土曜日, 1月 22, 2022

杓田美代子氏

杓田美代子氏 2006/04/01紹介者-桜井悌司ジェトロ所長/山田唯資監事会議長所属部会-コンサルタント部会自社(自己)PRブラジルの経済及び政治の情報収集、日本サイドのニッケイコロニアへの要望またはその逆の場合などの知識を得るために入会しました。杓田美代子氏(個人会員)

高山直己ジャパンデスク社長

高山直己ジャパンデスク社長 2006/03/01入会目的-日本企業及び日本市場への緊密化を図るため。弊社の事業を商工会議所会員の方々へ広く紹介して参りたい。紹介者-桜井悌司ジェトロ所長/鈴木孝憲デロイト会計事務所最高顧問所属部会-コンサルタント部会自社(自己)PR情報出版サービスにより日本企業の活動をサポートして20年、ブラジルビジネス情報の提供と共に、市場調査、翻訳、各種講演会を主催。主な定期刊行物1.週刊ブラジルレポート2.ブラジルビジネス最前線3.ブラジル経済データバンク主な刊行物1.ブラジルの税制体系2.貿易実務3.労務管理と労働法4.輸出の制度5.輸入制度6.移転価格税制7.日ポ手紙の書き方8.ポ日法律用語集高山直己ジャパンデスク社長

パウロ・グァラニーポウザーダ・ド・ブラジル社/シーザーパークホテル・シーザーパークビジネスホテルグループ

パウロ・グァラニーポウザーダ・ド・ブラジル社/シーザーパークホテル・シーザーパークビジネスホテルグループ 2005/11/01入会目的-パートナー推薦者- CBB,YKK所属部会ー運輸サービス自社(自己)PRシーザーパーク・インターナショナルエアーポートホテル及びシーザーパーク・ファリア・リマホテルは、シックでゴージャスな雰囲気の中で、至れり尽くせりのサービスを提供しています。またシーザーパーク・パウリスタホテルは、モダンでカジュアルな雰囲気中、ビジネスマンに安らぎを提供しています。ホテルの予約:電話 0800 55 72 75http://www.posadas.comhttp://www.caesarpromo.com.brパウロ・グァラニーポウザーダ・ド・ブラジル社

高橋哲也Gestetner社代表

高橋哲也Gestetner社代表 2005/10/01入会目的-ブラジル市場に関する情報収集・交換のため紹介者-SONY社、PANASONIC社所属部会-電気電子自社(自己)PR弊社はステンシル印刷機を発明した英国Gestetner社のブラジル法人として1970年に設立されましたが、1995年に株式会社リコーが英国Ges社を買収したことに伴い、リコーグループの100%子会社となりました。現在ではリコー製品(デジタル複写機、印刷機、プリンター、スキャナー、ドキュメントソリューション等)を幅広くGestetnerブランドにて取り扱っています。本社はRio de Janeiroにあり、ブラジル市場を自社チャネル及びディーラー70社でカバーしています。お客様の業務効率化を実現するトータルなネットワークオフィスソリューションを提案すべく、今後とも企業努力を重ねていく所存です。是非宜しくお願い致します。http://www.gestetner.com.brtodd.takahashi@ricoh-usa.com 高橋哲也Gestetner社代表(リコーラテン・アメリカ社)

マウロ・マサオ・ジョーハシRCS Auditores 社長

マウロ・マサオ・ジョーハシRCS Auditores 社長 2005/08/01入会目的-コンサルタント業務を通じ、進出企業の支援、各種セミナーの開催紹介者-YAMATO Comercilの元社員(現RCS社員)の天野ウーゴ氏推薦者-破入マルコス氏(Authente),Sidinei Ivanol氏(Omron)自社(自己)PRRCSの専門は中小企業の会計監査でございます。 現今の激しい市場では伝統的な監査のみでなく、構造コスト、業務戦略、リスク管理全て評価し、会社の全ての管理やプロセスのfollow-upが必要となっています。信頼できる全面的な報告をすぐに手に入れると、決定が早くなり経営者は有意義な仕事の結果が期待できます。RCSは、日本を含めて、世界90カ国ネットワークのMRIという、監査法人協会のメンバーです。 私どもの社長は南米・ラチィンアメリカMRIの代表をつとめております。監査以外にも、M&A, tax planning, 経営戦略planning, 財務分析など多数のサービスをさせていただいております。マウロ・マサオ・ジョーハシRCS Auditores 社長

河田明久光製薬社長

河田明久光製薬社長 2005/07/01入会目的-ブラジルの情報収集所属部会-化学部会紹介者-デニーゼ・オオタニ氏(久光製薬)推薦者-三角岳明住友三井銀行社長/ラウー高木アルファインテル社長 自社(自己)PR 当社は、1986年に久光製薬㈱100%出資の現地法人として営業を開始しました。2002年に、マナウス市にサロンパス商品の本格工場を設立し、同時に本社をマナウス市へ移転、サンパウロを営業拠点としております。現在、ブラジル国内で販売されているサロンパスは、すべてこのマナウス工場で製造されているものです。 また、当社は2001年よりブラジルでサロンパスカップ(国際女子バレーボール大会)を毎年開催しており、ブラジル社会のスポーツ普及にも貢献しております 本年も、8/26~9/3にサンパウロ市イビラプエラ体育館で第5回サロンパスカップを開催する予定ですので、是非、観戦にお越しください。 私、河田は本年5/9に赴任いたしました。ブラジルでのビジネスに関しては、まだ右も左も分からない状態です。皆様方のご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。河田明久光製薬社長

堀井浩志  ブラジル郵船航空サービス有限会社 社長

堀井浩志  ブラジル郵船航空サービス有限会社 社長 2005/07/01入会目的-多国籍企業とのビジネス関係の強化紹介者-運輸サービス部会長の平野氏推薦者-日通の平野社長、NYKの丸山社長 自社(自己)PR弊社では、1997年11月に当地に進出以来、日系のお客様を中心に、航空・海上輸出入貨物の取扱いに携わってまいりました。現在では、日本国内約60箇所、当社を含め26海外法人約140箇所の自社ネットワーク並びに40数カ国をカバーする海外代理店を結んだ営業・サービス・情報網により、お客様の物流ニーズにお応えできる体制を構築し、今後もさらに増強してまいります。また、日本郵船グループの総合力を生かし、更に充実したサービス体制の構築に取り組んでおります。後とも、お客様にご満足いただけるサービス提供を心掛けてまいりますので、国際輸送に係るご用命がございましたら、なんなりとお申し付けください。また、弊社に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。TEL : +55-11-3262-1459http://www.yusen.co.jp/ブラジル郵船航空サービス有限会社堀井浩志 社長

西村允之サン・クロレラ ブラジル社長

西村允之サン・クロレラ ブラジル社長 2005/07/01入会目的-各種税制情報と食品業界の情報入手紹介者-金融部会長の村田氏推薦者-ブラデスコ銀行の村田氏、双日の古橋社長サン・クロレラ ブラジル1969年創業、京都本社。クロレラ主体の健康食品製造販売会社で、日本から北米、欧州、東南アむけ世界各国に輸出しています。生産工場はインドネシア、海外販売拠点は米国LA、NY、ドイツ・デユセルドルフ、北京、上海に次いで03年4月サンパウロ進出。05年3月輸入販売開始しました。 クロレラは淡水産の緑藻の一種で良質たんぱく質60%、ビタミンAをはじめ各種ビタミン類、鉄分をはじめとするミネラル類など、人体の生理機能を潤滑にし、健康を維持するための成分も豊富に含みます。他にも9種類の必須アミノ酸、人体の成長や病気の治癒のために必要な準必須アミノ酸もバランス良く含有する自然食品です。美肌効果、老化防止、免疫力増進、排毒作用など注目されています。お問合せ 0800-702-5201自己紹介1947年函館市出身。家族2男2女趣味油絵。02年まで日商岩井勤務。2度伯国駐在経験あり。妻はブラジル日系二世、伯国外務省勤務。現在、在東京ブラジル総領事館副領事。http://www.sunchlorella.com.br/西村允之サン・クロレラ ブラジル社長

下川興シゲン・レフリジェラソン社長

下川興シゲン・レフリジェラソン社長 2005/07/01入会目的-経済、金融、商業界の情報交換紹介者-コンサルタント部会長の桜井氏推薦者-ジェトロ・サンパウロ事務所々長の桜井氏、安田保険の遠籐氏自社(自己)PRブラジルに於ける産業用冷凍プラント35年の実績営業内容一般用食肉工場水産物加工プラント製氷プラント冷却水プラント化学プラント主要製品冷凍用熱交換器(コンデンサー,エバポレータ)圧力容器(レシーバー、セパレーター、オイルタンク、etc)冷凍及び蒸気バルブエアーカーテン営業事務所 OSASCO-SP電話 11-3688-4040工場 ARARAS-SP下川興シゲン・レフリジェラソン社長

川本章K-I・ケミカル社長

川本章K-I・ケミカル社長 2005/07/01入会目的-政治、経済、社会及び業界情報を入手し、製品の安定供給につなげる。紹介者-化学部会の松尾社長推薦者-住友ケミカルの松尾社長、三菱商事の山川部長自社(自己)PR弊社は農薬の研究から販売までを一貫して行うクミアイ化学工業㈱と、クミアイ化学によって独自に開発された化合物の製造を担うイハラケミカル工業㈱の出資により約30年前に当地に設立されたイハラベンス社をその前身とし、近年のクミカ農薬の順調な普及と開発剤の増加を背景に、ブラジル及び南米におけるクミカ農薬の開発、普及拠点として約2年半前に設立されました。クミカ農薬の迅速なる開発と安定的供給を通しブラジル農業に貢献するとの出資者の方針を実現するためには、会社環境の整備と社会環境への順応が必要であり、係る目的は、ブラジル日本商工会議所会員皆様のお力をお借りし、また、会議所活動への参加を通して達成していきたいと考えておりますのでご支援のほど宜しくお願いします。川本章K-I・ケミカル社長