2023年の段ボール箱出荷量は前年比3.5%増加予想(2023年1月22日付けヴァロール紙)

2022年のブラジル国内の段ボール箱出荷量は前年比マイナス2.2%の395万トンであったが、今年の段ボール箱出荷量は前年比3.5%増加が予想されている。

ブラジル包装紙協会(Empapel)の発表によると、2022 年12月及び過去12か月間の経済動向のバロメーターの段ボール箱、シート並びに板紙付属品を含む段ボール箱派生品出荷量は、前年同月及び前年同期比でマイナスを記録していた。

昨年12月のValor紙とのインタビューで、Empapel会長でKlabin社のディレクターであるGabriella Michelucci氏は、2022年のブラジル国内の段ボールの出荷量は、2019年から3年連続で前年を上回っていたが、一転して前年割れを予想している。

今年のブラジル国内の段ボール箱出荷量は前年比3.0%~3.5%増加で400万トンを突破するとGabriella Michelucci氏は楽観的な見方をしている。

昨年12月のブラジル国内の段ボール箱生産量は前年同月比マイナス3.5%に相当する29万9,500トンに留まったが、2020年12月の生産量は32万6,750トン、2021年12月は31万300トンであった。

 

ブラジルの紙・パルプ業界は、ESG実践モデル(2023年1月16日付けヴァロール紙)

技術革新と持続可能性成長に重点を置いて、ブラジルの紙・パルプ業界は変革を遂げ、2029 年までに世界中の業界の売上は約3,700 億ドルに達すると予想されている。

ブラジル国内には18州の540市町村に220社の紙・パルプ関連企業が存在すると26加盟企業のブラジルパルプ・紙技術協会(ABTCP)は説明している。

ブラジルの鉱山エネルギー省(MME)の発表によると、ブラジルの紙・パルプ生産は米国に次いで世界2位で生産量は11.0%以上に達している。また紙・パルプ輸出では世界トップで製紙生産は世界のトップ10に名を連ねている。

持続可能性は、環境、社会的側面、透明性、および管理に関連する優れた慣行を評価する ESG テーマ (環境、社会、およびガバナンス) に沿ったソリューションに対する需要の増加に基づいている。

ブラジルの紙・パルプ業界では資源の利用に関して、生産性、回収、廃棄物の再利用、および水の使用量の削減を積極的に行っており、持続可能な成長及びで高品質で効率的な生産が紙パルプ業界の主な課題であるとことをFalconi Consultores 社のアレシャンドレ・リバス取締役は強調している。

南大河州グアイバ市に2009年からパルプ生産を行っている CMPC Brasil社の Mauricio Harger専務は、46万7,000ヘクタールのユーカリ植林地のうち41%は原生林を維持して、生産チェーン内の環境管理に力を入れていると説明している。

同社では2025年までにパルプ生産のための水資源の25%削減及び埋立地の廃棄物ゼロを目指しており、また、2030 年までに温室効果ガス排出量を 50% 削減し、新たに 10 万ヘクタールの保護地域を追加することを目指している。

2023年度のブラジルの穀物生産は前年比12.6%増加で記録更新予想(2023年1月12日付けヴァロール紙)

ブラジル地理統計院(IBGE)では、2023年度のブラジルの穀物生産量は前年比12.6%と二桁増加の2億9,620万トンを見込んで過去最高の記録更新を予想している。2023年度のブラジルの穀物生産量は前年比3,310万トン増加が予想されているにも拘らず、前回予想は僅か0.8%増加に留まっていた経緯があった。

ブラジルの穀物生産を牽引する今年の大豆生産は前年比24.1%の大幅増加を見込んでおり、増産量は2,880万トンに達すると予想されている。また大豆と共に穀物生産を牽引する今年のトウモロコシの第1期作の生産は16.2%に相当する410万トン増加予想されているが、2022年は南部地域及び南マット・グロッソ州の旱魃で大きな影響を受けていた経緯があった。

また今年のトウモロコシの第2期作の生産は2.5%に相当する210万トンの増産予想、原綿は1.3%に相当する5万3,900トンの増産、ソルガム黍は5.3%に相当する15万200トン増産予想、フェジョン豆の第1期作の生産は3.7%に相当する4万300トンの増産が見込まれている。

一方2023年度で減産が予想されているのは米生産は前年比マイナス3.4%に相当する36万トンの減産予想,フェジョン豆の第2期作はマイナス9.9%に相当する13万2,600トンの減産、フェジョン豆の第3期作もマイナス1.0%に相当する6,600トンの減産、小麦生産はマイナス16.2|%に相当する162万6,000トンの大幅減産が予想されている。

ブラジル地理統計院(IBGE)の2022年度の穀物生産の最終予想では前年比3.9%に相当する1,000万トン増加の2億6,320万トンが見込まれているが、大豆、トウモロコシ及び米生産量はブラジル穀物生産の91.4%を占め、また耕作面積は全体の87.0%を占めている。

2022年のブラジルの鶏肉輸出金額は約100億ドルで記録更新(2023年1月11日付けヴァロール紙)

ブラジル動物蛋白質協会(ABPA)の発表によると、2022年の生鶏肉及び加工鶏肉輸出は前年比4.6%増加の482万2,000トン、鶏肉輸出金額は27.4%と二桁増加の97億6,200万ドルに達して過去の記録を更新している。

2022年12月の鶏肉輸出量前年同月比マイナス6.0%の38万6,300トンを記録したにも関わらず、カット鶏肉の単価上昇で輸出金額は9.2%増加の7億8,520万ドルを記録している。

ロシアによるウクライナ侵攻の影響で、ヨーロッパ連合での生産コストの上昇、5大陸の高病原性鳥インフルエンザの感染拡大などの要因で、昨年のブラジルの鶏肉輸出は記録更新に繋がったとABPAのRicardo Santin会長は説明している。

2022年のブラジル国内での鳥インフルエンザ感染の報告はされておらず、世界の鶏肉供給の安全港と見なされているために、今年のブラジルの鶏肉輸出は昨年に続いて好調に推移すると予想されている。

しかしブラジルの近隣諸国にあたるコロンビア、エクアドル、ペルー、ベネズエラで鳥インフルエンザ症例が確認されているため、鳥ウイルスがブラジルで感染する恐れがあり、ブラジルは既に感染防止措置の採用を余儀なくされている。

ブラジルにとって牛肉や豚肉輸出同様に、中国は引き続きブラジルの鶏肉の主要な輸出先であり、昨年の中国への鶏肉輸出は前年比マイナス15.6%の54万500トンに留まった一方で、 しかし2 位の輸出先であるアラブ首長国連邦への鶏肉輸出は14.2%増加の14.2%の44万4,900トンと二桁台の増加を記録している。

今年のブラジルの鶏肉輸出は前年比8.5%増加の520万トン、鶏肉生産は35.0%増加の可能性をブラジル動物蛋白質協会(ABPA)は予想している。昨年10月の米国農務省(USDA)発表によると、今年のブラジルの鶏肉輸出は前年比4.0%増加の480万トンを見込んでいた。

ブラジルは中近東などイスラム法の定める適正な方法で処理、加工された食品であると証明された食肉輸出拡大のために、ハラール(HALAL)認証を取得しており、2023年のイスラム圏での鶏肉需要拡大を見込んでいると米国農務省(USDA)は指摘している。

2022年及び2023年の世界の主な鶏肉輸出国リスト

2022年のブラジルのトウモロコシ輸出は前年比109%増加(2022年1月4日付けヴァロール紙)

ブラジル穀物輸出協会(Anec)の調査によると、2022年度のブラジルのトウモロコシ輸出量は、前年の2,060万トンの109.4%増加に相当する4,310万トンを記録、また昨年12月のトウモロコシ輸出量は、前年同月比75.4%増加に相当する580万トンを記録している。

一方昨年の大豆の輸出量は、前年比マイナス10.2%と二桁台減少の7,780万トンに留まった。また昨年12月の大豆輸出量も前年同月比マイナス40.2%に相当する150万トンに留まっている。

また昨年1年間の大豆かすの累積輸出量は前年比21.0%増加の2,040万トンを記録した一方で、昨年12月の大豆かす輸出は、前年同月比マイナス10.8%に相当する130万トンに留まっている。

昨年の小麦輸出量は前年比188.8%増加の320万トン、また昨年12月の小麦輸出量は、前年同月の53万8,600トンを15万トン上回る68万9,200トンを記録している。

ブラジル穀物輸出協会(Anec)では、2023年1月のブラジルの穀物類輸出を予想、特にトウモロコシ輸出量は前年同月比94.6%増加の430万トンを予想、大豆、大豆粕及び小麦の輸出はそれぞれマイナス42.4%、マイナス15.4%及びマイナス59.6%を予想、また大豆及び大豆粕輸出は130万トン、小麦輸出は28万700トンを見込んでいる。

今年の鶏肉輸出は記録更新予想(2022年12月15日付けヴァロール紙).

ブラジル動物蛋白質協会(ABPA)では、2022年のブラジルの鶏肉生産は前年比1.5%増加を見込んでおり、輸出は5.0%増加の485万トンで記録更新が見込まれている。ブラジル国内の一人当たりの鶏肉消費は、前年比マイナス0.8%の45.1キログラムが予想されている。

また今年の豚肉生産は前年比6.5%の500万トン予想、豚肉輸出はマイナス1.5%の112万トン、ブラジル国内の一人当たりの豚肉消費は、前年比8.0%増加の18キログラムが予想されている。

また今年の鶏卵生産は、前年比5.0%増加の520億7,000万個、ブラジル国内の一人当たりの鶏卵消費は、前年比6.0%増加の241個、鶏卵輸出はマイナス12.0%の1万トンが見込まれている。

動物性タンパク質業界は、生産コストが高いために国内市場での価格を下げることができていないと説明。来年も今年同様に飼料用の穀物価格の高止まり加えて、燃料や包装材価格も高止まりするとABPAのRicardo Santin会長は指摘している。

国家配給公社(Conab)では、今年のトウモロコシ生産は記録更新を予想しているにも拘らず、ロシアによるウクライナ侵攻による輸出減少で、中国やヨーロッパ諸国の需要増加に伴って、ブラジルのトウモロコシ輸出拡大が見込まれている。

ブラジル動物蛋白質協会(ABPA)では、2023年の鶏肉生産は前年比2.0%増加の1,475万トン予想、鶏肉輸出は8.5%増加の520万トン、ブラジル国内の一人当たりの鶏肉消費は0.8%増加の45.5キログラムを見込んでいる。

前記同様に来年の豚肉生産は4.0%増加の515万トン、豚肉輸出は12.0%増加の125万トン、ブラジル国内の一人当たりの豚肉消費は3.0%増加の18.5キログラムが見込まれている。

鶏卵生産は2.0%増加の510億2,500万個、ブラジル国内の一人当たりの鶏卵消費は2.5%増加の235個、鶏卵輸出は10.0%増加の1万1,000トンが見込まれている。

2023年の穀物生産は前年比11.8%増加の2億9,360万トン予想(2022年12月8日付けIBGEサイトより抜粋)

ブラジル地理統計院(IBGE)の11月の穀物生産調査によると、2023年度の穀物生産は、前年比11.8%に相当する3,090万トン増加の2億9,360万トンが見込まれている。

今年11月の2022年度の穀物生産の最終予想では、前年比3.7%に相当する940万トン増加の2億6,270万トンを予想、耕作面積は6.8%に相当する470万ヘクタール増加の7,320万ヘクタール、米、トウモロコシ及び大豆の生産量は穀物全体の91.5%を占め、耕作面積は87.0%を占めている。

今年のトウモロコシの耕作面積は前年比10.2%増加、内訳は第1期作は6.6%増加、第2期作は11.4%増加、原綿は17.9%増加、大豆は4.8%増加、小麦は11.8%増加した一方で米の耕作面積はマイナス3.2%と減少予想となっている。

今年の棉生産は15.2%増加、小麦22.3%、トウモロコシ25.5%それぞれ増加予想の一方で、トウモロコシの第1期作はマイナス1.0%に対して、第2期作は36.4%と大幅増加、大豆生産はマイナス11.4%、米はマイナス8.2%が見込まれている。

2023年度の穀物生産予想の2億9,360万トンの内訳は、大豆生産は前年比22.5%に相当する2,686万トン増加、第1期作のトウモロコシは15.8%に相当する402万トン増加、第2期作は1.9%に相当する159万トン増加、原綿は0.8%に相当する3万1,682トン増加、第1期作のフェジョン豆生産は4.2%に相当する4万5,884トン増加が予想されている。

一方減産が予想されているのは、米生産はマイナス3.1%に相当する33万2552トンの減産予想、第2期作のフェジョン豆はマイナス10.4%に相当する13万9,842トン、第3期作のフェジョン豆はマイナス1.0%に相当する6,542トン、小麦マイナス12.0%に相当する114万トンが見込まれている。

今年11月の2022年度の地域別穀物生産予想では、中西部地域は全体の49.7%に相当する1億3,070万トン、南部地域は24.8%に相当する6,520万トン、南東部地域10.6%に相当する2,780万トン、北東部地域9.7%に相当する2,540万トン。北部地域は5.2%に相当する1,350万トンが見込まれている。

 

11月の牛肉輸出は74.0%増加(2022年12月7日付けヴァロール紙)

2022年11月のブラジルの生肉や加工肉を含む牛肉輸出金額は、前年同月比74.2%増加の8億⒎270万ドル、牛肉輸出量は65.2%増加の17万3,800トンに達しているとブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)は発表している。

今年11月の牛肉輸出の前年同月比急増の要因として、1年前のブラジルの牛肉輸出を牽引する中国は、ブラジルのミナス州及びマット・グロッソ州での口蹄疫発生によるブラジルの牛肉輸入制限規制を導入していた経緯があった。

ブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の発表によると、中国によるブラジルのミナス州及びマット・グロッソ州での口蹄疫発生によるブラジルの牛肉輸入制限規制導入後の4か月連続で、ブラジルの牛肉輸出量は20万トンを下回り、牛肉輸出金額は10億ドルを割り込ん だが、その後8か月間連続で輸出金額は10億ドルを上回っている。

今年初め11か月間の累積牛肉輸出金額は、前年同期比25.8%増加の215万9,000トン、輸出金額は44.0%増加の122億ドルを記録している。

今年初め11か月間の中国向け牛肉輸出量は前年同期比59.0%増加の114万9,000トン、輸出金額は、93.0%増加の74億8,000万ドルを記録している。

Coopercitrusはサンパウロ州コリーナ市に飼料工場完成(2022年11月16日付けヴァロール紙)

サンパウロ州最大の農業組合である柑橘類生産組合の Coopercitrusは、1500万レアルを投資してサンパウロ州コリーナ市に1時間当たり40トンの飼料生産工場の完成した。

協同組合の付加価値の蓄積に繋がる統合ソルーション事業の進展を促し、また原材料の保存機能を備えているとCoopercitrusの Fernando Degobbi会長は説明している。

コリーナ市の飼料生産工場は5 番目の飼料生産ユニットで、サンパウロ州内陸部のアラサツーバ市とヴォツポランガ市、ミナス州のアラシャ市とカシア市に既に4 つの飼料工場を擁している。Coopercitrusは これらの飼料生産工場の月間の飼料生産能力は1万3000トンに達する。

Coopercitrusはサンパウロ州ベベドウロ市に本部があり、サンパウロ州及びミナス州の67市に3万8,000人の組合員を擁しており、飼料、機械、農機具の分野で技術サポートを提供、2021 年の売上は 80 億レアル、2022年の売上は100億レアルを見込んでいる。

2022/23年度の穀物生産は記録更新の可能性(2022年11月9 日付ヴァロール紙)

国家配給公社(Conab)によると、2022/23年度の穀物生産は作付面積の拡大及び生産性の向上が牽引して2021/22年度比15.5%の大幅増加の3億1,300万トンに達する可能性があり、過去最高の記録更新が見込まれている。

2022/23年度の穀物生産向け作付面積は、前年比3.2%増加の7,680万ヘクタール、1ヘクタール当たりの生産性は、12.0%と二桁台増加の4,075キログラムが見込まれている。

2022/23年度のブラジルの穀物栽培を牽引する大豆生産は、10月の予想を100万トン上回る1億5,360万トンが見込まれており、2021/22年の大豆生産量を22.3%上回ると予想されている。

2022/23年度の大豆生産向け耕作面積は3.4%増加の4,300万ヘクタールが見込まれているが、他の穀物栽培や放牧地からの転作で耕作面積が大幅に増加すると見込まれている。

2022/23年度のブラジル国内では大豆に次ぐ3期作のトウモロコシ生産は、10月の予想を50万トン下回る1億2,640万トンに下方修正されているが、2021/22年のトウモロコシ生産よりも12.0%増加が見込まれている。

夏季収穫のトウモロコシ栽培向け耕作地は、害虫駆除するための生産コスト及び大豆への転作などで3.1%減少するが、夏季収穫のトウモロコシ生産は前年比12.5%増加の2,820万トンが見込まれている。

2022/23年度の米生産は前回予想の1,080万トンから1,060万トンに下方修正、フェジョン豆生産も300万トンから290万トンに下方修正されたが、米及びフェジョン豆の減産予想は耕作面積の減少及び他の穀物への転作が要因となっている。収穫入りしている小麦生産は前年比23.7%増加の950万トンが見込まれている。