金曜日, 11月 26, 2021

今年唯一の石油・天然ガス鉱区入札は12月4日(2020年11月11日付けヴァロール紙)

COVID-19パンデミックの影響による世界的な景気後退及び外出自粛など移動制限で、石油派生品の需要減少に伴って世界中の石油・天然ガス入札が軒並み先送りされている。 ブラジル石油監督庁(ANP)では、今年中に予定されていたブラジル国内の石油・天然ガス鉱区入札の中止を余儀なくされているが、12月4日に今年唯一となる石油・天然ガス鉱区入札をCOVID-19パンデミック向けプロトコールに沿った入場制限による入札を実施、入札の模様はオンラインで放映される。 12月4日の石油・天然ガス鉱区入札はリオ市のシェラトンホテルで開催。入札にかけられる石油鉱区は、サントス海盆、エスピリット・サントス海盆、カンポス開権、パラナ、アマゾナス、レコンカーヴォ、セルジッペ-アラゴアス、ポチグア、ツカノやソリモンエス鉱区など14鉱区の入札に62企業が参加を表明している。 ブラジル国内では今年予定されていた第7回及び第8回石油生産ラウンド、第17回及び第18回石油入札が2021年に先送りされるが、12月4日に入札は今年唯一の入札となる。 2019年に予定していたSépia鉱区やAtapu鉱区などの有望な石油・天然ガス鉱区入札は、今年もCOVID-19パンデミックの影響で先送りを余儀なきされている。 仮にこれらの岩塩層下プレソルト原油開発向け入札が2021年に実施すされれば、これに匹敵する他国での石油・天然ガス鉱区入札は見当たらないために、海外投資家は挙って入札に参加すると鉱山エネルギー省(MME)管轄の電力エネルギー調査公社(EPE)では予想している。

海外投資家は来年のブラジル国内の石油入札に注目(2020年11月5日付けエスタード紙)

2019年に予定していたSépia鉱区やAtapu鉱区などの有望な石油・天然ガス鉱区入札は、今年もCOVID-19パンデミックの影響で先送りを余儀なきされている。 仮にこれらの岩塩層下プレソルト原油開発向け入札が2021年に実施すされれば、これに匹敵する他国での石油・天然ガス鉱区入札は見当たらないために、海外投資家は挙って入札に参加すると鉱山エネルギー省(MME)管轄の電力エネルギー調査公社(EPE)では予想している。 COVID-19パンデミックの影響で、ブラジル以外の産油国でも石油・天然ガス入札の先送りを余儀なくされているが、ブラジル国内では今年予定されていた第7回及び第8回石油生産ラウンド、第17回及び第18回石油入札が2021年に先送りされている。 EPEが依頼したコンサルタント会社Rystad Energy社の調査によると、今年の世界中の石油・天然ガス入札の探査地域の許可数は前年比60%減少。2021年のブラジル国内の石油鉱区の入札案件は少ないにも関わらず、海外投資家の注目を集めると予想されている。 EPEの調査によると、2021年に計画されている石油・天然ガス鉱区の入札の大半は、シエラレオネ、セネガル、リベリア、ソマリア、フィリピンなどの生産リスクが高い国が多い。ナイジェリアは、海外投資家にとって他のアフリカ諸国よりも魅力的な石油鉱区を擁しているが、国内の政治的内部紛争や地政学的リスクが非常に高い。 今年末から2021年に予定されている石油入札で、ブラジルにとって最大の脅威は、メキシコ湾と米国のアラスカで予定されている3回の入札と見られている。米国が2019年の石油鉱区入札で落札した378鉱区は総額4億3,000万ドルであったが、昨年のブラジル国内のカンポス盆地の1工区の入札は10億ドルで落札されていた。 また来年はノルウエー、マレーシア並びにカナダでも石油・天然ガス鉱区の入札が予定されているが、これらの産油国の入札はブラジル同様に生産、インフラ並びに地質学的知識が整った国となっている。 2020年~2021年の石油・天然ガス向け投資は2019年比で29.0%減少が見込まれているとRystad Energy社は予想。特に石油の国際コモディティ価格減少に伴って、シェールガス地域の開発投資はマイナス52%、オイルサンド (Oil sand)あるいはタールサンド(Tar sands)地域はマイナス44.0%が予想されている。 ラテンアメリカ地域ではCOVID-19パンデミックの影響でブラジル並びにヴェネズエラの石油生産は減少した一方で、メキシコ並びにギアナの石油生産は増加している。

7月の天然ガス消費が回復(2020年10月7日付けヴァロール紙)

ブラジル都市ガス配給会社協会(Abegás)の発表によると、今年7月の天然ガス消費は、COVID-19パンデミックの影響で消費が大幅に落ち込んだ影響で前年同月比マイナス14.3%を記録している。 今年7月の1日当たりの平均天然ガス消費は、COVID-19パンデミック期間中の大幅減少から一転して前月比1.2%増加の5,187万立方メートルと徐々に回復傾向を示している。 COVID-19パンデミックの影響で、今年4月及び5月の天然ガス消費は大幅に減少していたが、ブラジル国内全体の経済活動の再開に伴って、6月から天然ガスの消費は増加傾向を示しているとAbegás協会のAugusto Salomon会長は説明している。 今年7月の商業部門の天然ガス消費は、前年同月比マイナス47.24%と半減、特に電力エネルギー部門消費はマイナス39.27%、製造業部門の天然ガス消費はマイナス6.19%であった。 今年7月の商業部門の天然ガス消費は、前月比15.38%と二桁増加を記録、自動車業界向け天然ガス消費は11.23%増加、ブラジル国内の天然ガスの供給を受けているのは370万Unitsに達している。

ペトロブラスは岩塩層上(ポストソルト)鉱区並びにポートフォーリオ資産売却を加速(2020年9月16日付けヴァロール紙)

ペトロブラス石油公社は、COVID-19パンデミック後初めて5年間の短期投資計画の見直しを実施、特に同社のコア事業に位置付けされている岩塩層下プレソルトに投資金を集中させる。 同社の原油生産を牽引する生産減少傾向にある岩塩層下(プレソルト)のサントス海盆ブージオ油田向け投資を最大240億ドル削減、今後数年間で石油の国際コモディティ価格減少予想に対して、生産減少傾向の油田の売却を進める。 同社は2021年~2025年の新たな短期5か年計画では、投資総額を400億ドル~500億ドルへの下方修正を余儀なくされている。最大640億ドルが見込まれていた2020年~2024年の5か年投資計画よりも最小22%~最大37%の削減を余儀なくされている。 またペトロブラスはレアル通貨に対するドル高の為替の影響以外にも、プレソルト鉱区の最適化、新たな自社資産売却の見直し並びにポートフォーリオプロジェクトの見直しを進める。 2020年~2024年の5か年投資計画では、1日当たりの石油生産を270万バレル(BOE)から350万バレルへの増産計画であったが、Ativa Investimentos社アナリストのIlan Arbetman氏は、原油開発プロジェクトの中止や先送り、予想を上回る生産減少の可能性もある一方で、岩塩層下原油開発の生産コスト削減が今後の利益確保を左右する要因となっている。 投資計画見直しの一環として、投資金をコア事業のプレソルト油田開発に集中するために、地上油田や海洋油田の売却を余儀なくされて原油生産に結びつくが、生産量が減少してきているプレソルト油田の生産維持には更なる投資が必要なために、ペトロブラスが100%の権益を持っている油田も売却対象となっている。 ペトロブラスにとって岩塩層上(ポストソルト)油田は投資削減の大半を占め、2025年迄の前回の投資計画では185億ドルが見込まれていたが、新たな計画では40%~52%減少に相当する88億ドル~110億ドルに変更する。2015年の岩塩層上ポストソルト油田の原油生産は200万バレルであったが、今では100万バレルに減少している。 ペトロブラスは現在の負債総額910億ドルを2022年には600億ドルまで減少する計画となっているが、株主に対する配当金支給に対する新たなポリシー導入が避けられない。

ペトロブラスは岩塩層上(ポストソルト)鉱区並びにポートフォーリオ資産売却を加速(2020年9月16日付けヴァロール紙)

ペトロブラス石油公社は、COVID-19パンデミック後初めて5年間の短期投資計画の見直しを実施、特に同社のコア事業に位置付けされている岩塩層下プレソルトに投資金を集中させる。 同社の原油生産を牽引する生産減少傾向にある岩塩層下(プレソルト)のサントス海盆ブージオ油田向け投資を最大240億ドル削減、今後数年間で石油の国際コモディティ価格減少予想に対して、生産減少傾向の油田の売却を進める。 同社は2021年~2025年の新たな短期5か年計画では、投資総額を400億ドル~500億ドルへの下方修正を余儀なくされている。最大640億ドルが見込まれていた2020年~2024年の5か年投資計画よりも最小22%~最大37%の削減を余儀なくされている。 またペトロブラスはレアル通貨に対するドル高の為替の影響以外にも、プレソルト鉱区の最適化、新たな自社資産売却の見直し並びにポートフォーリオプロジェクトの見直しを進める。 2020年~2024年の5か年投資計画では、1日当たりの石油生産を270万バレル(BOE)から350万バレルへの増産計画であったが、Ativa Investimentos社アナリストのIlan Arbetman氏は、原油開発プロジェクトの中止や先送り、予想を上回る生産減少の可能性もある一方で、岩塩層下原油開発の生産コスト削減が今後の利益確保を左右する要因となっている。 投資計画見直しの一環として、投資金をコア事業のプレソルト油田開発に集中するために、地上油田や海洋油田の売却を余儀なくされて原油生産に結びつくが、生産量が減少してきているプレソルト油田の生産維持には更なる投資が必要なために、ペトロブラスが100%の権益を持っている油田も売却対象となっている。 ペトロブラスにとって岩塩層上(ポストソルト)油田は投資削減の大半を占め、2025年迄の前回の投資計画では185億ドルが見込まれていたが、新たな計画では40%~52%減少に相当する88億ドル~110億ドルに変更する。2015年の岩塩層上ポストソルト油田の原油生産は200万バレルであったが、今では100万バレルに減少している。 ペトロブラスは現在の負債総額910億ドルを2022年には600億ドルまで減少する計画となっているが、株主に対する配当金支給に対する新たなポリシー導入が避けられない。

アルゼンチンはポルト・アレグレ市への天然ガスパイプライン輸送プロジェクトを提示(2020年9月14日付けヴァロール紙)

新任の在ブラジルアルゼンチン大使館のDaniel Rittner大使は、アルゼンチンのVaca Muerta地域で生産されているシェールガスをブラジルの南大河州都のポルト・アレグレ市まで輸送する天然ガスパイプライン輸送プロジェクトを紹介している。 Daniel Rittner大使はジャイール・ボルソナロ大統領に対して、同パイプライン輸送計画を公式紹介。ポルト・アレグレ市から南部地域やサンパウロ州市場への輸送はブラジル側が投資を行う。 アルゼンチンのNeuquén県内Vaca Muerta地域から国境の南大河州ウルグアイアナ市までの1,430キロメートルのパイプライン設置の投資総額は37億ドルが見込まれているが、アルゼンチン政府が資金調達を行う。 ウルグアイアナ市からポルト・アレグレ市までの600キロメートルのパイプライン設置の投資総額は12億ドル、資金調達はブラジル政府が行う。パイプライン設置の工期は18ヶ月で1日当たり1,500万立方メートルのシェールガス輸送が可能となる。 1日当たりのパイプラインによる天然ガス輸送能力は3,000万立方メートルとボリヴィアからブラジルに輸送するGasbolパイプラインに匹敵する能力を擁している。 現在のアルゼンチンは、1日当たり300万立法メートルの天然ガスをウルグアイアナ火力発電所向けに非定期的に輸出。特に旱魃で水力発電所向けダムの水位が減少した時に輸出している。 現在のサンパウロでの天然ガスのコストは100 万 Btu当たり11ドル相当であるが、パイプライン設置後のポルト・アレグレの天然ガスのコストは、僅か7.0%ドルまで下げることが可能となる。 Vaca Muerta地域からブラジルへの天然ガスのパイプライン設置はブラジル市場への直送だけでなく、膨大なシェールガスの埋蔵量が確認されているVaca Muerta地域への海外投資家の天然ガス開発の牽引効果に結びつく。 2011年にVaca Muerta地域の巨大な天然ガス埋蔵量が確認されており、現在の1日当たりの天然ガス生産は7,000万立法メートル、石油も15万バレル生産している。大半は水圧破砕法(Hydraulic Fracturing)でシェールガス生産が行われており、Shell社, Exxon社並びにTotal社がNeuquén県で生産している。

7月のペトロブラスの石油生産は前月比2.8%増加(2020年8月19日付けヴァロール紙)

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年7月のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は前月比2.8%増加の229万7,000バレルを記録、今年1月の232万バレル並びに2019年ン月の233万バレルに次ぐ3位の生産量を記録。前年同月比では11.8%と二桁台の生産増加を記録している。 今年4月並びに5月の世界の石油需要は、COVID-19パンデミックの影響で落ち込んでいたが、5月下旬から世界の需要増加に伴って石油の国際コモディティ価格が緩やかな上昇傾向を示している。 今年7月のペトロブラスの1日当たりの天然ガス生産は、前月比2.8%増加の999万2,400立方メートル。7月の石油並びに天然ガスを合わせた生産は前月比2.8%増加の292万6,000バレル(BOE)を記録している。 今年9月から岩塩層下(プレソルト)原油・天然ガス開発プラットフォームのメンテナンス開始の影響で、今年最終四半期の石油生産は270万バレル前後に留まると予想されている。 ペトロブラスは国内の石油生産の74.6%を生産、また同社の7月の国内外の1日当たりの平均石油生産は307万8,000バレルに達している。今年7月のブラジルの1日当たりの石油・天然ガスの平均生産は、前月比2.0%増加の389万8,000バレル(BOE)を記録。そのうちプレソルトの生産は70%に達している。

電力エネルギー消費は回復傾向(2020年7月16日付けヴァロール紙)

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

ペトロブラス石油公社は希望退職制度などの活用で1万5,000人以上の職員削減(2020年7月13日付けヴァロール紙)

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

ブラジルの石油生産は世界トップ10を維持(2020年6月30日付けヴァロール紙)

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

今年4月の電力エネルギー消費は鉱工業部門や商業部門の低迷でマイナス6.6%(2020年6月1日付けエスタード紙)

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

今年第1四半期のペトロブラスの純益は485億レアルの赤字計上(2020年5月14日付けヴァロール紙)

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

エタノール生産工場の4分の1は閉鎖を余儀なくされる(2020年5月2日付けエスタード紙サイト)

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

パンデミック危機による電力消費量の減少で大口需要家が契約条件の柔軟化を要求(2020年4月28日付けバロール紙)

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

石油価格下落で地方政府はロイヤリティ収入減少が不可欠(2020年4月28日付けエスタード紙)

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

現在の石油価格では、業界の中小企業は2週間で寿命が尽きる

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

内部留保の確保に向け企業が2019年度決算の配当支払いを先送り(2020年4月13日付けバロール紙)

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

ペトロブラスは投資削減と執行部の大幅給与カット

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

昨年のペトロブラスの純益は401億レアルで記録更新

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

昨年のペトロブラスの国内の原油生産は記録更新

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。