土曜日, 1月 22, 2022

電力消費が5.4%増加

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

サンパウロ電力会社を民営化

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

新たに岩塩地層下の油田を発見

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

北東地域では旱魃で節電入りの可能性

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

サント・アントニオ水力発電所は最高入札価格を35%下回った

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

今後10年間で温室効果ガス排出は倍増

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

フランス向けバイオジーゼル生産

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

エッソ買収でマーケットシェアが大きく変わる

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

エクアドル政府への配当率を50%から99%に

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

不法電力接続防止に7億レアルを投資

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

太陽光温水システム装置が30%増加

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

日照りは電力料金を押上げる

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

ペトロブラスは南米のエッソ網買収を検討

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

ウルトラはエッソのガソリンポスト網に注目

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

2010年にはエタノール燃料消費がガソリンを上回る

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

燃料輸入が増加

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

Eikeは天然ガス採掘事業に参入

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

バイオ燃料の寿命は短い

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

ペトロブラスはメキシコ湾の石油開発を促進

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。

ペトロブラスはアマゾンの天然ガス開発を重視

ブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、2020年のペトロブラス石油公社の1日当たりの石油生産量は、前四半期比3.0%減少の214万7,000バレルに留まった。 同社の今年第2四半期の石油生産減少の要因として、COVID-19パンデミックの影響による世界的な経済後退による石油の需要減少に起因しており、ペトロブラスの5月のブラジル国内の石油生産は底を打ったが、6月から既に回復傾向を示している。 ペトロブラスの6月の1日当たりの平均石油生産は前月比9.2%増加の223万4,000バレル、6月の石油生産は今年上半期では1月に次ぐ生産量を記録している。 またブラジル石油監督庁(ANP)の発表によると、今年上半期のペトロブラスの1日当たりの石油生産は、前年同期比14.0%増加の218万1,000バレルを記録している。 今年6月のブラジル国内の1日当たりの石油生産は前月比8.9%増加の301万3,000バレルに達している。今年4月~6月の月間平均石油生産は前年同期比10.7%と二桁台の伸び率を記録している。