半導体不足で自動車メーカーは操業停止の延長を余儀なくされている(2021年8月3日付けエスタード紙)

2020年末から継続するアジアからの自動車向け半導体の供給不足の影響で、ブラジル国内の自動車メーカーは生産調整のために、製造ラインの従業員を中心に集団休暇の採用や製造ライン縮小を余儀なくされている。

8月に突入しでも依然として半導体の供給不足の影響で、ブラジル国内の3大自動車メーカーのフィアット社、GM社並びにワーゲン社は、操業停止の延長を余儀なくされている。またルノー社も半導体不足で今週から操業停止に追い込まれている。

昨日2日フィット社は、ミナス州ベッチン自動車工場の10日間の操業停止の延長を発表したが、ペルナンブーコ州のJeep自動車工場で、生産しているピックアップ型Toro車の生産は継続される。

ブラジル国内の自動車業界を牽引するフィアット社は、半導体の供給に合わせて自動車の生産調整を余儀なくされているが、コンペチターが採用している一部の完全な操業停止ではなく、各工場の生産減少で調整している。

ワーゲン社のサンパウロ州タウバテ工場は、昨日2日から操業再開が予定されていたが、半導体の供給不足で、更に20日間の操業停止を余儀なくされている。Gol車並びにVoyage車を生産している自動車工場では、更に10日間の操業停止の延長を余儀なくされている。

ワーゲン社のサンパウロ州サン・ベルナルド・ド・カンポス工場では、1,500人の製造ラインの従業員に集団休暇を採用して先月19日から1製造ラインでの生産停止を継続、今月9日からの操業再開を予定していたにも関わらず、更に20日間の集団休暇の延長を行う。この工場ではPolo車, Virtus車, Nivus車並びにSaveiro車を生産している。

半導体の供給不足による今年上半期の新車生産は、10万台から12万台の減産を余儀なくされていると全国自動車工業会(Anfavea)ではそろばんを弾いているが、世界的な半導体供給不足は、2023年迄継続する可能性が指摘されている。

今年7月の新車販売は、COVID-19パンデミックの影響を受けていた昨年4月並びに5月から漸く、回復傾向を示していた昨年7月並みの17万5,500台に留まっている。

今年7月のバスやトラックを含む新車生産は、前月比3.8%減少した一方で、前年同月比では僅かに0.6%増加、今年初め7か月間の新車販売は、前年同期比27.1%増加の125万台を記録している。

今年7月のバスやトラックを除く新車販売は前月比4.2%減少、前年同月比6.4%増加、今年初め7か月間では、前年同期比28.2%増加の117万台を記録している。

今年7月の新車販売のマーケットシェア比較では、フィアット社は26.8%でトップシェア、2位はトヨタの11.4%、ワーゲン社11.0%、現代自動車9.3%、ジープ社8.3%。GM社は僅か5.8%に留まっている。今年初め7か月間ではフィアット社は22.8%でトップシェア、ワーゲン社15.7%、GM社11.4%、現代自動車9.4%、トヨタ社は8.3%となっといる。

半導体不足で自動車メーカーは、利益率の高い高級車生産を優先(2021年7月19日付けエスタード紙)

各自動車メーカーは、COVID-19パンデミック以降の世界的な自動車用半導体の供給不足の影響で、以前は利益率は低いが販売台数が稼げる低価格の自動車生産を優先していたが、利益率の高いスポートタイプの高級車生産を優先する傾向に変化してきている。

コンサルタント会社Jato Dynamics社の調査によると、3年前までは価格が7万レアルの大衆車販売比率は60%、7万レアル以上の販売比率は40%を占めていたが、今では7万レアル以下の大衆車は32%、7万レアル以上の車生産比率は68%と逆転している。

今年上半期の販売価格が5万レアル~7万レアルの新車販売は、全体の僅か29.0%と昨年同期の36.0%から7.0%減少しており、過去数年前から大衆車からより乗り心地の良い高級車志向に変化してきている。

GM社では、部品供給問題の影響で今年3月から人気大衆車Onix車の生産を停止を余儀なくされているが、今月からワーゲン社は、サンパウロ州内の自動車工場でのGol車の生産調整、現代自動車もHB20車の生産調整を余儀なくされている。

フィアット社はUno車、Argo車並びにルノー社Kwid車と低価格で競合しているMobi車を生産しているミナス州ベッチン自動車工場の1000人の従業員の配置換えを余儀なくされている.

現在のブラジル国内の新車販売の平均価格は、9万レアル~9万5,000レアルに上昇、2012年の新車販売の平均価格の6万3,000レアルよりも大幅に上昇しているとコンサルタント会社Bright Consulting社は指摘している。

今年第2四半期の大衆車Onix車, Gol車, Mobi車並びにFox車のマーケットシェアは僅か2.0%まで低下している一方で、スポートタイプのSUVs車は32.0%。ピックアップ車は18.0%を占めている。

今年上半期の自動車メーカーは、半導体不足で12万台の新車生産を断念(2021年7月7日付けエスタード紙)

2021年上半期のブラジル国内で新車を生産している各自動車メーカーは、全世界的に半導体を中心とした電気・電子部品の供給不足の影響で、10万台から12万台に達する新車生産の断念を余儀なくされていると全国自動車工業会(Anfavea)のLuiz Carlos Moraes会長は指摘している。

今年6月の過去12か月間の新車生産は、世界的な自動車向け半導体不足で、前年同期比13.4%の二桁台の減少を余儀なくされており、今年上半期の新車生産は、最高14万台の減産になるとLuiz Carlos Moraes会長は困惑している。

ボストン・コンサルティンググループ(BCG)の統計を基にした調査によると、世界的な半導体の供給不足による今年上半期の南米での新車生産は、16万2,000台の減少を予想、ブラジルの自動車生産は、南米の80%~85%を占めている。また今年上半期の世界全体の新車生産の減少は、360万台に達すると予想している。

自動車販売代理店が加盟する全国自動車販売業者連盟(Fenabrave)の今月初めの発表によると、今年上半期の乗用車販売は、部品不足で各自動車メーカーは生産調整を余儀なくされた影響で、20万1,000台減少を余儀なくされている。

今年1年間の世界の自動車メーカーの新車生産は、半導体を中心とした自動車部品の供給不足で、500万台~700万台の減産を余儀なくされるとBCGグループは指摘している。

自動車生産にとって欠かせない半導体の供給体制が正常化するのは、2022年上半期にずれ込むと全国自動車工業会(Anfavea)のLuiz Carlos Moraes会長は憂慮している。

全国自動車工業会(Anfavea)では、今年のバスやトラックを含む自動車生産は、前回予想の前年比25%増加から22%増加に相当する246万台に下方修正している。

今年のバスやトラックを含む自動車生産が前回予想の25%から22%増加に下方修正された要因として、軽自動車生産が前回予想の25%増加から21%増加に下方修正された一方で、トラックやバスを含む重車両車生産は、前回予想の23%増加から42%増加に上方修正されている。

また今年の新車販売は、前回予想の前年比15%増加から13%増加に下方修正、特に重車両車販売は、前回予想の14%増加から半分の7.0%に下方修正されている。

全国自動車工業会(Anfavea)では、今年のアルゼンチン向けを中心とした新車輸出は、前回予想の前年比9.0%増加から20%増加と2倍以上の上方修正を行っている。

今年6月の新車生産は、各自動車メーカーは半導体を中心とした部品不足による生産調整を余儀なくされて、前月比13.4%減少の16万6,900台に留まり、過去12か月間では最低の自動車生産を記録している。

今年6月のバスやトラックを含む新車生産は、COVID-19パンデミックで必需品以外の製造業が各自治体の要請によるプトロコルによる減産や生産中止を余儀なくされていたために、前年同月比69.6%の大幅増加を記録している。

今年上半期の新車生産は、前年同期比57.5%増加の115万台、今年6月のブラジル国内の半数の自動車メーカーは、半導体供給問題で生産調整を余儀なくされている。

今年6月の自動車ディーラーの新車販売は、半導体不足の影響で特定の新車生産停止で前月比3.3%減少した一方で、前年同月比では32.8%増加、今年上半期の自動車ディーラーの新車販売は107万台を記録している。

今年6月の自動車輸出は前月比9.4%減少の3万3,500台、前年同月比では72.6%増加、今年上半期の新車輸出は、アルゼンチン向け輸出が牽引して前年同期比67.5%増加の20万100台を記録している。今年6月の自動車業界は、1,350人の従業員を解雇したために、業界全体では10万2,700人に減少している。

GM社は半導体不足で250人の雇用契約解消を検討(2021年7月6日付けヴァロール紙)

ブラジル国内で自動車生産を行っているの各自動車メーカーは、半導体を中心とした自動車向け部品供給問題で、新車生産調整や製造ライン縮小を余儀なくされている。

GM社のサンパウロ州サン・ジョゼ・ドス・カンポス自動車工場では、自動車向け半導体不足による生産調整のために、7月12日~8月25日迄の40日間以上の操業中止による250人の生産ラインの従業員との雇用契約停止で、地元の金属労連と協議している。

サン・ジョゼ・ドス・カンポス自動車工場は、3800人の従業員がピックアップS10車並びにSUV Trailblazer車を生産している工場であり、GM社では唯一通常の自動車生産を行っていた工場であった。

またGM社の南大河州グラヴァイ自動車工場は、ONIX車を生産しているが、今年4月から自動車生産の操業停止を余儀なくされている工場であり、8月中旬からの操業再開を予定している。

GM社のサンパウロ州サン・カエタ-ノ・ド・スール自動車工場は、自動車部品不足で、6月21日から6週間に亘って自動車生産停止を余儀なくされているが、この期間中に製造ラインを新型ピックアップMontana車に交換する。

現代自動車は、今月5日からサンパウロ州ピラシカーバ自動車工場の3交代勤務で最後まで操業していた第一シフトの自動車生産を半導体などの電気・電子部品のサプライヤーからの供給不足で、7月15日迄操業停止を行う。

またピラシカーバ自動車工場の3交代勤務の第3シフトは5月末から、第2シフトは6月21日から操業停止に追い込まれており、7月12日からの操業再開が予定されている。

GM社のサン・ジョゼ・ドス・カンポス自動車工場の操業停止は、企業による労働時間の短縮、賃金の削減、雇用契約の一時中断が可能となる大統領暫定措置令1045号に基づいており、6日午前中の総会では、GM社による従業員の雇用保障が確保できれば合意しないとValmir Mariano副組合長は説明している。

今年上半期の新車販売は、部品供給不足で20万1,000台が雲散霧消(2021年7月2日付けエスタード紙)

自動車販売代理店が加盟する全国自動車販売業者連盟(Fenabrave)の発表によると、2021年6月のトラックやバスを含む新車登録台数は、自動車用部品、特に自動車メーカーへの半導体の供給不足による生産中止を余儀なくされたために、20万1,000台が雲散霧消している。

部品不足による自動車メーカーの製造ラインの操業停止及び自動車ディーラーの販売用新車不足に加えて、COVID-19パンデミック発生初期から対応の各自治体の要請プロトコルによる製造ラインのソーシャルディスタンス確保のために、従業員縮小による生産効率への影響も響いていると全国自動車販売業者連盟(Fenabrave)のAlarico Assumpção Júnior会長は説明している。

今年上半期の新車販売は、100万台を僅かに上回ったにも拘らず、半導体不足やCOVID-19パンデミック対応策の導入がなければ、更に20%増加の新車販売が可能であったとAlarico Assumpção Júnior会長は指摘している。

今年6月のトラックやバスを含む新車販売は、前月比マイナス3.3%の18万2,400台に留まったが、COVID-19パンデミック対応による新車の生産調整を余儀なくされていた前年同月比では、37.0%と大幅増加を記録している。

全国自動車販売業者連盟(Fenabrave)では、今年の新車販売は半導体などの部品供給不足の影響で、前回予想の前年比16.0%増加予想から11.6%増加予想の230万台に下方修正している。

また今年のトラックやバスを除く乗用車販売は、前回予想の前年比15.8%増加から10.7%増加への下方修正を余儀なくされている。また自動車メーカーからディーラーへの新車供給不足の影響で、ディーラーの新車在庫は、営業日数換算で僅か8.0日まで減少しており、統計を取り始めて最低の新車在庫を記録している。

全国自動車販売業者連盟(Fenabrave)では、半導体や電機・電子部品など新車の製造ライン向け部品供給問題が正常に戻るのは、2022年下半期迄ずれ込むと憂慮している。

ブラジルの農畜産部門の生産が過去最高の記録更新予想並びにコロナワクチン接種拡大に伴って、ブラジルの国内経済の回復予想で、今年のトラック販売は、年初予想の前年比21.7%増加予想から30.5%増加と大幅な上方修正を行っている。またバス販売も8.2%増加から10.6%増加に上方修正している。

半導体不足で、自動車業界の回復遅延(2021年6月21日付けエスタード紙)

ワーゲン社並びにGM社の自動車工場は、自動車用半導体の供給問題で今月21日から操業停止、現代自動車は製造ラインの減少を余儀なくされており、今年の下半期も継続して半導体不足による生産調整を余儀なくされると予想されている。

伝統的に自動車販売は下半期に増加する傾向となっている上に、COVID-19対応ワクチンの接種拡大並びに今年のGDP伸び率の上方修正にも関わらず、自動車業界は半導体不足による減産で、売上増加が見込めない状況となっている。

半導体の供給問題で、今年下半期の新車供給は、需要に応じる事が非常に難しい状況になっていると全国自動車工業会(Anfavea)のLuiz Carlos Moraes会長は指摘している。

Moraes e outros executivos da cadeia preveem que o equilíbrio entre oferta e demanda se dará ao longo de 2022. Hoje, a espera por modelos como as picapes Strada e Toro, da Fiat, pode passar de três meses.
ピックアップ車のStrada車やToro車の受注から納車まで3か月以上要しており、新車の需給バランスが整うのは2022年以降になるとLuiz Carlos Moraes会長は指摘している。
“Se tudo der certo, o segundo semestre de fato será bom para a economia brasileira, o que deve aumentar a confiança do consumidor, reduzir o desemprego e melhorar a renda da população, mas não vai ter carro para entregar por falta de semicondutores”, avalia Ricardo Bacellar, da consultoria KPMG do Brasil. “Isso vai ser um problemão para a indústria.”

Paradas
A Volkswagen suspendeu a produção por dez dias em São Bernardo do Campo e São Carlos (SP). A fábrica de São José dos Pinhais (PR), fechada desde o dia 7, voltaria hoje, mas teve a paralisação estendida até início de julho. A de Taubaté, que parou no mesmo dia, voltou na quinta-feira.
ワーゲン社は、サンパウロ州サン・ベルナルド・ド・カンポス工場並びにサン・カルロス工場の新車生産を10日間に亘って操業停止、パラナ州サン・ジョゼ ・ドス・ ピニャイス市の自動車工場は今月7日から操業停止、21日からの操業再開を予定していたにも関わらず、半導体不足で来月初めまで延長する。またサンパウロ州タウバテ工場も今月7日から操業停止していたが、先週木曜日から操業再開している。
A GM suspendeu operações em São Caetano por seis semanas, mas aproveita e prepara a linha para a produção de uma nova picape. A planta de Gravataí (RS) está parada desde abril e volta só em meados de agosto.
GM社は、サンパウロ州サン・カエタ―ノ工場を6週間に亘って操業停止している。また南大河州グラバタイ工場は、今年4月から工業停止を継続、8月中旬から操業再開を予定している。
A Hyundai passou a operar com apenas um turno de trabalho. O terceiro tinha sido suspenso no fim de maio, e agora o segundo turno também foi interrompido, até o fim do mês.
現代自動車は販売好調で3勤務交代体制を採用していたが、5月末に2交代制、今月末まで1勤務交代体制を導入して、半導体不足による生産調整を余儀なくされている。
Prejuízos
Por causa da escassez de itens eletrônicos, em sistemas de segurança, aceleração, freios e iluminação, entre outros, a indústria global de veículos deve deixar de produzir entre 2,5 milhões e 4 milhões de veículos este ano. Antes, a previsão para o total da produção era de 84 milhões de unidades.
今年の新車生産は8,400万台が予想されていたが、世界的な自動車向け半導体不足で、250万台~400万台の減産を強いられると予想されている。ブラジルの今年の新車生産は252万台が見込まれていたが、半導体不足で12万台の下方修正が見込まれている。