産部門である Bracell 社は、プロジェクトは認めているものの、投資額や規模などは明確にしていない。

ブラジル国内では、同社は年間 24 万トンの生産能力を持つ 4 台の Andritz ティッシュを生産する4台の装置を2024年第2四半期から導入を予定しており、 各生産装置のティッシュ ラインとトイレット ペーパーやタオルの年間生産能力はそれぞれ6万トンで1億ドル以上の投資が見込まれている。

また RGE社は中国での2カ所でのティッシュ生産工場の建設を計画しているが、ブラジル及び中国でのティッシュ生産の原材料となるパルプは現地調達で賄うと説明している。

ブラジル国内での短繊維のユーカリ栽培には植林可能な広大な面積、成長が非常に速く木材伐採の短いサイクル、好ましい土壌と気候条件は、世界で最高のパルプ生産の条件を擁していると Index グループの Marcelo Schmid 共同経営者は説明している。

2024 年下半期の操業開始が予定されている新しいスザノ工場は、再生可能エネルギー源からエネルギーを自給自足し、また230万人の都市に1ヶ月間に亘って充分供給する電力エネルギー180 メガワット (MW) を電力会社に売却する能力を擁している。

中国種子ハイテク企業LongPing High-Tech社は、ブラジルでトウモロコシ種子生産拡大(2022年9月20日付けヴァロール紙)

中国種子ハイテク企業LongPing High-Tech社は、9月末までにミナス州パラカツ工場のトウモロコシ種子生産拡大を目的とした拡張工事及びグリーンフィールドのプリマヴェーラ・ド・エステ工場建設工事完了を見込んでおり、ブラジルで積極的な事業拡大を行う。

. ミナス州パラカツ工場及び同州プリマヴェーラ・ド・エステ工場のトウモロコシ種子の年間生産は、それぞれ6万種子入り袋で900万袋の生産能力を擁している。

ミナス州パラカツ工場拡張工事及び同州プリマヴェーラ・ド・エステ工場建設、サンパウロ州クラビーニョ本店、同州ジャルジノポリス支店、ミナス州アラグアイ支店、マット・グロッソ州ソリーゾ支店、パラナ州ローランジア支店を改装を含めて、今年の投資総額は5億1,200万レアルを見込んでいる。

ブラジル国内のトウモロコシの栽培面積は2,700万ヘクタールを擁しているが、 LongPing High-Tech社のトウモロコシ種子生産は2,100万ヘクタールをカバーする生産能力を擁していると同社の Aldenir Sgarbossa社長は説明、同社のコンペチターは米国資本Corteva社及びドイツ資本Bayer社と競合している。

Citic 社グループ傘下のLongPing社 は、ブラジルで生産予定の9 つの遺伝子バンクと共に高品質のハイブリッドの新しいブランドであるTEVO を立ち上げている。 新しいブランドの遺伝子組み換えハイブリッドは 5 種類。2 種類は夏作物用、2 種類はオフシーズン裏作用、1 種類は黍生産向け種子。これ等はMorgan及びForseed ブランドで既に販売されている 50 種類に追加される。

LongPing High-Tech 社はサンパウロ州クラビーニョス市にグローバル本社を置き、中国、米国、アフリカ、アルゼンチン、チリ、パラグアイに支社を擁している。 決算を公表していない同社は、2,000社以上の企業を結集する中国のグループであるCiticの唯一の農業部門であるLong Ping Agriculture ScienceとLong Ping High Tech Chinaによって管理されている。

今年の穀物生産は2億7,120万トン予想(2022年9月8日付けヴァロール紙)

国家配給公社(Conab)によると、2021/22年度の穀物生産は、南部地域の異常気象の影響を受けて前回予想を0.1%下回る2億7,120万トンに下方修正されたが、2020/21年度の穀物生産を5.6%に相当する1,450万トン上回る予想となっている。

2021/22年度の大豆生産は、主要生産地の南大河州、パラナ州及びサンタ・カタリーナ州の平面を上回る高温の影響を受けて前年比10%減少の1億2,560万トンが見込まれている。

昨年は旱魃で大幅なトウモロコシの減産を余儀なくされていたが、今年のトウモロコシ生産は前年比30%増加の1億1,320万トン、そのうち第1期作は2,490万トン、第2期作は41.8%増加の8,610万トンが見込まれている。仮にパラナ州、サンパウロ州、ゴイアス州及びミナス州が旱魃及び害虫の影響を受けていなければ更なる増産が見込める予想となっている。

今年の棉生産は前年比8.3%増加の255万トン、フェジョン豆は3.6%増加の300万トン、米生産は8.4%減少の1,080万トンが見込まれている。

2021/22年度の穀物栽培面積は前年比0.7%増加の7430万ヘクタール、1ヘクタール当たりの平均穀物生産は前年の3,678キログラムを若干下回る3,650キログラム。今年の棉輸出は前年を10万トン下回る190万トン、棉ストックは130万トン、大豆ストックは880万トン、まt今年の穀物輸出は前回予想の7,520万トンから7,720万トンに上方修正されたが、今年初め8か月間の輸出は6,660万トンであった。昨年は8,610万トンを輸出していた。

 

今年7月の段ボール箱の出荷量は前年同月比1.0%増加(2022年9月5日付けヴァロール紙)

ブラジル包装紙協会(Empapel)の発表によると、2022 7 月の経済動向のバロメーターの段ボール箱、シート並びに板紙付属品を含む段ボール箱派生品出荷量は、前年同月比1.0%増加の355686トン3ヶ月連続で増加、また7月としては過去最高を更新している。

今年7月の段ボール箱派生品生産指数(IBPO)は、ブラジル国内のサービス業部門や製造業部門の需要が牽引して前年同月比1.0%微増の158.4ポイントを記録している。

今年7月の1日当たりの段ボール箱派生品の平均出荷量は前年同月比4.9%増加の13,680トン、今年7の営業日数は昨年同月よりも短かった。  

今年7月の段ボール箱派生品の生産指数(IBPO)5か月連続で増加を記録、20213月以降では最高の156.4ポイントを記録している。

2022/23年度の大豆及び棉栽培面積は拡大予想(2022年8月23日付けヴァロール紙)

大豆及び綿花の国際コモディティ価格の上昇に伴って生産者にとっては収益性が高い農産物となってきているために、種子や農薬、肥料などの生産コスト上昇にも拘らず、 2022/23年度の作付け面積は大幅に増加すると予想されている。

2022/23年度の作付け用大豆の種子は既に90%以上予約済みで、大豆の作付け面積は前年比4.0%増加をBasfラテンアメリカ社の Hugo Borsari取締役は予想している。

また綿花の2022/23年度の作付面積は前年比5.0%から10.0%と大幅増加を予想、特にブラジル国内生産2位のバイア州の棉植え付け開始は11月、ブラジル国内トップのマット・グロッソ州は昨年1月からとなっている。

棉の作付面積拡大のトップはマット・グロッソ州が見込まれているが、1980年代に害虫発生及び労働者不足で棉栽培から撤退していたパラナ州でも来年から再度棉栽培の気運が高まってきている。

パラナ州綿花生産者協会 (Acopar)の Milton Martinez副会長は、 2022/23年度は北パラナのロンドリーナ市及びイビポラン市近郊の2,000へクタールでの棉の試験栽培を予定している。

ユーカリ材不足で新規パルプ工場建設は2028年以降に先送り(2022年8月21日付けヴァロール紙)

過去24ヶ月以内に操業開始したパルプ工場や建設中のパルプ工場では、ブラジル国内のパルプの原料となるユーカリ材の調達は可能となっているが、ユーカリ材の価格が急上昇しており、新規パルプ工場の建設は、今後のユーカリ植林から伐採可能となる2028年以降への先送りを余儀なくされている。

ブラジルのユーカリ材を原料とする短繊維パルプは世界のパルプ生産を牽引しているが、既にユーカリ材の需要は供給を上回る分岐点に達しているために、新規パルプ工場の建設は、ユーカリ材の伐採が可能となるのは植林後6年から7年後であり、新規パルプ工場の建設は2028年以降を余儀なくされている。

先週、サンパウロで開催された Fastmarkets RISI Latin American会議に参加した業界幹部は、限られたユーカリ材の供給と価格の上昇で、今後数年間の新規パルプ工場プロジェクトにブレーキがかかると予想されている。

フィンランド資本 Pöyry社の発表によると、昨年のブラジルのパルプ生産は2,250万トン、2030年迄の新規プルプ工場建設による生産は、ユーカリ材の短繊維パルプ増産が牽引して3,000万トンを突破すると予想されている。

ユーカリ材市場にも変化があり、パルプや紙以外の部門での需要が急増しており、需要の60%は製鉄所で使用される木炭の生産、または電力エネルギー向けバイオマス発電に使用されている。

2020年のユーカリ材の新規植林面積は747万ヘクタール、2020年から2025年には年間平均700万トンのユーカリ材を供給するためには、毎年80万ヘクタールから100万ヘクタールに植林する必要がある。

ロシアによるウクライナ侵攻にも拘らず、今年初め7か月間の肥料輸入は前年同期比15.0%増加(2022年8月15日付けヴァロール紙)

Itaú BBA社農業コンサルタントレポートによると、2022年初め7か月間の農業向け肥料の輸入は、ロシアによるウクライナ侵攻にも拘らず、肥料生産大国のロシアやベラルーシ―から順調に入荷している。

今年初め7か月間の肥料輸入量は、前年同期比14.7%増加の2,180万トンに達しており、ロシアからの肥料輸入は全体の24.0%を占めている。

ロシアからブラジルへの肥料輸出は順調に入荷しており、7月だけで前年同月比10%以上増加の828,000トンの肥料を輸入した一方で、肥料の三要素のカリの大生産国のベラルーシ―からのカリ輸入は、昨年同月の306,000トンよりも90%以上少ない僅か26,000トンに留まっている。

ウクライナ危機の影響で港湾の肥料在庫が増加していたが、最近の肥料の国際コモディティ価格の減少に伴って、年末にかけて肥料の輸入量は減少すると予想されている。

今年初め5か月間の肥料輸入量は、前年同期比僅か1.7%増加の1,460万トンであったが、今年5月の肥料輸入量は、前年同月比5.0%減少の320万トンであった。

 

7月の農畜産物輸出は143億ドルで7月の月間記録更新(2022年8月11日付けヴァロール紙)

経済省通商局(Secex)の発表によると、2022年7月のブラジルの農畜産物輸出金額は、前年同月比24.8%増加の142億8,000万ドルに達し、7月の農畜産物輸出では月間記録を更新している。

今年7月の農畜産物輸出金額142億8,000万ドルは、ブラジルの輸出全体の47.7%を占め、輸出量も200万トン増加、大豆派生品及び牛肉、鶏肉輸出が牽引している。

7月の農畜産物輸出金額142億8,000万ドルは、7月の月間記録を更新したにも関わらず、6月の輸出金額よりも8.6%、輸出量も2.2%それぞれ下回っている。

今年7月の農畜産物輸入金額は、農畜産物の平均国際コモディティ価格が16.1%上昇したため前年同月比19.3%増加の14億8,000万ドル、7月の農畜産物の貿易収支は、6月の100億ドルから128億ドルに上昇している。

特に今年7月のトウモロコシ輸出量は106.9%増加の412万トン、輸出金額は189.7%増加の11億5,000万ドルで記録更新、7月の穀物の平均国際コモディティ価格は前年同月比40%上昇している。

7月のトウモロコシ輸出相手国として、イラン向け輸出量83万2,000トン、輸出金額は308.4%増加の2億5,893万ドル、コロンビアは1億1,842万ドル、輸出量は2,416.7%増加、日本向けトウモロコシ輸出金額は1億297万ドル、輸出量は34.3%増加している。

前記同様大豆派生品輸出金額は21.0%増加の60億3,000万ドル、平均輸出金額は33.5%増加に対して、輸出量は9.4%減少している。輸出量減少の要因として大豆粕輸出は、昨年7月の867万トンから今年7月は752万トンと大幅に減少したが、生大豆輸出金額は18.2%増加の47億1,000万ドルを記録している。

7月の中国向け大豆輸出金額は、昨年7月の大豆輸出全体の66.5%のシェアから今年7月は68.8%に上昇した一方で、輸出量は10.3%減少の520万トンに留まっている。

今年7月の食肉輸出も平均国際コモディティ価格の20.4%上昇に伴って23億7,000万ドルを記録した一方で、食肉輸出量は2.9%減少の70万9,000トンに留まっている。そのうち牛肉輸出金額は20%増加の12億1,000万ドル、輸出量は0.4%減少の19万1,000トンに留まっている。

今年上半期の大豆派生品輸出金額は28.6%増加の437億ドル、食肉輸出金額は31.9%増加の146億ドル、木材関連輸出金額は25.6%増加の97億ドル、粗糖・エタノールは0.3%増加の56億ドル、コーヒーは57.8%増加の53億ドルを記録している。

今年上半期のブラジルの魚類輸出は倍増(2022年7月28日付けヴァロール紙)

2022年上半期のブラジルの魚類輸出金額は、前年同期の718万ドルから1,435万ドルと倍増、魚類輸出量は前年同期比14.0%増加の4,900トンを記録している。

今年上半期の魚類輸出金額は、付加価値の高い冷凍フィレ輸出が牽引、1キロ当たりの平均魚フィレ価格は5,46ドル、今年上半期の魚類フィレ輸出金額は前年同期比544%増加、輸出金額も571%の大幅増加を記録している。

ブラジル養殖協会及びブラジル農牧調査研究公社(Embrapa)のトカンチンスパルマス魚類貿易部の統計を基に魚類輸出金額や輸出量を割り出している。

今年上半期のブラジルの魚類輸出を牽引しているのは淡水魚のティラピア、魚類輸出金額の98%、魚類輸出量の99%を占めている。ティラピア以外では同じく淡水魚のタンバキ、スルビン及びバーグレが少量ではあるが輸出されている。

今年上半期のブラジルの魚類輸出相手国は米国で63%を占めている。米国向け魚類輸出金額は全体の76%を占め、輸出金額は1,090万ドル、米国に次いでカナダ向け魚類輸出金額は120万ドルで2位となっている。

魚類輸出相手国3位はリビア、次いでメキシコ、チリ、中国、日本と続いている。また魚類輸出の主な州はパラナ州、マット・グロッソ州、バイア州、サンパウロ州及びサンタ・カタリーナ州となっている。

今年上半期のブラジルの魚類貿易赤字は4億5,600万ドルに達しているが、魚類輸入金額はサーモンが牽引して4億7,000万ドルに達しているが、ブラジルはサーモン以外にバーグレ類、クリマタ、マス類、ピアウス、鯉類及び雷魚類も輸入している。