土曜日, 11月 27, 2021

Speedyは再度インターネット接続で問題発生

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

デジタル放送ISDB-T方式を南米諸国へ売込み

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

白物家電への減税効果がすでに表れている

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

薄型テレビの販売が好調

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

コンプレサー販売で価格カルテル

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

ワールプールの純益が76%減少

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

昨年の最終四半期のコンピューター販売は10%減

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

教育促進基金向けラップトップ15万台はComsat社が落札

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

POSITIVOの株価は買収の噂で上昇

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

エレクトロラックスはMabeをデザインコピーで訴える

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

価格の安い家電販売に方向転換

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

フィリップスはラテンアメリカで好調維持

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

シンメトリックスがブラジルで半導体チップ工場建設

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

iPhone販売でブラデスコがクレジット

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

コンピューター販売増加に伴って半導体製品輸入急増

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

ブラジルのIT技術競争力は43位

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

地上デジタル放送チューナー購入向けクレジット開始か

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

白物家電の省エネ化が進んできている

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

セルラー電話輸出が回復してきた

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。

模造マザーボードの減少でデジトロンの売上は40%増加

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、COVID-19パンデミックによる外出自粛に伴ってホームオフィスやオンライン授業向け需要の急増、ドル高の為替の影響で、2020年6月のノートブック価格の値上がり幅は前月比1.73%増加、2013年9月の値上幅1.79%に次ぐ記録で過去7年間で最高の値上がり幅を記録している。今年6月の過去12か月間のインフレ指数の消費者物価指数(IPC)は4.2%と2016年10月の4.69%に接近している。 ドルの為替が高止まりで部品の大半が輸入品で為替の影響を受けやすく、また今後もホームオフィス形態システム導入によるノートブック需要の継続で今後のノートブック価格は高止まりするとジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのAndré Braz氏は指摘している。 今年1月1日から3月22日迄のノートブック販売は前年同期比22.0%増加、3月23日から4月19日迄は26.0%増加、4月20日から6月28日は93.0%と約倍増している。 今年1月のコンピューターや周辺機器の小売販売価格は前年同月比0.76%増加、2月はマイナス0.45%、3月はマナイス0.09%を記録していたが、COVID-19パンデミックでホームオフィスやオンライン授業の増加に伴って4月は0.69%増加、5月は1.15%、6月は1.73%増加している。 ノートブックメーカーのLenovo社並びにSamsung社の4月以降のノートブックの売上は二桁台の伸び率を記録、ブラジル国内のノートブック市場規模は年間60億レアル~70億レアル。ブラジル電気電子工業会(Abinee)は、今年のノートブック売上を前年比6.0%~7.0%増加を予想している一方で、電気電子業界の売上は昨年を下回ると予想している。 Lenovo Brasil社のRicardo Bloj社長は、ノートブックの部品の95%は輸入品であり、レアル通貨に対するドル為替が一時6.00レアル近くに達したために、最終消費者への価格転嫁を検討していたが、今後の為替は安定すると予想している。 COVID-19パンデミック開始の今年3月第2週以降のノートブック需要は、企業のホームオフィス形態導入で前年同月比19.0%上昇、4月の需要は減少したが、5月の需要は上昇に転じている。 サンパウロ州カンピーナス市並びにアマゾナス州マナウス市にノートブック工場を擁しているSamsung Brasil社の3月中旬から6月初めのノートブック販売は1月初めから3月上旬比では26.0%と大幅増加している。