水曜日, 10月 20, 2021

年末のIT関連機器販売はドル高で不振予想

2015年のコンピューター販売は、レアル通貨に対するドル高の為替、国内経済リセッションによる消費者の景況感悪化、失業率の増加、クレジット金利の上昇による与信強化、インフレの高止まりなどの要因で前年比32%減少の700万台に留まるとブラジルIDC協会では見込んでいる。 アップル社は先週金曜日に16GBのスマートフォンをリリースしたにも関わらず、レアル通貨に対するドル高の高騰が影響してインフレ指数を差引いた実質販売価格は13%上昇している。 ブラジルIDC協会では今年のスマートフォン販売は前年比10%減少の4、880万台を予想、伝統的に第1四半期のスマートフォン販売は低調であるにも関わらず、今年の第1四半期販売は1、410万台と前年同期比33%増加していた。 しかし第4四半期のスマートフォン販売は、前年同期比22%減少の1、250万台に留まるとブラジルIDC協会のレオナルド・ムニン会長は予想、ドル高の為替の影響で低価格帯スマートフォンの平均価格は678レアルから30%増加の880レアルに上昇している。 ブラジル国内で生産されるスマートフォン向け部品の85%は輸入部品であり、ドル高の為替で生産コスト並びにインフレ高騰による人件費コスト上昇がスマートフォン価格に転嫁されている。 国内の経済リセッション、インフレ抑制のための政策誘導金利の上昇、失業率増加で一般消費者の景況感悪化、IT関連機器販売小売店では、今週末から始まるブラックフライデー並びに年末のクリスマス商戦で在庫の一掃を目論んでいる。 連邦政府は1、500レアルまでのスマートフォンに課していた1.65%のPIS(社会統合基金)並びに7.60%のCofins(社会保険融資負担金)の免税を予定通り11月末で撤廃すれば年末までのスマートフォンの売上は、予想を大幅に下回ると業界スペシャリストは分析している。 今年第1四半期のスマートフォン販売は前年同期比33%増加、タブレットは20%減少、コンピュータは20%減少、前記同様に第2四半期はマイナス13%、マイナス33%、マイナス38%、第3四半期はマイナス20%、マイナス34%、マイナス38%であったが、第4四半期はマイナス22%、マイナス33%、マイナス30%がそれぞれ予想されている。(2015年11月16日付けエスタード紙)  

今年上半期の家電販売は二桁減少

今年上半期のガスオーブンや洗濯機、冷蔵庫などの家電販売は、前年同期比11.0%減少の740万台に留まったと全国電気電子製品メーカー協会(Eletros)のロウリヴァル・キスーラ会長は説明している。 今年上半期のガスオーブン販売は前年同期比18.0%減少、価格の最も安い卓上電気製品は19.0%減少、昨年上半期のテレビ販売はワールドカップの影響で大幅に伸びた影響で今年上半期のテレビ販売は39%と大幅に減少している。 今年上半期のガスオーブンや洗濯機、冷蔵庫などの家電販売は、一般消費者の景況感の悪化並びにクレジットに対する与信の強化などの要因で落ち込んでいるにも関わらず、業界関係者はこれ以上の販売不振にはならないと楽観的な見方をしている。 家電メーカーMuller社営業・マーケティング担当のアレシャンドレ・ピレス・ダ・ルース取締役は、下半期に50%近い低価格の新規家電製品の市場投入で販売増加を見込んでいる。 中国資本の家電メーカーTCL社は、今年末までにサムスンやLG、ソニーが独占しているスマートテレビなどの自社ブランドの家電製品をブラジルの家電市場に投入してマーケットシェア拡大を図る。(2015年7月21日付けヴァロール紙)    

第1四半期の家電販売は15%減少

全国電気電子製品メーカー協会(Eletros)の発表によると、今年第1四半期のガスオーブンや洗濯機、冷蔵庫などの家電販売は前年同期比15%減少している。 昨年の第1四半期の家電販売はワールドカップ開催前のテレビ販売が牽引して前年同期比10%増加したが、今年第1四半期の家電販売は、国内経済の停滞や金利の上昇、一般家庭の負債増加などの要因で、消費が低迷しているために大幅な減少に転じている。 ブラジル地理統計院(IBGE)の2月の月間小売調査によると、家電・家具販売は前年同月比10.3%減少して調査開始した2000年以降では最大の落ち込みを記録している。 家電メーカー大手のWhirlpool社ではサンパウロ州のリオ・クラーロ工場並びにサンパウロ工場、サンタ・カタリーナ州ジョインヴィーレ工場の従業員に対して生産調整のために集団休暇を採用している。 Whirlpool社の第1四半期の冷蔵庫販売は前年同期比4.9%減少、洗濯機は1.5%減少したが、食器洗い機は28%増加、電子レンジは8.0%増加している。(2015年4月27日付けヴァロール紙)

2014年のコンピューター販売は前年比26%減少

ブラジルIDC協会の調査によると、2014年のコンピューター販売は、ワールドカップや大統領選挙並びにレアル通貨に対するドル高の為替、国際経済の停滞、与信の強化、クレジット金利の上昇、インフレの高止まりなどの要因で前年を大幅に下回った。 2014年のコンピューター販売は前年比26%減少の1,030万台、そのうち個人向けコンピューター販売は前年比31%減少の400万台、法人向けコンピューター販売は前年比22%減少の630万台であった。 昨年の第4四半期のコンピューター販売は前年同期比25%減少の270万台、前四半期非では3.0%増加、そのうちデスクトップは96万6,000台、ノートブックは170万台であった。 昨年の第4四半期のコンピューター販売が大幅に減少した要因として、小売業者がクリスマス商戦向けではなくブラックフライデー向けに9月中にコンピューターの在庫を抱えたためと予想されている。(2015年3月6日付けエスタード紙)  

今年上半期の白物家電販売は前年同期比5.0%減少

全国電気電子製品メーカー会(Eletro)のロウリヴァル・キスーラ会長は、今年上半期の白物家電販売は前年同期比5.0%減少したが、下半期には白物家電販売は回復すると予想している。 今年上半期のテレビ販売はワールドカップ開催の需要で前年同期比16%増加、しかしワールドカップ開催の6月から白物家電販売は減少に転じており、6月は前年同月比1.8%減少、7月は9.6%と大幅に減少している。 ブラジル地理統計院(IBGE)の調査によると、5月の白物家電販売は前年同月比7.9%増加したにも関わらず、ワールドカップ開催後の6月並びに7月の白物家電販売は大幅に落ち込んでいる。 Eletroのロウリヴァル・キスーラ会長は、今後ガスオーブン並びに洗濯機、冷蔵庫の販売増加が期待できると予想しているにも関わらず、金融市場関係者は高止まりする金利や景気後退で白物家電販売の先行きの不透明感が増加してきていると見込んでいる。(2014年9月16日付けエスタード紙)  

今年上半期の白物家電販売は過去10年間で最低

全国電気電子製品メーカー協会(Eletros)の発表によると、ワールドカップ開催でテレビ販売の影響を受けてガスオーブン並びに冷蔵庫、洗濯機などの今年上半期の白物家電販売は、前年同期比12%減少して過去10年間では最低を記録している。 Eletros協会の統計によると、第2四半期の白物家電販売は白物家電向け工業製品税(IPI)の減税政策の継続並びに、5,000レアルまでの家具並びに家電製品向けのクレジット拡大政策“よりよい私の家Minha Casa Melhor"にも関わらず、前年同期比20%と大幅に落ち込んでいる。 ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、7月の家電や工作機械向けの機械・装置セクターの在庫は、16.7%増加と前月の16.2%増加から更に上昇している。 Brastempや Consulの白物家電ブランドを擁するラテンアメリカ最大の家電メーカーのWhirlpool社のロウリヴァル・キスーラ代表は、今年上半期の白物家電販売は予想を大幅に下回ったと説明している。 Electrolux社では洗濯機並びにガスオーブンを生産している工場の臨時従業員120人の契約延長を停止、6月には4,600人の従業員に集団休暇を与えて生産調整を行っていた。(2014年8月4日付けエスタード紙)

外灯向け400億レアルのLED販売で競争激化

ショッピング街のモールライト、住宅街の防犯灯、高速道路の照明向けなど省エネ性能・長寿命といった特性からブラジル国内の外灯向け予算400億レアルのLED販売で競争激化してきている。 サンパウロ市の外灯56万1,000柱のLED販売には11社が入札に参加しており、30年間で最高237億レアルの投資が見込まれているために、LEDメーカー大手のGE社並びに Philips社、 Unicoba社が入札に参加している。 Philips社並びにAES Eletropaulo社はコンソーシアムを組んで入札に参加、30年間の外灯メンテナンスの投資総額は27億レアル、そのうち外灯交換費用は12億レアルが見込まれている。 消費電力が50%低減できるLEDを生産するPhilips社のミナス州ヴァージニア工場ではLED増産のために工場の拡張を計画している。(2014年7月21日付けエスタード紙)    

今年のコンピューター販売は前年比15%減少を予想

今年のデスクトップやノートブックなどのブラジル国内のコンピューター販売は、タブレット端末やスマートフォンの売上上昇に伴って減少してきており、前年比25%減少すると予想されている。 今年上半期のデスクトップやノートブックなどのコンピューター販売は、前年同期比28%減少、ブラジル地理統計院(IBGE)の統計によると一般家庭の46%はすでにコンピューターを所有している。 デル社のコンピューター販売は世界のマーケットシェアの14%を占めているが、ブラジル国内の今年第1四半期のコンピューター販売の市場占有率は、12.2%と中国資本レノボ社の13.5%を下回っている。 1984年設立のデル社は一時、世界最大のパソコンメーカーとして君臨していたが、消費者の嗜好がタブレット端末やスマートフォンなどに移ったことでパソコンメーカー各社は苦戦しており、同社のマイケル・デル社長は、マネージメントバイアウト(MBO)を通して株式を非公開化することで経営再建を急いでいる。(2014年7月14日付けエスタード紙)  

サムスンは4Kテレビをワールドカップ前にリリー

サムスンはフルハイビジョンの4倍の高画質化を追求した4Kテレビ(UHD)を6月12日開催のワールカップ前にブラジル市場に投入、年内中に10万台の4Kテレビを販売する。 ワールドカップの年の平均テレビ販売は前年比5%から7%増加するが、今年はブラジルで開催されるために、サムスンでは前年比15%から20%の販売増加を予想している。 4Kテレビはすでに韓国並びに米国で販売されており、サムスンはテレビ販売では、8年連続で世界トップを維持しており、4Kテレビの開発には30億ドルを投資している。 サムスンは2012年にブラジルで4Kテレビを販売したが、その時の価格は10万レアル、2013年の4Kテレビの価格は1万レアルから2万レアル、今回の4Kテレビの最も安い価格は8,000レアルとなっている。(2014年3月25日付けエスタード紙)    

サムスンは4Kテレビをワールドカップ前にリリース

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

今年のタブレット端末販売はノートブックを上回る予想

IDCコンサルタント社では、今年のタブレット端末販売予想は、1,080万台でノートブック販売予想の840万台を上回る予想、2013年のタブレット端末販売は、790万台でノートブック販売820万台を下回った。 今年のタブレット端末販売の中心は、ノートブックよりも安価なタブレット端末と予想されており、2013年のタブレット端末は、790万台でデスクトップ型PC販売570万台を上回っており、2014年のデスクトップ型PC販売は470万台が予想している。 IDCコンサルタント社は、今年のタブレット端末並びにスマートフォン、ノートブック、デスクトップ型PC販売の81%は、タブレット端末並びにスマートフォンが占めると予想、世界平均は83%に達している。 IDCコンサルタント社は、今年の通信機器並びに情報機器の販売は前年比9.2%増加を予想、2013年は9.5%と世界平均4.0%を大幅に上回っており、ブラジルの通信機器並びに情報機器のマーケット規模は、米国並びに中国、日本に次いで世界4位となっている。(2014年2月6日付けエスタード紙)  

コラム記事【2014年到来、今後どうすべきか?】

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

白物家電と家具のIPI減税率を縮小

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

エイケ・バチスタ氏はSIX Semicondutores社の経営陣から去るか

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

Philco社はマナウス・フリーゾーンでセルラーフォン生産予定

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

企業家の圧力で白物家電のIPI減税率を微調整

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

沖電気はイタウーテッキ社と提携して中南米のATM市場に参入

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

(特別記事)電気電子業界の発展と求められる新たな必要収支

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

マイクロソフトは2億レアルを投資して最先端技術開発センターを建設

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

BNDES銀行は実業家エイケ・バチスタ氏のSIXセミコンダクターに資本参加

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。