今年5月の世界の粗鋼生産は3.5%減少(2022年6月21日付ヴァロール紙)

64カ国の約170鉄鋼メーカーが加盟しているベルギーのブリュッセルに本部のある世界鉄鋼協会(Worldsteel)の発表によると、2022年5月の世界の粗鋼生産は、前年同月比3.5%減少に相当する1億6,950万トンに留まり、特に中国の粗鋼生産の減少が顕著で、またその他の粗鋼精査国の生産も減少している。

世界生産の約半分以上のマーケットシェアを占める今年5月の中国の粗鋼生産は、前年同月比3.5%減少の9,660万トンと1億トンを下回っている。

今年初め5か月間の世界の累積粗鋼生産は、2月末からのロシアによるウクライナ侵攻などの要因で、前年同期比6.3%減少の7億9,180万トンに留まり、また中国の今年初め5か月間の粗鋼生産は、前年同期比8.7%減少の4億3,500万トンに留まっている。

2021年の中国の鉄鋼生産は、中国政府による環境問題及び国内経済の減速による国内向けの粗鋼生産調整などの要因で、6年ぶりの前年割れを記録していた経緯があった。

中国の中国工業情報化部では「昨年上半期では新型コロナウイルス感染収束後の経済の急速な回復の延長線上で、鋼材市場は生産・販売ともに好調だったが、下半期は需要の収縮や経済の下振れに、鋼材の生産能力・生産量、輸出抑制策の実施が加わり、粗鋼生産量の大幅な減少につながった」と分析していた。

一方昨年のインドの粗鋼生産は、前年比17.3%の二桁増加を記録した一方で、日本の粗鋼生産は4.2%減少、米国は2.6%、韓国1.4%、ドイツ11.5%、トルコ1.4%並びにブラジルは4.9%とそれぞれ前年を下回っている。

今年2月25日からのロシアによるウクライナへの侵攻による欧米のロシアへの経済制裁の影響で、ロシアの5月の粗鋼生産は、前年同月比1.4%減少の640万トンに留まっていると世界鉄鋼協会(Worldsteel)では予想している。

今年の鉄鋼製品輸入は内需の減少で大幅減少予想(2022年5月3日付ヴァロール紙)

上昇を続けるインフレや政策誘導金利、レアル通貨に対するドル為替のボラティリティ、ブラジル国内経済の停滞による需要減少に伴って、2022年の鉄鋼製品輸入は大幅に減少すると予想されている。

中国の主要都市のロックダウンの影響で、ブラジルへの貨物輸送は180日を要する遅延、国内経済停滞による鉄鋼製品需要減少などの要因で、今年のブラジル国内の鉄鋼製品消費は、前年比1.5%増加に留まるとブラジル鉄鋼協会(IABr)では予想している。

好調な穀物生産が牽引してトラック販売が好調を維持している一方で、特に半導体の供給問題による新車の生産減少が余儀なくされ、ブラジル国内の鉄鋼製品需要は低調に推移している。

昨年から続く建設不動産部門は好調を維持して、70平方メートルから90平方メートルの新築アパートのリリース軒数は堅調に推移しているが、今後の更なる住宅販売向けローン金利の上昇が足かせになると予想されている。

また今年の鉄鋼製品輸入の減少予想要因として、ロシアによるウクライナ侵攻、輸入鉄鋼製品の50%以上を依存している中国のCOVID-19対応のロックダウンによる中国の鉄鋼製品減産及び輸送ロティステック問題の発生を指摘している。

今年第1四半期のブラジル国内の鉄鋼製品販売は前年同期比マイナス19.7%、鉄鋼製品消費はマイナス17.7%を記録した一方で、今年3月の圧延鋼輸出は28.3%増加を記録している。

今年第1四半期の平板鋼輸入は、5.3%増加の544,800トンを記録した一方で、建設業向け棒鋼輸入は、マイナス17.1%の268,900トン、今年第1四半期の鉄鋼製品輸入はマイナス3.4%を記録している。

2021年の鉄鋼製品輸入は、前年比144.2%の大幅増加の497万トンを記録した一方で、ブラジル国内の鉄鋼製品生産は、20207月~20216月にかけてのCOVID-19パンデミックによる減産を強いられたためにマイナス12.0%を記録、今年の鉄鋼製品輸入は、国内消費の16.3%に相当する438万トンが見込まれている。

今年のブラジルの粗鋼生産は増産予想を維持(2022年4月27日付ヴァロール紙)

2022年のブラジルの粗鋼生産は、しかし今年2月下旬のロシアによるウクライナ侵攻、高金利やインフレの高止まりなどの悪影響にも拘らず、国内の鉄鋼製品消費拡大で粗鋼生産の増産予想を維持するとブラジル鉄鋼協会(IABr)は発表している。

64カ国の約170鉄鋼メーカーが加盟している世界鉄鋼協会(Worldsteel)は、ウクライナ侵攻や中国のロックダウンなどの影響で世界的な需要減退を予想、今年のブラジルの粗鋼生産は、昨年の230%増加から一転してマイナス8.5%を予想している。

今年のブラジルの粗鋼生産は前年比2.2%増加の3,700万トン、粗鋼消費は1.5%増加の2,690万トン、国内販売は2.5%増加の2,300万トン、粗鋼製品輸出は1.5%増加の1,110万トン、粗鋼製品輸入はマイナス12.0%の430万トンをブラジル鉄鋼協会(IABr)経営審議会のMarcos Faraco会長は説明している。

持続可能な代替エネルギー部門の拡大、多くの新規インフラ整備プロジェクト、建設不動産業界の継続する活性化、堅調な農業部門、機械・装置部門の旺盛な需要、世界的なロディスティック問題発生による輸出拡大のチャンスなどの要因で、ブラジル国内の鉄鋼製品需要は、拡大するとMarcos Faraco会長は指摘している。

ブラジル鉄鋼業界では今年の産業界の投資拡大を予想、今年の投資総額は119億レアル、2026年迄の投資総額は525億レアルに達するとブラジル鉄鋼協会(IABr)のMarco Polo de Mello Lopes会長は予想している。

今年第1四半期のブラジルの粗鋼生産は、前年同期比マイナス2.4%に相当する8503,000トン、国内の粗鋼販売はマイナス19.7%の4766,000トンに留まった一方で、輸出は28.3%増加の3443,000トンを記録している。

今年第1四半期の圧延鋼輸入は、前年同期比マイナス3.4%の813,670トン、同期のブラジル国内の粗鋼製品消費は、17.7%減少の5594,000トンに留まっている。ブラジルの各鉄鋼メーカーは、相次いで鉄鋼製品の値上げをしている。

大手産業工作機械メーカーROMI社の第1四半期の純益は47.0%増加(2022年4月27日付ヴァロール紙)

大手産業工作機械メーカーROMI社の2022年第1四半期の株主配当金支払いを考慮した純益は、前年同期比47.0%増加の3038,800レアルを記録、昨年第1四半期の純益は、2067,000レアルに留まっていた。
今年第1四半期のROMI社の純売上は、顧客への製造コスト上昇の価格転嫁の合意を受けて前年同期比28.2%増加の28,530万レアル、特に受注残高は14.1%増加の79,130万レアルと好調に推移している。
ROMI社の事業別の受注では、ブラジル国内市場を管轄するMáquinas Romi社及びブラジル国内の大手企業向け部品製造の鋳物関連会社、ヨーロッパやアジア市場を管轄するBurkhardt+Weber(BW)の業績は、昨年から堅調に回復してきている。
ROMI社の今年第1四半期のオペレーションコストは、前年同期比13.9%増加に相当する5,700万レアルを記録、税引前利益に支払利息と減価償却費を加算したもので、総資本に対してどの程度のキャッシュフローを産みだしたかを簡易的に示す(Ebitda) は、13.1%増加の4,000万レアルを記録している。

ブラジルの鉄鋼メーカーは4月から平板価格を20%値上げ(2022年4月4日付ヴァロール紙)

ロシアによるウクライナ侵攻の影響を受けて、鉄鉱石や石炭の国際コモディティ価格の高騰及びドルに対するレアル通貨の上昇で、今年4月からブラジル国内の平板鋼価格は、20%前後の大幅な値上げを余儀なくされている。

ドルに対するレアル通貨がR$4.70に上昇して、国内外の鉄鋼製品価格が縮小してきているが、今後も継続してドル安の為替が続くか非常に不透明となっていると金融市場関係者は指摘している。

41日からナショナル製鉄所(CSN)及びウジミナス製鉄所は、鉄鋼製品価格を2分割で20%の値上げを発表、CSN41日に12.5%値上げ、今月15日に7.5%値上げでトータル20%の値上げを行う。

一方ウジミナス製鉄所は、41日に15%の値上げを発表、今月15日から20日にかけて再度5.0%の値上げを予定している。

熱間圧延鋼、冷間圧延鋼、亜鉛メッキ鋼板、塗装用缶などの塗装済み鋼板は、5月初めから7.5%の値上げをナショナル製鉄所(CSN)Luiz Fernando Martinez営業取締役は、示唆している。

平板鋼を生産しているエスピリット・サント州セーラ製鉄所及び冷間圧延鋼や亜鉛メッキ鋼板を生産しているサン・フランシスコ・ド・スール製鉄所を擁するアルセロールミッタル製鉄所は、 ナショナル製鉄所(CSN)及びウジミナス製鉄所と同じ率の値上げを今月4日から行う。

ブラジルの鉄鋼メーカーによる値上げで影響を受けるのは建設業、機械・装置部門、家電業界、農業機械、自動車業界及び鉄鋼卸売業界となっているが、自動車業界の年2回の価格調整で鉄鋼メーカーと長期契約をしている。

ロシアによるウクライナ侵攻の影響で、鉄鉱石や石炭の国際コモディティ価格の高騰で1トン当たりの半完成品の鋼板価格は、600ドルから既に1,150ドル~1,180ドルと約2倍に高騰している。ウクライナ侵攻後の石炭価格は約2倍に相当する700ドルに高騰、鉄鉱石価格も30ドル上昇している。

中国国内の1トン当たりの熱間圧延鋼板価格は、880ドル~900ドルで推移しているが、ロシアやウクライナが輸出していたヨーロッパ市場でマーケットシェアを拡大している。

今年2月の世界の粗鋼生産は前年同月比マイナス5.7%の1億4,270万トン(2022年3月22日付けヴァロール紙)

世界鉄鋼協会(World Steel Association)の発表によると、2022年2月の加盟国64カ国の粗鋼生産は、前年同月比マイナス5.7%の1億4,270万トンに留まっている。

今年2月の世界の粗鋼生産が前年同月比マイナス5.7%を記録した主因として、中国の粗鋼生産が前年同月比マイナス10%と二桁台の減産を記録している。

今年初め2か月間の世界の累計粗鋼生産は、前年同期比マイナス5.5%に相当する2億9,940万トンに留まっており、とくに中国の粗鋼生産は、マイナス10.0%に相当する1億5,800万トンであった。

加盟国64カ国の粗鋼生産は世界全体の98%を占め、オーストラリア、中国、インド、日本、ニュージーランド、台湾、ベトナム、パキスタン並びに韓国のアジア及びオセアニア地域の粗鋼生産は、世界全体の72%を占めている。

今年2月の中国に次ぐ世界2位の粗鋼生産国のインドの生産は、前年同月比7.6%増加の1,010万トンを記録した一方で、日本の粗鋼生産はマイナス2.3%、韓国はマイナス6.0%を記録していた。

今年2月の世界5位のロシアの粗鋼生産は、マイナス1.4%の580万トンを記録したが、先月25日から開始したロシアによるウクライナ侵攻で3月の粗鋼生産は、大幅な減産になると予想されている。

今年2月の米国の粗鋼生産は1.4%増加、ブラジルはマイナス6.9%に相当する270万トン、今年初め2か月間の累計粗鋼生産は、前年同期比マイナス5.8%を記録している。

CSN製鉄は20%の鉄鋼製品価格の値上げ発表(2022年3月16日付けヴァロール紙)

実業家スタインバック氏率いるナショナル製鉄所(CSN) は、製造コスト上昇で収益が圧迫されているために、卸売業者やメーカーなどの顧客に対する4月からの大幅な値上げを余儀なくされている。

ナショナル製鉄所(CSN) は、ロシアによるウクライナ侵攻の影響で、原材料並びに消費財コストの上昇で顧客に対する価格転嫁を余儀なくされており、平板鋼並びに棒鋼価格を4月1日に12.5%、同15日に7.5%、合計20%に達する値上げの発表をLuiz Fernando Martinez取締役は説明している。

ナショナル製鉄所(CSN)による4月からの値上げ対象製品は、建設部門向け鉄筋に加えて、熱間圧延鋼、冷間圧延鋼および亜鉛メッキコイル、塗装済みおよびガルバリウム鋼が値上げの対象となっているが、錫メッキ鋼として知られている金属シートは今回の値上げの対象外となっている。

今回の20%の鉄鋼製品の値上げは、卸売り会社並びに白物家電メーカー、機械・装置メーカー並びに建設業部門の顧客が対象となっているが、一般最終消費者への値上げは避けられない。

ロシアによるウクライナ侵攻前の1トン当たりの鉄鋼メーカー向け石炭価格は400ドルであったが、現在は650ドル~700ドルに高騰している。1トン当たりの粗鋼生産には600キロの石炭消費が必要となっている。

今年1月3日の含有量が62%の1トン当たりの鉄鉱石価格は119.50ドルであったが、現在は135ドルで推移、前期同様石炭価格は354.40ドルから650ドルに高騰、レアル通貨に対するドルの為替は、R$5.63からR$5.15と37.5%高騰しているとMartinez取締役は説明している。

ロシア及びウクライナから鉄鋼製品を供給していたヨーロッパ及びトルコでの粗鋼供給を補うために、同社のポルトガル支店からの出荷に力を入れているとMartinez取締役は説明している。

昨年のナショナル製鉄所は平板鋼並びに棒鋼製品を460万トン販売したが、そのうちブラジル国内の販売は全体の2/3に相当する318万トンを占めていた。

ウクライナに対する軍事侵攻で鉄鋼価格が上昇(2022年3月3日のヴァロール紙)

ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻の影響を受けて、先週末のブラジルの1トン当たりの鉄鋼製品価格は740ドルであったが、今では1トン当たり最低でも780ドルでの取引価格に上昇している。

ロシアがウクライナに対する軍事侵攻に踏み切って1週間が経過、今後のロシアとウクライナの戦況次第では、世界5位の粗鋼生産のロシアやウクライナの粗鋼生産に影響を及ぼす恐れがあるために、今後の平板鋼や鋼板の供給国の減産による世界の鉄鋼製品の値上がりが避けられない可能性が濃厚となってきている。

ブラジル国内の輸出用平板鋼メーカーとして、Techintグループ傘下のTernium社、ヴァーレ社並びに韓国資本のDongkuk社及びPosco社のペセン製鉄所CSP、アルセロール・ミタル・ツバロン社、Gerdau社も余剰スラブを輸出している。

粗鋼や鉄鋼メーカー向け原材料は値上りしており、1トン当たりの圧延鋼の中国のFOB価格は、800ドルから880ドルに上昇している。また鉄鋼メーカー向け1トン当たりの石炭価格は250ドルから400ドルに高騰している。

2021年のロシアの粗鋼生産は7,600万トン、ウクライナの粗鋼生産は2,100万トンと世界の85%の鉄鋼メーカーが加盟している世界鉄鋼協会(Worldsteel)では発表している。

ロシア及びウクライナの鉄鋼製品の輸出相手国は、ヨーロッパ連合及びアジア諸国、またブラジルはロシアから粗鋼製品を輸入している。また両国は鉄鉱石や付加価値の高い高炉向けパレットの中国及びヨーロッパ連合向け輸出国でもある。

2022年1月の鉄鋼卸売販売は、前年同月比8.1%大幅減少(2022年2月22日付けエスタード紙)

ブラジル鉄鋼卸売業者協会(Inda)の発表によると、2022年1月のブラジル国内の鉄鋼卸売業者による厚板、冷間、熱間圧延や亜鉛メッキ材などの鉄鋼製品販売は、前年同月比8.1%減少の29万8,500トンに留まっている。

2021年の1年間の鉄鋼卸売業者による鉄鋼製品販売は、前年比0.7%微減の359万トンであった。今年1月のブラジル国内の鉄鋼メーカーからの卸購買及び輸入鉄鋼製品は、前年同月比10.0%減少の30万2,400トンに留まっている。

昨年1年間のブラジル国内の鉄鋼メーカーからの卸購買及び輸入鉄鋼製品は、ワクチン接種拡大による国内経済の回復に伴って前年比7.6%増加の373万トンであった。

今年1月の鉄鋼卸売業者の鉄鋼製品在庫は、前月比0.5%微増の81万8,000トン、前年同月比の鉄鋼製品在庫は19.1%と大幅な在庫となっている。

今年1月の鉄鋼卸売業者の鉄鋼製品在庫81万8,000トンは、営業日数換算では2.7ヶ月と適正な在庫水準を保っている。今年2月の鉄鋼卸売業者の鉄鋼製品販売及び購買は、それぞれ5.0%増加が予想されている。また今年2月の鉄鋼製品在庫は、前月比0.5%増加の82万2,100トン、営業日数換算では2.6ヶ月が見込まれている。

今年の機械・装置メーカーの投資総額は155億レアル予想(2022年1月27日付けヴァロール紙)

2022年の機械・装置業界は、生産性向上のための機械設備の近代化を中心に154億5,000万レアルの投資予定、売上総額を前年比6.0%引上げるとブラジル機械装置工業会(Abimaq)のJosé Velloso会長は説明している。

2021年の機械・装置業界の投資総額は、Covid-19パンデミックの影響で落ち込んでいた前年比68.0%大幅増加の145億2,000万レアルを記録していた。

今年の機械・装置業界の投資総額154億5,000万レアルの38.2%は、業界の生産性エフィシエンシー向上のための最先端テクノロジーの導入に充てられるとJosé Velloso会長は説明している。

今年の業界の純売上総額は前年比6.0%増加を予想、2021年の輸出などを含む売上総額は、前年比21.6%増加の2,224億4,000万レアル、名目売上(消費)は、前年比14.8%増加の3,089億1,000万レアル、国内純売上は、25.3%増加の1,680億8,000万レアルを記録していた。

昨年の機械・装置業界の売上は過去最高を更新したが、今年はインフラ整備部門並びに建設業部門が牽引して、大幅な伸び率が見込まれている。機械・装置生産は前年比4.5%増加、輸出は15.6%の大幅増加とブラジル機械装置工業会(Abimaq)では楽観的な見方をしている。

昨年の機械メーカーの受注残は、営業日数換算で10.8週に相当、前年比21.3%増加を記録していた。また機械メーカーの設備稼働率は79.2%に達していた。

昨年の機械・装置業界の輸出総額は、前年比34.2%増加の93億⒎000万ドルに対して、輸入総額は、23.4%増加の211億6,000万ドルと依然として100億ドルを上回る貿易赤字を計上している。

昨年の機械・装置業界の従業員総数は、前年よりも4万2,000人増加の36万⒎500人を雇用、今年の業界の従業員総数は、前年比5.0%増加が予想されている。