水曜日, 10月 20, 2021

今年4月のブラジルの粗鋼生産は39%下落、設備稼働率も42%下落(2020年5月25日付けヴァロール紙)

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

4月の平板鋼販売は37.6%下落(2020年5月19日付けヴァロール紙)

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

2020年の州別・地域別GDPは南東部と北部、北東部で相対的に大きな打撃 2020年4月24日付けバロール紙)

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

機械・装置部門は新型コロナウイルス危機以降すでに1万1,000人の解雇を余儀なくされている

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

COVID-19の影響でZFMのメーカーでも2020年4月から集団休暇を続々実施(2020年4月2日付けバロール紙)

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

中国資本XCMG社はグループ傘下サプライヤー誘致で工業団地建設

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

今年10月の世界の粗鋼生産は1.8%減少の1億5,150万トン

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

ブラジルの鉄鋼メーカーの第3四半期決算は軒並み悪化

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

今年初め7か月間の機械・装置部門販売は2.4%増加

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

CSNは中国資本とストリーミング契約締結検討

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

米中貿易摩擦の煽りで中国製鉄鋼製品がラテンアメリカに流入

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

ヨーロッパ連合は7種類のブラジル鉄鋼製品に対して輸入制限発令か

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

ウジミナスの第3四半期の純益は243%増加

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

ブラジル機械・装置工業会は輸出好調も為替の安定を要請

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

ゲルダウ社は過去4年間で65億レアルに達する資産売却

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

今年7月の鉄鋼製品消費は12%増加

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

今年の粗鋼生産は3,580万トンに下方修正

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

米国の中国製鉄鋼やアルミ製品輸入規制でブラジルの業界は戦戦恐恐

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

米国のブラジルの粗鋼輸出規制でカリフォルニア・スチール社は1,000人失業か

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...

ブラジル鉄鋼メーカーは成長サイクルに再突入か

2020年初め5か月間の建設機械販売は、前年同期比35.0%の8000台を大幅増加を記録、今年1年間の建設機械販売は、前年比15.0%増加の2万台をブラジル機械装置工業会(Abimaq)では予想している。 この建設機械販売には、土木、建設並びに運搬作業などに用いられる掘削機、ブルドーザー、フロントショベル機、バックホー機、農業関連。ローダー、コンプレッサー、各種クレーンが含まれている。 COVID-19パンデミックにも拘らず、今年初め5か月間の建設機械販売が好調に推移している要因として、建設部門や農畜産部門、インフラ整備関連の公共入札が牽引していると中国資本のブラジルXCMG社ファイナンス・法務担当のWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社は2014年にミナス州ポウゾ・アレグレ市で設立、今年上半期は、ミナス州政府及び連邦政府の道路補修用建設機械の入札案件及び農畜産部門向けの機械類販売が好調であったとWay Chien部長は説明している。 ブラジルXCMG社の今年上半期の建設機械類販売は、前年同期比15.0%増加の2億5000万レアル、今年の販売は昨年の4億7000万レアルを上回る5億レアルを見込んでいる。 ブラジルXCMG社のミナス州の代理店網Triama Norte Tratores社オーナーのGilberto Galter dos Santos氏は、今年の建機販売は農畜産部門と入札案件が牽引。「農場向け農業関連トラクターの販売が好調で上半期は18.0%~20%増加、下半期も二桁台の販売増加」を予想している。 サンパウロ州ソロカバ市のJCB社のAlisson Brandes営業取締役は、農畜産部門並びに民間投資が牽引して、今年並びに来年は前年比15.0%前後の伸び率を予想している。 JCB社は10種類の建設・農業向け機械を生産、今年上半期は1,200台を生産したが、今年1年間では2,500台の生産予定しているが、年間生産能力は1万台で設備稼働率が非常に低いとAlisson Brandes営業取締役は指摘している。 Volvo CE América...