金曜日, 11月 26, 2021

今年の住宅販売は前年比10%~15%増加予想(2020年11月24日付けヴァロール紙)

ブラジル建設工業会議所(Cbic)の発表によると、2020年の住宅販売は前年比10.0%~15.0%増加予想で、統計を取り始め5年前からでは記録更新すると見込まれている。 今年初め9か月間の住宅販売は、前年同期比8.4%増加の12万8,849軒を記録、今年第3四半期の住宅販売は、前年同四半期比23.7%増加の5万4,307軒と大幅に増加している。 しかし今年の新規住宅リリース軒数は前年比15.0%減少の可能性があり、2018年の水準に留まるとブラジル建設工業会議所(Cbic)は予想している。 今年初め9か月間の新規住宅リリース軒数は、前年同期比27.9%減少の8万5,755軒に留まっている。また今年第3四半期の新規住宅リリース軒数は、前年同四半期比10.5%減少の4万2,885軒に留まったが、過去1年間の四半期平均の新規住宅リリース軒数の3万8,101軒は上回っている。 今年第3四半期の新規住宅リリース軒数は、前年同四半期比10.5%減少しているが、サンパウロ証券取引所B3に上場している20不動産・建設会社の新規住宅リリース軒数は、前年同四半期比31.4%増加の84億3,000万レアルを記録している。 第3四半期の新規住宅リリース軒数は、COVID-19パンデミックの影響を受けた前四半期比では114%増加したにも拘らず、今年上半期の落込みを補うには至っていないとCBICのJosé Carlos Martins会長は、COVID-19パンデミックのダメージを指摘している。 CBICの不動産産業委員会(IIC)のセルソ・ペトルッチ副会長によると、不動産業界では、連邦政府による税制改革承認や財政問題の改善などが期待通りに進めば今年の楽観主義は来年も継続すると見込んでいる。 第3四半期から発生している建築材料の供給遅れが建設スケジュールを狂わす可能性を指摘。棒鋼などの鉄鋼製品は来年初めまでに正常化すると見込んでいるが、PVCセグメントは、ドル価格が来年1月から安定化を見込んでいるにも関わらず、PVC供給が正規化するのに4ヶ月かかるとCBICのJosé Carlos Martins会長は憂慮している。 サンパウロ州住宅建設業者組合(Sinduscon-SP)の調査によると、今年10月の調査では26%の企業が建設資材のコスト上昇を指摘、特にセメント、コンクリート、銅線、アルミ製品やガラス製品の値上がりをSinduscon-SPのEduardo Zaidan副会長は指摘している。 Sinduscon-SPの調査によると、今年初め9か月間の建材販売は前年同期比7.8%増加した一方で、建材生産はCOVID-19パンデミックの影響で4月並びに5月の需要減少に伴って、建材メーカーは供給減少のための生産調整で4.7%減少している。 また調査対象の不動産会社の43%は一部の都市を除いて全体の住宅需要は弱含みで推移しており、サンパウロ市やサン・ジョゼ・ド・リオプレート市などの需要が牽引しているとSinduscon-SPのEduardo Zaidan副会長は指摘している。

大手不動産企業の第3四半期の純益は56%増加(2020年11月18日付けエスタード紙)

サンパウロ証券取引所(B3)の上場している14大手不動産会社の2020年第3四半期の純益総額は、住宅ローン金利の低下並びに住宅購入ローン拡大などの要因で不動産業界の拡張サイクルに突入しており、前年同期比56%増加の7億2,100万レアルを記録している。 今年上半期の不動産業界は、外出自粛や必需品以外営業自粛要請の解除と共に、新規住宅販売のリリース軒数増加や販売増加による予想以上の売上並びに純益増加で、不動産業界は拡張サイクル突入していると不動産業界アナリストは指摘している。 調査対象の上場不動産会社14社は、Cyrela社, Cury社, Direcional社, Even社, Eztec社, Gafisa社, Helbor社, Mitre社, Plano & Plano社, MRV社, RNI社, Tend社a, Tecnisa社並びにTrisul社. 今年第3四半期の14社の不動産会社の売上総額は、住宅金利安、クレジット拡大による投資並びに住居用の住宅購入が牽引して36%増加の81億レアル、純売上総額は45%増加の75億レアルを記録している。 不動産業界のビジネスの回復に伴い、一部の不動産企業は2020-2021年の2年計画開示に自信を示している。テクニサ社は、ブラジル国内の経済リセッションで低迷していた2011年以降では初めてこの種の計画を発表。2021年末までに12億レアル~15億レアルに相当するのプロジェクトを行う。 Eztec社は、今後数年間の有望と考えられるシナリオを考慮すると、売上目標の上方修正する可能性が濃厚。「今後1年間の住宅販売速度が予想よりも高い場合、住宅販売のリリース開始を早める可能性」と、同社投資家向け広報担当のエミリオ・フガッサ部長は説明している

今年9月のサンパウロ市の住宅販売は19.2%増加(2020年10月26日付けエスタード紙)

サンパウロ州内の不動産業界企業が加盟するサンパウロ不動産関連業者組合(Secovi-SP)の発表によると、COVID-19パンデミックの影響にも関わらず、2020年9月のサンパウロ市内の住宅販売は、住宅販売並びに新規住宅販売リリース件数ともに増加している。 今年9月のサンパウロ市内の住宅販売件数は、5,147軒と記録を更新した8月比では18.9%減少したが、前年同月比では19.2%増加、9月の過去12か月間では、前年同期比12.7%増加の4万9,715軒を記録している。 9月の新規住宅販売リリース軒数は、前月比22.4%減少の6,238軒であったが、前年同月比40.4%増加、9月の過去12か月間では、1.3%増加の5万6,646軒を記録している。 ブラジル国内50都市の広告に掲載された販売価格を基準にまとめられる1平方メートル当たりの不動産価格動向を取り扱う「FipeZap」によると、2020年9月の前月比の1平方メートル当たりの住宅価格は、前月比0.53%増加と前月の0.37%増加を上回っている。今年初め9か月間の1平方メートル当たりの住宅価格は、2.31%増加してインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)の1.34%上回っている。 9月の住宅販売が好調に推移している要因として、住宅購入クレジット金利の低下並びに参考金利(TR)、インフレ指数並びにポウパンサ預金の連動金利の住宅クレジット販売の多様性をサンパウロ不動産関連業者組合(Secovi-SP)のBasilio Jafet会長は指摘している。 今年のサンパウロ市内の住宅販売は、昨年の4万4,735軒に達する可能性をJafet会長は指摘、また新規住宅販売リリース軒数は、記録更新した昨年の5万5,529軒には達しないと予想している。 9月末の新規アパート在庫は前月比2.9%増加の3万1,800軒、前年同月比19.1%増加している。「COVID-19パンデミック開始直後の3月並びに4月は、現在のような早期回復を予想できる人はいなかった」と「FipeZap」不動産価格担当コーディネーターのEduardo Zylberstajn氏は指摘している。 現在の不動産価格の回復の要因として、不動産需要の回復、過去最低の政策誘導金利(Selic)に伴う確定金利付き投資の減少、一般消費者へのクレジット拡大が不動産販売活性化で価格を押し上げている。 また住宅販売が好調に数している要因として、一般消費者の景況感の改善と先送りしていた住宅購入意欲の上昇で「住宅購入を希望している市民は、COVID-19パンデミックは遅かれ早かれ終息すると見込んでいる」とZylberstajn氏は説明している。

今年第3四半期の不動産市場は急回復(2020年10月13日付けヴァロール紙)

バンク・オブ・アメリカ( BofA)メリルリンチ社の調査によると、2020年第3四半期の不動産市場は住宅需要が急回復傾向を示しており、今後数年間の不動産業界の活況を予想している。 低所得の住宅セグメントで事業を展開する企業は、資金調達で恩恵を受けており、ブラジルの住宅建設会社は、盛んな住宅需要の増加を利用できる状況に置かれている。 低所得者層向けセグメントは、1979年に設立されたミナス州都ベロ・オリゾンテに本社を置く不動産開発業者で中低所得者層向けの不動産開発に強みを発揮するMRV社よりもTENDA及びがDirecional社が有利であり、中流並びに上流の顧客層はCyrela社並びにEven社の住宅購入を選択する傾向となっている。  MRV社は今年10月までに3億3,800万レアルの資金調達、Even社は1億8,600万レアルの資金調達、Direcional社は8,300万レアルの資金調達したが、年末まで堅調に資金調達するとバンク・オブ・アメリカは予想している。 住宅販売速度は加速しており、第3四半期の住宅販売は前四半期比では6.0%増加、資金調達率の低下が需要を増加させるにつれて、即時の現金流入を意味する在庫販売が増加していることも注目に値する。第3四半期の在庫販売は45%増加した。 記録的な低所得層向けの住宅販売は、マーケットシェアを拡大、「MRVの第3四半期のマーケットシェアは2%ポイント増加。大衆住宅はブラジルで非常に細分化されており、国内最大のプレーヤーのMRV社のマーケットっシェアは僅か11.3%に留まっている。 大手不動産会社はCOVID-19パンデミックでもオンライン販売や資金調達が容易で市場を牽引しており、今後の新築住宅リリース軒数の増加やサプライヤーとの価格交渉で有利に進められるために、今年の最終四半期の収益率も順調になると予想されている。 低所得層向け住宅販売のMRV社並びに Direcional社の第3四半期の住宅販売は、記録を更新した前四半期に続いて好調に推移している。また中高所得層向けの住宅建設会社Even社にとって、住宅在庫の完売及び新規住宅リリースで好調な売り上げに繋がっている。最後に、すべての企業にとって、同行は第4四半期に新規住宅リリースで売上が堅調に推移し、利益見積もりも強気の予想となっている。 来週Cyrela社, Tenda社並びにEztec社は決算発表が予定されているが、バンク・オブ・アメリカでは他の不動産会社のように好調な決算発表を見込んでいる。

9月の不動産販売価格は2014年以降で最も上昇(2020年10月6日付けエスタード紙)

ブラジル国内50都市の広告に掲載された販売価格を基準にまとめられる1平方メートル当たりの不動産価格動向を取り扱う「FipeZap」によると、2020年9月の前月比の1平方メートル当たりの住宅価格はインフレ指数を上回る0.53%上昇。9月の住宅価格は過去6年間で最高価格を記録している。8月の1平方メートル当たりの住宅価格は前月比0.37%増加、今年初め9ヶ月間では2.31%増加している。    今年9月の前月比の1平方メートル当たりの住宅価格はインフレ指数の0.43%を上回る0.53%上昇。今年初め9月のインフレ指数1.13%を上回る2.31%増加している。 「COVID-19パンデミック開始直後の3月並びに4月は、現在のような早期回復を予想できる人はいなかった」と「FipeZap」不動産価格担当コーディネーターのEduardo Zylberstajn氏は指摘している。 現在の不動産価格の回復の要因として、不動産需要の回復、過去最低の政策誘導金利(Selic)に伴う確定金利付き投資の減少、一般消費者へのクレジット拡大が不動産販売活性化で価格を押し上げている。 今年8月のサンパウロ市内の住宅販売は、すでにCOVID-19パンデミック前の水準を上回ってV字回復を記録、「住宅購入を希望している市民は、COVID-19パンデミックは遅かれ早かれ終息すると見込んでいる」とZylberstajn氏は説明している。 またCOVID-19パンデミックの影響による外出自粛要請で、多くの労働者は自宅待機やホームオフィスを強いられているために、より快適な空間を求める傾向となって、住宅販売の増加に繋がっている。 9月の州都の住宅価格調査では、ブラジリア市は前月比1.97%、クリチーバ市1.39%、レシーフェ市1.20%、ジョアン・ペソア市0.78%、ベロ・オリゾンテ市0.70%、サルバドール市0.70%、マセイオ市0.66%、ヴィトリアし0.66%、ゴイアニア市0.61%、フォルタレーザ市0.52%、マナウス市0.48%、リオ市0.38%、カンポ・グランデ市0.35%、サンパウロ市0.35%並びにフロリアノポリス市は0.10%それぞれ値上げりした一方で、唯一ポルト・アレグレ市はマイナス0.05%と値下がりしていた。

Casa Verde e Amarela(ブラジルシンボルカラー大衆住宅)プログラムは2024年までに160万家族に住宅提供(2020年8月25日付けヴァロール紙)

2009年のルーラ政権の経済成長加速プログラム(PAC)の大衆住宅建設"私の家、私の暮らし Minha Casa Minha Vida"に替わる“ブラジルシンボルカラー大衆住宅 緑と黄色の家 Casa Verde e Amarela”プログラムは、今日25日にジャイール・ボルソナロ大統領によって発表。国会での暫定令の承認待ちとなっている。 COVID-19パンデミック対応の緊急援助政策など戦時予算承認で、連邦政府の財政が更に悪化している中、政策誘導金利(Selic)が過去最低の2.0%まで低下に伴って、住宅向けクレジットの勤続期間保障基金(FGTS)の金利も減少するために、大衆住宅購入を欲している低所得家族向け新プログラムを推進する。 ブラジルの北部地域並びに北東部地域の家庭収入が月額2,000レアル迄の家族に対して0.5%の金利削減、2,000レアル~2,600レアルの家族に対して0.25%の金利削減、勤続期間保障基金(FGTS)のシェアホルダーの金利は4.25%、その他は4.5%が予定されている。 “ブラジルシンボルカラー大衆住宅 緑と黄色の家 Casa Verde e Amarela”プログラム発表で、「人間開発指数(HDI)の低い北部地域並びに北東部地域に対しては特例が適用される」とロジェリオ・マリーニョ地域開発は強調していたが、パウロ・ゲーデス経済相はセレモニーに参加していなかった。 新プログラム向けファイナンス金利安に加えて、他の地域では月収が2,000レアル以下に限らてれいるが、北部地域並びに北東部地域に限って、月収が2,600レアルの家庭がファイナンスを享受できる。またファイナンスを受けられる住宅価格も底上げされる。また固定給以外のグループにもファイナンスが適用される。 ブラジルシンボルカラー大衆住宅プログラムは、土地の規則化や住居の改善にも取り組み、バスルーム不足などの問題にも対応。プログラム目標は2024年までに200万戸の住宅を規則化し、40万戸の住宅設備改善を促進する。 ブラジルシンボルカラー大衆住宅プログラム向けファイナンスは、勤続期間保障基金(FGTS)から250億レアル、社会開発ファンド(FDS)から5億レアルを調達、2024年末までに直接、間接並びに付随雇用として230万人に雇用創出が見込まれている。18万5,000戸の契約住宅の継続、10万戸の住宅再開、都市化プロジェクトの継続を確実にするために、来年の連邦総予算(OGU)から24億レアルが見込まれている。 ジャイール・ボルソナロ政権発足した2019年の連邦政府は、財政立て直しのために、大半の大衆住宅建設"私の家、私の暮らし Minha Casa Minha Vida"向け投資を中止したにも関わらず、57億8,000万レアルを住宅プログラムに投資している。 昨年の大衆住宅建設向け57億8,000万レアルのうち50億レアルは月収が1,800レアル迄の所得層の大衆住宅建設に充てられた。2019年のFGTSの住宅ファイナンスは620億レアル、今年は610億レアル、そのうち250億レアルはブラジルシンボルカラー大衆住宅プログラム向けファイナンスに充てられる。

今年6月のセメント販売は24.2%増加(2020年7月7日付けヴァロール紙)

2020年6月のブラジル国内のセメント販売は、前年同月比24.2%と二桁増加の520万トンを記録したと全国セメント工業組合(SNIC)のパウロ・カミロ・ペーナ理事長は説明している。 今年3月及び4月のセメント販売は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、外出自粛や必需品以外の営業自粛要請などで国内の経済活動が制限された影響を真面に受けていたが、5月から回復傾向を示していた。 今年5月から国内のセメント需要の兆候が表れ始め、今年は上半期末には無許可で自宅や自営業向けの非正規建設や不動産・建設業が回復傾向を示している。 無許可による自宅や小売店舗建設、住宅建設再開がセメント需要の80%を占め、今年上半期の国内のセメント販売は前年同期比3.6%増加の2,690万トン、残りの20%はインフラ整備向け建設部門が占めた。 今年6月の1日当たりの平均セメント販売は前月比7.7%増加の22万8,000トン、前年同月比では16.1%と二桁台の増加を記録したとペーナ理事長は説明している。 「COVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請で自宅の待機時間の長期化で、自宅の小さな修理や改修に時間を費やせることもセメント販売に寄与した」とペーナ理事長は説明している。 今年6月のブラジル国内のセメント需要は全ての地域で増加したが、特に北東部地域のセメンと需要は28.4%増加、中西部地域は28.1%増加、南東部地域19.3%、南部地域は12.8%増加している。今年上半期のセメント需要は北東部地域が牽引した一方で、北部地域は唯一マイナスを記録していた。 2015年~2018年の経済リセッション時のブラジル国内のセメント消費は27.0%減少していたが、2019年は一転して前年比3.3%増加に転じていた。今年のセメント販売は前年比3.0%増加を全国セメント工業組合(SNIC)は予想している。

今年4月の新築住宅販売は前年同月比39%下落(2020年5月25日付けヴァロール紙)

2020年6月のブラジル国内のセメント販売は、前年同月比24.2%と二桁増加の520万トンを記録したと全国セメント工業組合(SNIC)のパウロ・カミロ・ペーナ理事長は説明している。 今年3月及び4月のセメント販売は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、外出自粛や必需品以外の営業自粛要請などで国内の経済活動が制限された影響を真面に受けていたが、5月から回復傾向を示していた。 今年5月から国内のセメント需要の兆候が表れ始め、今年は上半期末には無許可で自宅や自営業向けの非正規建設や不動産・建設業が回復傾向を示している。 無許可による自宅や小売店舗建設、住宅建設再開がセメント需要の80%を占め、今年上半期の国内のセメント販売は前年同期比3.6%増加の2,690万トン、残りの20%はインフラ整備向け建設部門が占めた。 今年6月の1日当たりの平均セメント販売は前月比7.7%増加の22万8,000トン、前年同月比では16.1%と二桁台の増加を記録したとペーナ理事長は説明している。 「COVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請で自宅の待機時間の長期化で、自宅の小さな修理や改修に時間を費やせることもセメント販売に寄与した」とペーナ理事長は説明している。 今年6月のブラジル国内のセメント需要は全ての地域で増加したが、特に北東部地域のセメンと需要は28.4%増加、中西部地域は28.1%増加、南東部地域19.3%、南部地域は12.8%増加している。今年上半期のセメント需要は北東部地域が牽引した一方で、北部地域は唯一マイナスを記録していた。 2015年~2018年の経済リセッション時のブラジル国内のセメント消費は27.0%減少していたが、2019年は一転して前年比3.3%増加に転じていた。今年のセメント販売は前年比3.0%増加を全国セメント工業組合(SNIC)は予想している。

住宅建築業者は最低3,000レアル以上の受託販売割引キャンペーン開始

2020年6月のブラジル国内のセメント販売は、前年同月比24.2%と二桁増加の520万トンを記録したと全国セメント工業組合(SNIC)のパウロ・カミロ・ペーナ理事長は説明している。 今年3月及び4月のセメント販売は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、外出自粛や必需品以外の営業自粛要請などで国内の経済活動が制限された影響を真面に受けていたが、5月から回復傾向を示していた。 今年5月から国内のセメント需要の兆候が表れ始め、今年は上半期末には無許可で自宅や自営業向けの非正規建設や不動産・建設業が回復傾向を示している。 無許可による自宅や小売店舗建設、住宅建設再開がセメント需要の80%を占め、今年上半期の国内のセメント販売は前年同期比3.6%増加の2,690万トン、残りの20%はインフラ整備向け建設部門が占めた。 今年6月の1日当たりの平均セメント販売は前月比7.7%増加の22万8,000トン、前年同月比では16.1%と二桁台の増加を記録したとペーナ理事長は説明している。 「COVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請で自宅の待機時間の長期化で、自宅の小さな修理や改修に時間を費やせることもセメント販売に寄与した」とペーナ理事長は説明している。 今年6月のブラジル国内のセメント需要は全ての地域で増加したが、特に北東部地域のセメンと需要は28.4%増加、中西部地域は28.1%増加、南東部地域19.3%、南部地域は12.8%増加している。今年上半期のセメント需要は北東部地域が牽引した一方で、北部地域は唯一マイナスを記録していた。 2015年~2018年の経済リセッション時のブラジル国内のセメント消費は27.0%減少していたが、2019年は一転して前年比3.3%増加に転じていた。今年のセメント販売は前年比3.0%増加を全国セメント工業組合(SNIC)は予想している。

コロナウイルパンデミックはサンパウロの賃貸事務所や倉庫契約に足枷

2020年6月のブラジル国内のセメント販売は、前年同月比24.2%と二桁増加の520万トンを記録したと全国セメント工業組合(SNIC)のパウロ・カミロ・ペーナ理事長は説明している。 今年3月及び4月のセメント販売は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、外出自粛や必需品以外の営業自粛要請などで国内の経済活動が制限された影響を真面に受けていたが、5月から回復傾向を示していた。 今年5月から国内のセメント需要の兆候が表れ始め、今年は上半期末には無許可で自宅や自営業向けの非正規建設や不動産・建設業が回復傾向を示している。 無許可による自宅や小売店舗建設、住宅建設再開がセメント需要の80%を占め、今年上半期の国内のセメント販売は前年同期比3.6%増加の2,690万トン、残りの20%はインフラ整備向け建設部門が占めた。 今年6月の1日当たりの平均セメント販売は前月比7.7%増加の22万8,000トン、前年同月比では16.1%と二桁台の増加を記録したとペーナ理事長は説明している。 「COVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請で自宅の待機時間の長期化で、自宅の小さな修理や改修に時間を費やせることもセメント販売に寄与した」とペーナ理事長は説明している。 今年6月のブラジル国内のセメント需要は全ての地域で増加したが、特に北東部地域のセメンと需要は28.4%増加、中西部地域は28.1%増加、南東部地域19.3%、南部地域は12.8%増加している。今年上半期のセメント需要は北東部地域が牽引した一方で、北部地域は唯一マイナスを記録していた。 2015年~2018年の経済リセッション時のブラジル国内のセメント消費は27.0%減少していたが、2019年は一転して前年比3.3%増加に転じていた。今年のセメント販売は前年比3.0%増加を全国セメント工業組合(SNIC)は予想している。

検疫隔離措置による需要減で建築資材業界が減産(2020年4月1日付けバロール紙)

2020年6月のブラジル国内のセメント販売は、前年同月比24.2%と二桁増加の520万トンを記録したと全国セメント工業組合(SNIC)のパウロ・カミロ・ペーナ理事長は説明している。 今年3月及び4月のセメント販売は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、外出自粛や必需品以外の営業自粛要請などで国内の経済活動が制限された影響を真面に受けていたが、5月から回復傾向を示していた。 今年5月から国内のセメント需要の兆候が表れ始め、今年は上半期末には無許可で自宅や自営業向けの非正規建設や不動産・建設業が回復傾向を示している。 無許可による自宅や小売店舗建設、住宅建設再開がセメント需要の80%を占め、今年上半期の国内のセメント販売は前年同期比3.6%増加の2,690万トン、残りの20%はインフラ整備向け建設部門が占めた。 今年6月の1日当たりの平均セメント販売は前月比7.7%増加の22万8,000トン、前年同月比では16.1%と二桁台の増加を記録したとペーナ理事長は説明している。 「COVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請で自宅の待機時間の長期化で、自宅の小さな修理や改修に時間を費やせることもセメント販売に寄与した」とペーナ理事長は説明している。 今年6月のブラジル国内のセメント需要は全ての地域で増加したが、特に北東部地域のセメンと需要は28.4%増加、中西部地域は28.1%増加、南東部地域19.3%、南部地域は12.8%増加している。今年上半期のセメント需要は北東部地域が牽引した一方で、北部地域は唯一マイナスを記録していた。 2015年~2018年の経済リセッション時のブラジル国内のセメント消費は27.0%減少していたが、2019年は一転して前年比3.3%増加に転じていた。今年のセメント販売は前年比3.0%増加を全国セメント工業組合(SNIC)は予想している。

2022年まで不動産価格は年間二桁増加か

2020年6月のブラジル国内のセメント販売は、前年同月比24.2%と二桁増加の520万トンを記録したと全国セメント工業組合(SNIC)のパウロ・カミロ・ペーナ理事長は説明している。 今年3月及び4月のセメント販売は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、外出自粛や必需品以外の営業自粛要請などで国内の経済活動が制限された影響を真面に受けていたが、5月から回復傾向を示していた。 今年5月から国内のセメント需要の兆候が表れ始め、今年は上半期末には無許可で自宅や自営業向けの非正規建設や不動産・建設業が回復傾向を示している。 無許可による自宅や小売店舗建設、住宅建設再開がセメント需要の80%を占め、今年上半期の国内のセメント販売は前年同期比3.6%増加の2,690万トン、残りの20%はインフラ整備向け建設部門が占めた。 今年6月の1日当たりの平均セメント販売は前月比7.7%増加の22万8,000トン、前年同月比では16.1%と二桁台の増加を記録したとペーナ理事長は説明している。 「COVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請で自宅の待機時間の長期化で、自宅の小さな修理や改修に時間を費やせることもセメント販売に寄与した」とペーナ理事長は説明している。 今年6月のブラジル国内のセメント需要は全ての地域で増加したが、特に北東部地域のセメンと需要は28.4%増加、中西部地域は28.1%増加、南東部地域19.3%、南部地域は12.8%増加している。今年上半期のセメント需要は北東部地域が牽引した一方で、北部地域は唯一マイナスを記録していた。 2015年~2018年の経済リセッション時のブラジル国内のセメント消費は27.0%減少していたが、2019年は一転して前年比3.3%増加に転じていた。今年のセメント販売は前年比3.0%増加を全国セメント工業組合(SNIC)は予想している。

建材メーカーでは今年の建材販売は前年比4.0%増加予想

2020年6月のブラジル国内のセメント販売は、前年同月比24.2%と二桁増加の520万トンを記録したと全国セメント工業組合(SNIC)のパウロ・カミロ・ペーナ理事長は説明している。 今年3月及び4月のセメント販売は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、外出自粛や必需品以外の営業自粛要請などで国内の経済活動が制限された影響を真面に受けていたが、5月から回復傾向を示していた。 今年5月から国内のセメント需要の兆候が表れ始め、今年は上半期末には無許可で自宅や自営業向けの非正規建設や不動産・建設業が回復傾向を示している。 無許可による自宅や小売店舗建設、住宅建設再開がセメント需要の80%を占め、今年上半期の国内のセメント販売は前年同期比3.6%増加の2,690万トン、残りの20%はインフラ整備向け建設部門が占めた。 今年6月の1日当たりの平均セメント販売は前月比7.7%増加の22万8,000トン、前年同月比では16.1%と二桁台の増加を記録したとペーナ理事長は説明している。 「COVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請で自宅の待機時間の長期化で、自宅の小さな修理や改修に時間を費やせることもセメント販売に寄与した」とペーナ理事長は説明している。 今年6月のブラジル国内のセメント需要は全ての地域で増加したが、特に北東部地域のセメンと需要は28.4%増加、中西部地域は28.1%増加、南東部地域19.3%、南部地域は12.8%増加している。今年上半期のセメント需要は北東部地域が牽引した一方で、北部地域は唯一マイナスを記録していた。 2015年~2018年の経済リセッション時のブラジル国内のセメント消費は27.0%減少していたが、2019年は一転して前年比3.3%増加に転じていた。今年のセメント販売は前年比3.0%増加を全国セメント工業組合(SNIC)は予想している。

連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引下げ

2020年6月のブラジル国内のセメント販売は、前年同月比24.2%と二桁増加の520万トンを記録したと全国セメント工業組合(SNIC)のパウロ・カミロ・ペーナ理事長は説明している。 今年3月及び4月のセメント販売は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、外出自粛や必需品以外の営業自粛要請などで国内の経済活動が制限された影響を真面に受けていたが、5月から回復傾向を示していた。 今年5月から国内のセメント需要の兆候が表れ始め、今年は上半期末には無許可で自宅や自営業向けの非正規建設や不動産・建設業が回復傾向を示している。 無許可による自宅や小売店舗建設、住宅建設再開がセメント需要の80%を占め、今年上半期の国内のセメント販売は前年同期比3.6%増加の2,690万トン、残りの20%はインフラ整備向け建設部門が占めた。 今年6月の1日当たりの平均セメント販売は前月比7.7%増加の22万8,000トン、前年同月比では16.1%と二桁台の増加を記録したとペーナ理事長は説明している。 「COVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請で自宅の待機時間の長期化で、自宅の小さな修理や改修に時間を費やせることもセメント販売に寄与した」とペーナ理事長は説明している。 今年6月のブラジル国内のセメント需要は全ての地域で増加したが、特に北東部地域のセメンと需要は28.4%増加、中西部地域は28.1%増加、南東部地域19.3%、南部地域は12.8%増加している。今年上半期のセメント需要は北東部地域が牽引した一方で、北部地域は唯一マイナスを記録していた。 2015年~2018年の経済リセッション時のブラジル国内のセメント消費は27.0%減少していたが、2019年は一転して前年比3.3%増加に転じていた。今年のセメント販売は前年比3.0%増加を全国セメント工業組合(SNIC)は予想している。

連邦政府は中間層向けリーディング住宅プログラム発表か

2020年6月のブラジル国内のセメント販売は、前年同月比24.2%と二桁増加の520万トンを記録したと全国セメント工業組合(SNIC)のパウロ・カミロ・ペーナ理事長は説明している。 今年3月及び4月のセメント販売は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、外出自粛や必需品以外の営業自粛要請などで国内の経済活動が制限された影響を真面に受けていたが、5月から回復傾向を示していた。 今年5月から国内のセメント需要の兆候が表れ始め、今年は上半期末には無許可で自宅や自営業向けの非正規建設や不動産・建設業が回復傾向を示している。 無許可による自宅や小売店舗建設、住宅建設再開がセメント需要の80%を占め、今年上半期の国内のセメント販売は前年同期比3.6%増加の2,690万トン、残りの20%はインフラ整備向け建設部門が占めた。 今年6月の1日当たりの平均セメント販売は前月比7.7%増加の22万8,000トン、前年同月比では16.1%と二桁台の増加を記録したとペーナ理事長は説明している。 「COVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請で自宅の待機時間の長期化で、自宅の小さな修理や改修に時間を費やせることもセメント販売に寄与した」とペーナ理事長は説明している。 今年6月のブラジル国内のセメント需要は全ての地域で増加したが、特に北東部地域のセメンと需要は28.4%増加、中西部地域は28.1%増加、南東部地域19.3%、南部地域は12.8%増加している。今年上半期のセメント需要は北東部地域が牽引した一方で、北部地域は唯一マイナスを記録していた。 2015年~2018年の経済リセッション時のブラジル国内のセメント消費は27.0%減少していたが、2019年は一転して前年比3.3%増加に転じていた。今年のセメント販売は前年比3.0%増加を全国セメント工業組合(SNIC)は予想している。

連邦政府は経済活性化でFGTS資金を大衆住宅建設プログラムに投入

2020年6月のブラジル国内のセメント販売は、前年同月比24.2%と二桁増加の520万トンを記録したと全国セメント工業組合(SNIC)のパウロ・カミロ・ペーナ理事長は説明している。 今年3月及び4月のセメント販売は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、外出自粛や必需品以外の営業自粛要請などで国内の経済活動が制限された影響を真面に受けていたが、5月から回復傾向を示していた。 今年5月から国内のセメント需要の兆候が表れ始め、今年は上半期末には無許可で自宅や自営業向けの非正規建設や不動産・建設業が回復傾向を示している。 無許可による自宅や小売店舗建設、住宅建設再開がセメント需要の80%を占め、今年上半期の国内のセメント販売は前年同期比3.6%増加の2,690万トン、残りの20%はインフラ整備向け建設部門が占めた。 今年6月の1日当たりの平均セメント販売は前月比7.7%増加の22万8,000トン、前年同月比では16.1%と二桁台の増加を記録したとペーナ理事長は説明している。 「COVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請で自宅の待機時間の長期化で、自宅の小さな修理や改修に時間を費やせることもセメント販売に寄与した」とペーナ理事長は説明している。 今年6月のブラジル国内のセメント需要は全ての地域で増加したが、特に北東部地域のセメンと需要は28.4%増加、中西部地域は28.1%増加、南東部地域19.3%、南部地域は12.8%増加している。今年上半期のセメント需要は北東部地域が牽引した一方で、北部地域は唯一マイナスを記録していた。 2015年~2018年の経済リセッション時のブラジル国内のセメント消費は27.0%減少していたが、2019年は一転して前年比3.3%増加に転じていた。今年のセメント販売は前年比3.0%増加を全国セメント工業組合(SNIC)は予想している。

連邦政府はFGTSの住宅建設資金の独占廃止を検討

2020年6月のブラジル国内のセメント販売は、前年同月比24.2%と二桁増加の520万トンを記録したと全国セメント工業組合(SNIC)のパウロ・カミロ・ペーナ理事長は説明している。 今年3月及び4月のセメント販売は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、外出自粛や必需品以外の営業自粛要請などで国内の経済活動が制限された影響を真面に受けていたが、5月から回復傾向を示していた。 今年5月から国内のセメント需要の兆候が表れ始め、今年は上半期末には無許可で自宅や自営業向けの非正規建設や不動産・建設業が回復傾向を示している。 無許可による自宅や小売店舗建設、住宅建設再開がセメント需要の80%を占め、今年上半期の国内のセメント販売は前年同期比3.6%増加の2,690万トン、残りの20%はインフラ整備向け建設部門が占めた。 今年6月の1日当たりの平均セメント販売は前月比7.7%増加の22万8,000トン、前年同月比では16.1%と二桁台の増加を記録したとペーナ理事長は説明している。 「COVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請で自宅の待機時間の長期化で、自宅の小さな修理や改修に時間を費やせることもセメント販売に寄与した」とペーナ理事長は説明している。 今年6月のブラジル国内のセメント需要は全ての地域で増加したが、特に北東部地域のセメンと需要は28.4%増加、中西部地域は28.1%増加、南東部地域19.3%、南部地域は12.8%増加している。今年上半期のセメント需要は北東部地域が牽引した一方で、北部地域は唯一マイナスを記録していた。 2015年~2018年の経済リセッション時のブラジル国内のセメント消費は27.0%減少していたが、2019年は一転して前年比3.3%増加に転じていた。今年のセメント販売は前年比3.0%増加を全国セメント工業組合(SNIC)は予想している。

今年のセメント販売は年初予想を上回る3.4%増加か

2020年6月のブラジル国内のセメント販売は、前年同月比24.2%と二桁増加の520万トンを記録したと全国セメント工業組合(SNIC)のパウロ・カミロ・ペーナ理事長は説明している。 今年3月及び4月のセメント販売は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、外出自粛や必需品以外の営業自粛要請などで国内の経済活動が制限された影響を真面に受けていたが、5月から回復傾向を示していた。 今年5月から国内のセメント需要の兆候が表れ始め、今年は上半期末には無許可で自宅や自営業向けの非正規建設や不動産・建設業が回復傾向を示している。 無許可による自宅や小売店舗建設、住宅建設再開がセメント需要の80%を占め、今年上半期の国内のセメント販売は前年同期比3.6%増加の2,690万トン、残りの20%はインフラ整備向け建設部門が占めた。 今年6月の1日当たりの平均セメント販売は前月比7.7%増加の22万8,000トン、前年同月比では16.1%と二桁台の増加を記録したとペーナ理事長は説明している。 「COVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請で自宅の待機時間の長期化で、自宅の小さな修理や改修に時間を費やせることもセメント販売に寄与した」とペーナ理事長は説明している。 今年6月のブラジル国内のセメント需要は全ての地域で増加したが、特に北東部地域のセメンと需要は28.4%増加、中西部地域は28.1%増加、南東部地域19.3%、南部地域は12.8%増加している。今年上半期のセメント需要は北東部地域が牽引した一方で、北部地域は唯一マイナスを記録していた。 2015年~2018年の経済リセッション時のブラジル国内のセメント消費は27.0%減少していたが、2019年は一転して前年比3.3%増加に転じていた。今年のセメント販売は前年比3.0%増加を全国セメント工業組合(SNIC)は予想している。

連邦貯蓄金庫は住宅クレジット金利を引き下げ

2020年6月のブラジル国内のセメント販売は、前年同月比24.2%と二桁増加の520万トンを記録したと全国セメント工業組合(SNIC)のパウロ・カミロ・ペーナ理事長は説明している。 今年3月及び4月のセメント販売は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、外出自粛や必需品以外の営業自粛要請などで国内の経済活動が制限された影響を真面に受けていたが、5月から回復傾向を示していた。 今年5月から国内のセメント需要の兆候が表れ始め、今年は上半期末には無許可で自宅や自営業向けの非正規建設や不動産・建設業が回復傾向を示している。 無許可による自宅や小売店舗建設、住宅建設再開がセメント需要の80%を占め、今年上半期の国内のセメント販売は前年同期比3.6%増加の2,690万トン、残りの20%はインフラ整備向け建設部門が占めた。 今年6月の1日当たりの平均セメント販売は前月比7.7%増加の22万8,000トン、前年同月比では16.1%と二桁台の増加を記録したとペーナ理事長は説明している。 「COVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請で自宅の待機時間の長期化で、自宅の小さな修理や改修に時間を費やせることもセメント販売に寄与した」とペーナ理事長は説明している。 今年6月のブラジル国内のセメント需要は全ての地域で増加したが、特に北東部地域のセメンと需要は28.4%増加、中西部地域は28.1%増加、南東部地域19.3%、南部地域は12.8%増加している。今年上半期のセメント需要は北東部地域が牽引した一方で、北部地域は唯一マイナスを記録していた。 2015年~2018年の経済リセッション時のブラジル国内のセメント消費は27.0%減少していたが、2019年は一転して前年比3.3%増加に転じていた。今年のセメント販売は前年比3.0%増加を全国セメント工業組合(SNIC)は予想している。

今年第1四半期のサンパウロ市の住宅売買件数は二桁増加

2020年6月のブラジル国内のセメント販売は、前年同月比24.2%と二桁増加の520万トンを記録したと全国セメント工業組合(SNIC)のパウロ・カミロ・ペーナ理事長は説明している。 今年3月及び4月のセメント販売は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、外出自粛や必需品以外の営業自粛要請などで国内の経済活動が制限された影響を真面に受けていたが、5月から回復傾向を示していた。 今年5月から国内のセメント需要の兆候が表れ始め、今年は上半期末には無許可で自宅や自営業向けの非正規建設や不動産・建設業が回復傾向を示している。 無許可による自宅や小売店舗建設、住宅建設再開がセメント需要の80%を占め、今年上半期の国内のセメント販売は前年同期比3.6%増加の2,690万トン、残りの20%はインフラ整備向け建設部門が占めた。 今年6月の1日当たりの平均セメント販売は前月比7.7%増加の22万8,000トン、前年同月比では16.1%と二桁台の増加を記録したとペーナ理事長は説明している。 「COVID-19パンデミックの影響で、外出自粛要請で自宅の待機時間の長期化で、自宅の小さな修理や改修に時間を費やせることもセメント販売に寄与した」とペーナ理事長は説明している。 今年6月のブラジル国内のセメント需要は全ての地域で増加したが、特に北東部地域のセメンと需要は28.4%増加、中西部地域は28.1%増加、南東部地域19.3%、南部地域は12.8%増加している。今年上半期のセメント需要は北東部地域が牽引した一方で、北部地域は唯一マイナスを記録していた。 2015年~2018年の経済リセッション時のブラジル国内のセメント消費は27.0%減少していたが、2019年は一転して前年比3.3%増加に転じていた。今年のセメント販売は前年比3.0%増加を全国セメント工業組合(SNIC)は予想している。