火曜日, 7月 27, 2021

一般家庭の所得減少並びに食料品価格上昇で牛肉の消費は、1996年以降で最低レベルに減少(2021年6月3日付けエスタード紙)

2014年~2016年迄継続したブラジルの経済リセッション、昨年3月からのCOVID-19パンデミックの影響による一般家庭の所得減少並びに食料品価格上昇で、ブラジル国内の牛肉消費は、1996年以降で最低レベルに減少している。 2014年~2016年の3年間継続した経済リセッション、2017年~2019年の緩やかな経済回復、昨年3月からのCOVID-19パンデミックの影響で、2014年以降の一般消費者の牛肉、豚肉並びに鶏肉の一般食肉の消費は、減少していると国家配給公社(Conab)は指摘している。 2013年の一人当たりのブラジル国民の年間平均食肉消費は、96.7キログラムと1996年から統計を取り始めてピークに達していたが、2014年から6年連続で前年割れを起しており、今年の食肉消費は、ピーク時よりも5.3%減少を国家配給公社(Conab)は予想している。 今年の食肉消費は、ピーク時よりも5.3%減少予想の要因として、先進諸国を中心としたCOVID-19パンデミック対応ワクチン接種拡大に伴って、欧米やアジアでの食肉需要拡大による食肉の国際コモディティ価格上昇に伴って、食肉生産者は食肉輸出拡大、レアル通貨に対するドル高の為替で、コモディティ商品である食肉の国内価格は、過去12か月間で35.7%上昇が挙げられている。 国家配給公社(Conab)の調査によると、過去5年間のヨーロッパ連合の一人当たりの年間平均食肉消費は89.3キログラム、オーストラリアは101.2キログラム、米国は116.8キログラムを記録している。 過去数年間のブラジル人の食肉の消費傾向として、牛肉消費は減少している一方で、鶏肉並びに牛肉の消費は拡大していると国家配給公社(Conab)農業政策担当のSergio De Zen取締役は指摘している。 過去数年間の経済リセッションやCOVID-19パンデミックで、特にブラジルの低所得層の平均所得が減少しているために、特に価格の高い牛肉を中心に食肉消費が減少、牛肉消費減少に反比例するように価格の安い鶏肉や豚肉消費が拡大傾向を示している。 ブラジル国内消費の食肉消費減少は、特に経済回復が目覚ましい中国の強い牛肉需要で、ブラジル産牛肉の中国向け輸出を牽引している一因として、2018年に中国で発生した豚やイノシシの発熱や全身の出血性病変を特徴とする致死率の高い伝染病であるアフリカ豚熱(PSA)が挙げられる。 中国の食肉消費では豚肉が最も消費されている。また中国は世界最大の豚肉生産国であるにも関わらず、13億人の国民の豚肉消費を満たすためには豚肉輸入は不可欠となっている。 2018年~2019年にかけての中国国内の豚肉生産は、アフリカ豚熱(PSA)による億単位の豚屠殺処分の影響で大幅に減少したために、豚肉以外にも牛肉や鶏肉を大量に輸入している。 ブラジルの牛肉輸出は中国需要が牽引しており、2017年の牛肉輸出量は147万9,000トン、輸出金額は60億3,200万ドルであったが、2020年は201万3,000トン、85億6,000万ドルに上昇している。

アマゾン地域は、非木材林産物の最大の多様性と最も経済的価値no生物群系(バイオーム)を擁している(2021年4月15日付けヴァロール紙)

ブラジル地理統計院(IBGE)の環境経済調査によると、木材関連産物を除くエコシステム生産調査では、アマゾン地域は、世界最大の多様性と最も経済的価値のある生物群系(バイオーム)であることが判明している。 アマゾン地域で経済的価値を擁する生産物として12品目が調査対象となっている。アサイ、凝固ラテックス、マテ茶、パルミット、パラー栗、ぺキ、ぺキ種、ババスー、カルナウーバ固形ワックス、粉末カルナウーバ、ジャボランジ並びにピアサーバが多くの経済効果を生み出している。 これ等の果樹や植物で最も経済的効果を生み出しているのは、アサイ単品で2016年の生産量は21万5,400トン、販売総額は、5億1,420万レアルで12品目の販売総額6億7,220万レアルの76%を占めている。 また地質・土壌の相違によって複雑な植生系がみられるが、降雨量は少ない潅木サバナのセラード地域では、12品目のうち9品目が生産されており、ピアウイ州とマラニョン州で盛んに栽培されているババスーの経済効果は、7,460万レアルとセラード地域全体の8,880万レアルの大半を占めている。 ババスーの種子には、ババスオイルと呼ばれる、食用、洗剤やスキンケア製品に使われる油脂が含まれるため、商業的に非常に重要であり、またババスーの果実は、医薬品、美容製品や飲料等に利用されている。 ブラジル北東部の半乾燥気候の地域に分布する有棘低木,サボテン,アガベ(リュウゼツラン)などが混在する植生のカーチンガ地域は、調査対象の12品目のうち6品目を生産、経済効果は3,100万レアルに留まっている。  

今年1月の食肉輸出量は前年同月比マイナス6.0%(2021年2月5日付けヴァロール紙)

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の発表によると、2021年1月のブラジルの食肉輸出量は、前年同月比マイナス6.0%、輸出金額はマイナス11.0%を記録している。 今年1月の食肉輸出量は、前年同月の13万5,400トンから約8,000トン減少の12万7,100トン、輸出金額は、前年同月の6億1,800万ドルから5億4,900万ドルに減少している。 今年1月の中国並びに香港向け食肉輸出量は前年同月の7万7,000トンから7万9,900トン増加したにも関わらず、他の地域向け輸出が減少したために、前年同月比では輸出量並びに輸出金額ともに減少している。中国並びに香港向け食肉輸出量は全体の62.8%に達している。 2020年10月の中国並びに香港向け食肉輸出量は10万9,000トン、11月は12万3,000トン、12月は10万1,000トンと中国で最も大切で伝統的な祝日の今年2月の春節(旧正月)向けに食肉在庫のために増加していた。中国向け食肉輸出は3月から正常に戻ると予想されている。 今年1月の食肉輸出では、チリが中国に次いで5,200トンを記録したが、前年同月比ではマイナス16.6%と二桁台の減少を記録している。3位はエジプトでマイナス13.5%の4,500トン、フィリピン、イスラエルサウジアラビアが続いている。今年1月のブラジルの食肉輸出では46か国が前年同月比で増加した一方で58か国は減少している。

マット・グロッソ州の牛肉輸出はサンパウロ州に肉薄(2021年1月19日付けヴァロール紙) 

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の発表によると、2020年のブラジルの牛肉輸出は、ブラジルの穀物生産を牽引する中西部地域のマット・グロッソ州がブラジルの牛肉輸出の20.2%を占めてサンパウロ州に肉薄してきている。 昨年のブラジルの牛肉輸出量は201万6,000トンで記録更新、サンパウロ州の牛肉輸出は、全体の21.8%に相当する43万9,900トンで依然として牛肉輸出ではトップを占めている。 しかし昨年のマット・グロッソ州の牛肉輸出は、全体の20.2%に相当する40万7,700トンに上昇して、サンパウロ州とは約3万2,000トンの僅差に近づいてきている。 2000年のサンパウロ州の牛肉輸出量は、輸出全体の65%を占めていた一方で、マット・グロッソ州は僅かに5.0%を占めていたに過ぎなかったものの、穀物栽培の拡大に伴って食肉輸出分野が大幅に拡大してきている。 ブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の調査によると、2020年のブラジルの州別牛肉輸出では、ゴイアス州はサンパウロ州並びにマット・グロッソ州に次いで、全体の14.0%に相当する28万2,600トンを輸出している。 4位はミナス州で全体の9.4%に相当する19万トン、南マット・グロッソ州は9.4%に相当する18万9,900トン、ロンドニア州は9.3%の18万7,700トン、パラー州は5.3%に相当する10万6,300トンであった。

2020年の豚肉輸出は100万トン突破(2021年1月5日付けエスタード紙)

ブラジル動物蛋白質協会(ABPA)の発表によると、2020年の豚肉輸出は前年比36.1%の大幅増加の102万1,000トンと初めて100万トン突破を記録、輸出金額も前年比42.2%増加の22億7,000万ドルを記録している。 昨年12月の豚肉輸出は前年同月比5.6%増加の8万300トン、輸出金額は中国向けが牽引して4.1%増加の1億9,120万ドルを記録している。 また2020年の鶏肉輸出量は前年比0.4%増加の423万トンを記録したにも関わらず、鶏肉輸出金額は前年比12.5%減少の61億2,300万ドルに留まった。 昨年12月の鶏肉輸出量は前年同月比2.8%減少の38万800トン、鶏肉輸出金額は、中国向けが牽引したにも関わらず、前年同月比8.9%減少の5億7,980万ドルに留まっている。 2020年のブラジルの豚肉輸出量は、初めて100万トンを突破したにも拘らず、鶏肉輸出は微増に留まったものの世界的なCOVID-19パンデミックの影響を受けていたために、今年は世界経済の回復に伴って国際市場でのブラジルのマーケットシェア拡大が見込めるとブラジル動物蛋白質協会(ABPA)のRicardo Santin会長は確信している。

基本食品値上げで連邦政府は、輸入食品関税撤廃検討(2020年9月9日AM500付けエスタード紙)

ジャイール・ボルソナロ大統領の支持率を左右する基本食品バスケット価格上昇による悪影響が憂慮されているために、輸入食料品の関税撤廃が検討されている。 ブラジル人の食事に欠かせない米価格は先月まで5キロ入り15レアルで推移していたが、先週から一袋40レアルと2倍以上に高騰している販売価格が表れてきている。 すでに経済省や農務省で既に開始されていた食料品価格変動モニタリングを強化するために、プラナルト宮内に調査顧問員会を設けて、ボルソナロ大統領に逐次報告するが、テレーザ・クリスティーナ農務相は、連邦政府の食料品価格介入を否定している。 中国政府による食料品の輸入増加並びにレアル通貨に対するドル高の為替は、食料品メーカーやスーパーの価格転嫁でのブラジル国内の基本食料品価格の値上げに繋がっている可能性が指摘されている。 連邦政府によるCOVID-19パンデミック対応の月額600レアルの緊急補助金(auxílio emergencial)支給を12月までの延長を発表、今後の支給額は50%の300レアルに減少して支給されるタイミングで基本食料品の高騰が発生したために、ジャイール・ボルソナロ大統領の支持率に影響する可能性が憂慮されている。 8月末に基本食料品価格の上昇対策として、農務省では輸入物のコメ、小麦並びに大豆の関税撤廃を示唆していた。メルコスール域外からの輸入米の輸入関税は12.0%、大豆並びにトウモロコシは8.0%となっているが、貿易会議所(Camex)局長の承認が必要となっている。 ブラジルのコメ、小麦並びに大豆の輸入は極僅かで、今年初め7か月間の大豆輸出は輸出全体の19.7%に相当する237億9,500万ドルに対して、大豆輸入は輸入全体の0.1%に相当する1億1,917万ドルであった。 またブラジルの今年初め7か月間のトウモロコシ輸入は0.09%相当の7,813万ドルに対して、トウモロコシは1.04%に相当する12億5,100万ドル、前期同様に米輸入は0.01%相当の865万ドルに対して、コメ輸出は0.09%相当の1億883万ドルであった。 昨日の関係大臣の会談で、ボルソナロ大統領は食料品価格の値上げを抑えるための価格介入は行わないと表明。1986年に財政赤字を抑えるためにジョゼ・サルネイ政権はインデクセーション制を廃止し、価格を凍結、賃金を抑制、住宅ローンや家賃を凍結、為替レートも固定といった極端なクルザード・プラン改革を実施した。 クルザード・プランによって激しいインフレは一旦収まったが、賃金水準はまだ物価に対し高いままだったために、モノ不足状態を生み、闇市の横行もあって再び激しいインフレが発生した。 さらに国内市場でのモノ不足によるブラジルの輸出縮小で外貨不足が進行して、1987年には外債の利子払いまでも停止しデフォルト。品薄状態だったところに通貨暴落が加わって商品の価格が急騰しインフレが加速した経緯があった。 今年7月のインフレは0.46%まで上昇、ブラジル国内の主要16都市の基本食品価格はインフレ以上に上昇していると労使間社会経済調査・統計所(Dieese)では指摘している。

今年6月の牛肉輸出は記録更新(2020年7月7日付けヴァロール紙)

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の共同調査によると、2020年6月のブラジルの生肉並びに加工された牛肉輸出量は、前年同月比28.0%増加の17万2,360トンで月間記録を更新、また輸出金額は48.0%増加の7億4,300万ドルに達している。 今年初め6か月間の牛肉輸出量は前年同期比9.0%増加の90万9,720トン、牛肉輸出金額は6.0%増加の39億ドルに達している。 ブラジルの牛肉輸出策で特筆されるのは2019年から継続する中国向け輸出であり、今年初め6か月間の中国向け牛肉輸出量は前年同期比148.0%増加の36万5,130トン、また香港向け牛肉輸出は10.5%増加の15万4,310トンであった。 2019年の中国向け牛肉輸出量のマーケットシェアは38.4%を占めていた。一方昨年のアジア向け牛肉輸出金額は前年比60.5%増加の12億4,000万ドルとアジア向け牛肉需要が急上昇している。

2020年4月にBRFが初めてCOVID-19の影響による屠畜量削減に言及(2020年4月16日付けバロール紙)

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の共同調査によると、2020年6月のブラジルの生肉並びに加工された牛肉輸出量は、前年同月比28.0%増加の17万2,360トンで月間記録を更新、また輸出金額は48.0%増加の7億4,300万ドルに達している。 今年初め6か月間の牛肉輸出量は前年同期比9.0%増加の90万9,720トン、牛肉輸出金額は6.0%増加の39億ドルに達している。 ブラジルの牛肉輸出策で特筆されるのは2019年から継続する中国向け輸出であり、今年初め6か月間の中国向け牛肉輸出量は前年同期比148.0%増加の36万5,130トン、また香港向け牛肉輸出は10.5%増加の15万4,310トンであった。 2019年の中国向け牛肉輸出量のマーケットシェアは38.4%を占めていた。一方昨年のアジア向け牛肉輸出金額は前年比60.5%増加の12億4,000万ドルとアジア向け牛肉需要が急上昇している。

Ifoodに対する配達員の防護命令を差し止めて業務遂行を優先する判決(2020年4月7日付けバロール紙)

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の共同調査によると、2020年6月のブラジルの生肉並びに加工された牛肉輸出量は、前年同月比28.0%増加の17万2,360トンで月間記録を更新、また輸出金額は48.0%増加の7億4,300万ドルに達している。 今年初め6か月間の牛肉輸出量は前年同期比9.0%増加の90万9,720トン、牛肉輸出金額は6.0%増加の39億ドルに達している。 ブラジルの牛肉輸出策で特筆されるのは2019年から継続する中国向け輸出であり、今年初め6か月間の中国向け牛肉輸出量は前年同期比148.0%増加の36万5,130トン、また香港向け牛肉輸出は10.5%増加の15万4,310トンであった。 2019年の中国向け牛肉輸出量のマーケットシェアは38.4%を占めていた。一方昨年のアジア向け牛肉輸出金額は前年比60.5%増加の12億4,000万ドルとアジア向け牛肉需要が急上昇している。

レストランチェーンを展開するIMCが国内で全社員の30%を解雇(2020年3月26日付けバロール紙)

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の共同調査によると、2020年6月のブラジルの生肉並びに加工された牛肉輸出量は、前年同月比28.0%増加の17万2,360トンで月間記録を更新、また輸出金額は48.0%増加の7億4,300万ドルに達している。 今年初め6か月間の牛肉輸出量は前年同期比9.0%増加の90万9,720トン、牛肉輸出金額は6.0%増加の39億ドルに達している。 ブラジルの牛肉輸出策で特筆されるのは2019年から継続する中国向け輸出であり、今年初め6か月間の中国向け牛肉輸出量は前年同期比148.0%増加の36万5,130トン、また香港向け牛肉輸出は10.5%増加の15万4,310トンであった。 2019年の中国向け牛肉輸出量のマーケットシェアは38.4%を占めていた。一方昨年のアジア向け牛肉輸出金額は前年比60.5%増加の12億4,000万ドルとアジア向け牛肉需要が急上昇している。

20年3月下旬に中国の穀物輸入が正常化に向かう(2020年3月26日バロール紙掲載)

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の共同調査によると、2020年6月のブラジルの生肉並びに加工された牛肉輸出量は、前年同月比28.0%増加の17万2,360トンで月間記録を更新、また輸出金額は48.0%増加の7億4,300万ドルに達している。 今年初め6か月間の牛肉輸出量は前年同期比9.0%増加の90万9,720トン、牛肉輸出金額は6.0%増加の39億ドルに達している。 ブラジルの牛肉輸出策で特筆されるのは2019年から継続する中国向け輸出であり、今年初め6か月間の中国向け牛肉輸出量は前年同期比148.0%増加の36万5,130トン、また香港向け牛肉輸出は10.5%増加の15万4,310トンであった。 2019年の中国向け牛肉輸出量のマーケットシェアは38.4%を占めていた。一方昨年のアジア向け牛肉輸出金額は前年比60.5%増加の12億4,000万ドルとアジア向け牛肉需要が急上昇している。

アイフードがレストランを対象にした5,000万レアルのファンドを設立

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の共同調査によると、2020年6月のブラジルの生肉並びに加工された牛肉輸出量は、前年同月比28.0%増加の17万2,360トンで月間記録を更新、また輸出金額は48.0%増加の7億4,300万ドルに達している。 今年初め6か月間の牛肉輸出量は前年同期比9.0%増加の90万9,720トン、牛肉輸出金額は6.0%増加の39億ドルに達している。 ブラジルの牛肉輸出策で特筆されるのは2019年から継続する中国向け輸出であり、今年初め6か月間の中国向け牛肉輸出量は前年同期比148.0%増加の36万5,130トン、また香港向け牛肉輸出は10.5%増加の15万4,310トンであった。 2019年の中国向け牛肉輸出量のマーケットシェアは38.4%を占めていた。一方昨年のアジア向け牛肉輸出金額は前年比60.5%増加の12億4,000万ドルとアジア向け牛肉需要が急上昇している。

中国向け牛肉輸出拡大で国内の牛肉価格高騰

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の共同調査によると、2020年6月のブラジルの生肉並びに加工された牛肉輸出量は、前年同月比28.0%増加の17万2,360トンで月間記録を更新、また輸出金額は48.0%増加の7億4,300万ドルに達している。 今年初め6か月間の牛肉輸出量は前年同期比9.0%増加の90万9,720トン、牛肉輸出金額は6.0%増加の39億ドルに達している。 ブラジルの牛肉輸出策で特筆されるのは2019年から継続する中国向け輸出であり、今年初め6か月間の中国向け牛肉輸出量は前年同期比148.0%増加の36万5,130トン、また香港向け牛肉輸出は10.5%増加の15万4,310トンであった。 2019年の中国向け牛肉輸出量のマーケットシェアは38.4%を占めていた。一方昨年のアジア向け牛肉輸出金額は前年比60.5%増加の12億4,000万ドルとアジア向け牛肉需要が急上昇している。

フードトラックブーム衰退

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の共同調査によると、2020年6月のブラジルの生肉並びに加工された牛肉輸出量は、前年同月比28.0%増加の17万2,360トンで月間記録を更新、また輸出金額は48.0%増加の7億4,300万ドルに達している。 今年初め6か月間の牛肉輸出量は前年同期比9.0%増加の90万9,720トン、牛肉輸出金額は6.0%増加の39億ドルに達している。 ブラジルの牛肉輸出策で特筆されるのは2019年から継続する中国向け輸出であり、今年初め6か月間の中国向け牛肉輸出量は前年同期比148.0%増加の36万5,130トン、また香港向け牛肉輸出は10.5%増加の15万4,310トンであった。 2019年の中国向け牛肉輸出量のマーケットシェアは38.4%を占めていた。一方昨年のアジア向け牛肉輸出金額は前年比60.5%増加の12億4,000万ドルとアジア向け牛肉需要が急上昇している。

BRFと Marfrig合併で世界4位に食肉会社誕生か

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の共同調査によると、2020年6月のブラジルの生肉並びに加工された牛肉輸出量は、前年同月比28.0%増加の17万2,360トンで月間記録を更新、また輸出金額は48.0%増加の7億4,300万ドルに達している。 今年初め6か月間の牛肉輸出量は前年同期比9.0%増加の90万9,720トン、牛肉輸出金額は6.0%増加の39億ドルに達している。 ブラジルの牛肉輸出策で特筆されるのは2019年から継続する中国向け輸出であり、今年初め6か月間の中国向け牛肉輸出量は前年同期比148.0%増加の36万5,130トン、また香港向け牛肉輸出は10.5%増加の15万4,310トンであった。 2019年の中国向け牛肉輸出量のマーケットシェアは38.4%を占めていた。一方昨年のアジア向け牛肉輸出金額は前年比60.5%増加の12億4,000万ドルとアジア向け牛肉需要が急上昇している。

東南アジアは牛肉輸出のニューフロンティア

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の共同調査によると、2020年6月のブラジルの生肉並びに加工された牛肉輸出量は、前年同月比28.0%増加の17万2,360トンで月間記録を更新、また輸出金額は48.0%増加の7億4,300万ドルに達している。 今年初め6か月間の牛肉輸出量は前年同期比9.0%増加の90万9,720トン、牛肉輸出金額は6.0%増加の39億ドルに達している。 ブラジルの牛肉輸出策で特筆されるのは2019年から継続する中国向け輸出であり、今年初め6か月間の中国向け牛肉輸出量は前年同期比148.0%増加の36万5,130トン、また香港向け牛肉輸出は10.5%増加の15万4,310トンであった。 2019年の中国向け牛肉輸出量のマーケットシェアは38.4%を占めていた。一方昨年のアジア向け牛肉輸出金額は前年比60.5%増加の12億4,000万ドルとアジア向け牛肉需要が急上昇している。

2019年の食品業界売上は4.0%増加を予想

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の共同調査によると、2020年6月のブラジルの生肉並びに加工された牛肉輸出量は、前年同月比28.0%増加の17万2,360トンで月間記録を更新、また輸出金額は48.0%増加の7億4,300万ドルに達している。 今年初め6か月間の牛肉輸出量は前年同期比9.0%増加の90万9,720トン、牛肉輸出金額は6.0%増加の39億ドルに達している。 ブラジルの牛肉輸出策で特筆されるのは2019年から継続する中国向け輸出であり、今年初め6か月間の中国向け牛肉輸出量は前年同期比148.0%増加の36万5,130トン、また香港向け牛肉輸出は10.5%増加の15万4,310トンであった。 2019年の中国向け牛肉輸出量のマーケットシェアは38.4%を占めていた。一方昨年のアジア向け牛肉輸出金額は前年比60.5%増加の12億4,000万ドルとアジア向け牛肉需要が急上昇している。

2018年の牛肉輸出は163万9,000トンで記録更新

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の共同調査によると、2020年6月のブラジルの生肉並びに加工された牛肉輸出量は、前年同月比28.0%増加の17万2,360トンで月間記録を更新、また輸出金額は48.0%増加の7億4,300万ドルに達している。 今年初め6か月間の牛肉輸出量は前年同期比9.0%増加の90万9,720トン、牛肉輸出金額は6.0%増加の39億ドルに達している。 ブラジルの牛肉輸出策で特筆されるのは2019年から継続する中国向け輸出であり、今年初め6か月間の中国向け牛肉輸出量は前年同期比148.0%増加の36万5,130トン、また香港向け牛肉輸出は10.5%増加の15万4,310トンであった。 2019年の中国向け牛肉輸出量のマーケットシェアは38.4%を占めていた。一方昨年のアジア向け牛肉輸出金額は前年比60.5%増加の12億4,000万ドルとアジア向け牛肉需要が急上昇している。

ブラジル国内の食品業界の再編が加速

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の共同調査によると、2020年6月のブラジルの生肉並びに加工された牛肉輸出量は、前年同月比28.0%増加の17万2,360トンで月間記録を更新、また輸出金額は48.0%増加の7億4,300万ドルに達している。 今年初め6か月間の牛肉輸出量は前年同期比9.0%増加の90万9,720トン、牛肉輸出金額は6.0%増加の39億ドルに達している。 ブラジルの牛肉輸出策で特筆されるのは2019年から継続する中国向け輸出であり、今年初め6か月間の中国向け牛肉輸出量は前年同期比148.0%増加の36万5,130トン、また香港向け牛肉輸出は10.5%増加の15万4,310トンであった。 2019年の中国向け牛肉輸出量のマーケットシェアは38.4%を占めていた。一方昨年のアジア向け牛肉輸出金額は前年比60.5%増加の12億4,000万ドルとアジア向け牛肉需要が急上昇している。

ココナッツウオーターメーカーObridado社は北米市場開拓にターゲット

経済省通商局(Secex)並びにブラジル冷凍業者協会(Abrafrigo)の共同調査によると、2020年6月のブラジルの生肉並びに加工された牛肉輸出量は、前年同月比28.0%増加の17万2,360トンで月間記録を更新、また輸出金額は48.0%増加の7億4,300万ドルに達している。 今年初め6か月間の牛肉輸出量は前年同期比9.0%増加の90万9,720トン、牛肉輸出金額は6.0%増加の39億ドルに達している。 ブラジルの牛肉輸出策で特筆されるのは2019年から継続する中国向け輸出であり、今年初め6か月間の中国向け牛肉輸出量は前年同期比148.0%増加の36万5,130トン、また香港向け牛肉輸出は10.5%増加の15万4,310トンであった。 2019年の中国向け牛肉輸出量のマーケットシェアは38.4%を占めていた。一方昨年のアジア向け牛肉輸出金額は前年比60.5%増加の12億4,000万ドルとアジア向け牛肉需要が急上昇している。