7月の輸入化学製品量は5.1%増加(2022年9月1日のヴァロール紙)

ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2022年7月のブラジルの化学部門の輸入量は、前年同月比5.1%増加した一方で、ブラジル製化学製品の製造業部門の消費は0.4%増加を記録している。

今年7月の付加価値の高い化学製品生産は2.98%増加、国内販売は0.99%増加、7月の設備稼働率は前月比2.0%増加の68%を記録、化学製品輸入は前月比8.4%増加している。

国内市場の化学製品の平均価格は0.26%増加、6月は0.04%増加、今年初め7か月間の国内市場の化学製品価格はマイナス1.4%した一方で、国内生産は0.05%増加、国内販売は1.03%増加、ブラジル製化学製品の輸出量はマイナス4.8%を記録している。

今年初め7カ月間の輸入化学製品の国内マーケットシェアは、42.0%と昨年同期の45%から3.0%減少して、ブラジル製化学製品のマーケットシェアが拡大しているとブラジル化学工業協会(Abiquim)では説明している。

今年第2四半期のブラジルのGDP伸び率が予想を上回ったことは、ブラジルの化学部門のGDP伸び率の上方修正につながるとブラジル化学工業協会(Abiquim)経済戦略担当のFátima Giovanna Coviello Ferreira理事は指摘している。

 

7月の化学部門輸入は57.3%増加の83億ドルで記録更新(2022年8月9日付ヴァロール紙)

ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2022年7月のブラジルの化学部門の輸入量は、前月比5.8%増加の600万トン以上を記録、前年同月比では13.8%の二桁増加を記録している。

また今年7月のブラジルの化学製品輸入総額は、前月比4.5%増加の83億ドルに達し、月間記録を更新、前年同月比の輸入総額は57.3%大幅増加を記録している。

今年7月のブラジルの化学製品輸出は、前月比9.5%増加の15億3,000万ドル、化学品輸出量はマイナス13.9%の120万トン、今年初め7か月間の化学製品輸入金額は、前年同期比54.5%増加の469億ドル、一方同期の輸出金額は34.0%増加の103億ドル、平均輸出金額は40%増加している。

今年初め7か月間のブラジルの化学製品の貿易収支は、前年同期比70.3%増加の365億ドルの赤字を計上、7月の過去12か月間の貿易収支赤字は601億ドルに達し、記録を更新している。また2022年の化学製品の貿易収支は、650億ドルの赤字が見込まれている。

 

今年5月の過去1年間の化学品貿易は、550億ドルの過去最高の赤字を計上(2022年6月20日付けヴァロール紙)

ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2022年5月のブラジルの化学部門の貿易収支は、輸入金額は前年同月比16.5%増加の714億ドルに対して、化学品輸出金額は13.4%増加の164億ドル、貿易収支は550億ドルの赤字を計上して記録更新している。

今年初め5か月間の化学部門の貿易収支は、前年同期比59.4%増加の235億ドルの赤字を計上、今年5月の化学部門の輸入総額は、78億ドルに達して赤字幅の拡大を招いている。

今年初め5か月間の化学肥料や農薬などの農畜産関連の化学品輸入金額は132億ドル、医薬品関連は63億ドルに達し、農畜産及び医薬品関連だけで化学品輸入の3分の2を占めている。

今年初め5か月間の化学品輸入量は、前年同期比6.5%増加の2290万トンに達して記録更新、ロシアによるウクライナ侵攻の影響で世界的な輸送ロディステック問題が在庫調整の足枷となっている。一方今年初め5か月間のブラジルの化学品輸出量は、前年同期比2.6%減少の640万トンに留まっている。

今年初め4か月間の化学部門の貿易収支は前年同期比53.5%増加(2022年5月19日付けヴァロール紙)

ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2022年初め4か月間のブラジルの化学部門の貿易収支は、肥料及び農薬関連の輸入が牽引して前年同期比53.5%増加の173億ドルに達し、過去最高の赤字を更新している。

ロシアによるウクライナ侵攻及び中国の主要都市に対するCovid‐19パンデミック対応によるロックダウンによる世界的な輸送ロディスティック問題や化学製品の生産減少による影響を受けて、今年初め4か月間のブラジルの化学部門の輸入量は前年同期比0.5%微減の1,710万トンを記録している。

今年4月の肥料、中間財及び農薬関連輸入は、化学製品の輸入全体の40.2%に相当する228億ドルに達している。そのうち肥料の輸入総額は67億ドル、農薬は92億ドルを占めている。

今年初め4か月間の1トン当たりの肥料の平均価格は、ロシアによるウクライナ侵攻による影響で133.8%上昇の568ドル、農薬は25.3%増加の9,023ドルに達しているとブラジル化学工業協会(Abiquim)では説明している。また今年初め4か月間の化学製品輸入金額は前年同期比48.7%と大幅な増加を記録している。

一方今年初め4か月間のブラジルの化学製品輸出量は4.9%減少の500万トンを記録したが、有機化学製品輸出は7.2%増加、樹脂及びエラストマー(TPE)は25.5%大幅増加を記録、化学製品輸出金額は35.6%増加の55億ドルを記録している。

今年4月の過去12カ月間の化学部門の貿易収支は520億ドルの赤字を記録、今年の化学部門の貿易収支は550億ドルの赤字が見込まれている。

プラスティック業界は原材料費高騰と需要減少で苦戦(2022年4月22日付ヴァロール紙)

インフレ及び金利の高止まり、実質収入の減少などの要因で、ブラジルプラスティック業界は、ブラジル国内の需要減少、原材料の高騰、過剰在庫で苦戦を余儀なくされている。
ブラジルの樹脂卸売り業者とプラスチック加工業者は、予想を下回る第1四半期に直面しており、短期的にはマージンと需要の改善は期待できない状況に落ちいっている。 金利の上昇とインフレによる所得の目減りによるプラスティック需要の停滞、国内外の原材料の高騰、輸送費の上昇、過剰在庫などの要因で、プラスティック業界に黄色信号が点滅している。
ロシアによるウクライナ侵攻の影響による石油派生品の高騰で、プラスティック業界にとって原材料の樹脂の価格上昇及び需要の減少で苦戦を強いられているとブラジル樹脂卸売協会(Adirplast)Laercio Gonçalves会長は説明している。
石油の国際コモディティ価格が100ドルを上回った状況を維持して樹脂価格は上昇したが、バリューチェーンに沿った現在の樹脂の在庫が多いため、価格転嫁に結びていていない。 2020年~2021年の間に、樹脂が不足する期間があったが、樹脂不足するリスクを回避するために、通常レベルを超える在庫を抱えることを選択した経緯があった。
包装セクターの需要は堅調にも拘らず、自動車セクターの落込みで大きい。予想を下回る消費量に加えて、貨物のコスト上昇とコンテナ手配が困難になっている。国内消費の樹脂の25%~30%が輸入しているが、年初から輸入量は減少している。
1トン当たりのポリエチレン価格は13,500レアルであったが、今では14,900レアルに上昇、ブラスケン社及びダウ社は4月から1トン当たり1,000レアルの値上げを発表している。

今年初め2か月間の化学製品の貿易収支赤字は50%増加の81億ドルを記録(2022年3月14日付けヴァロール紙)

ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2022年初め2か月間のブラジルの化学製品の貿易収支は、前年同期比49.5%増加の81億ドルの赤字を記録、昨年同期の54億ドルの赤字を27億ドル上回っている。

今年初め2か月間の化学製品の輸入総額は、前年同期比47.8%増加の106億ドルに対して、化学製品の輸出総額は43.0%増加の25億ドルに留まっている。

今年初め2か月間の化学製品の輸入総額は、前年同期比66.3%増加した一方で、ブラジルの化学製品の輸出総額は、44.5%増加と輸入製品の増加率を大幅に下回って貿易収支赤字が拡大している。

2月の化学製品の輸入総額は、前年同月比52.3%増加の56億ドル、前月比では10.5%増加を記録している。一方2月の化学品品の輸出総額は、前年同月比43.2%増加の13億ドル、前月比では1.8%微増に留まっている。

今年2月の過去12か月間の化学製品の貿易収支は、487億ドルの赤字を計上して過去最高の赤字を計上している。

ブラジルのプラスティック向け樹脂輸入は年々増加(2022年2月1日付けヴァロール紙)

ブラジルのプラスティック向け樹脂の生産は、国内需要に追従していないために、年々プラスティック向け樹脂の輸入増加の一方で、輸出は年々減少傾向となって、プラスティック向け樹脂の貿易赤字の拡大が継続している。

昨年のブラジル国内の樹脂需要は、国内の樹脂メーカーの生産が国内の供給が追着いていないために、Covid-19パンデミックの影響による輸送ロディスティック問題やドル高の為替による輸入コスト上昇にも拘らず、輸入樹脂の拡大を余儀なくされているとブラジルの大手化学製品卸売Activas社のLaercio Gonçalves社長は指摘している。

ブラジル化学工業協会(Abiquim)熱可塑性樹脂部門委員会(Coplast) の統計を基にしたMaxiQuim社の調査によると、ポリエチレン(PE)の輸入量は、輸出量の2倍に達していると判明している。

2019年のブラジルのポリエチレン派生品の輸出額は7億9300万ドルに対して、輸入金額は8億8800万ドル、貿易赤字は僅か9500万ドルに留まっていたが、2020年の輸出額は6億2700万ドルに対して、輸入額は8億9400万ドルに拡大、2021年初め11か月間の輸出額は7億9600万ドルに対して、輸入額は14億8000万ドル、貿易赤字は6億8400万ドルと年々拡大傾向を示している。

昨年のプラスティック向け樹脂輸入の半分以上は米国が占めているが、2位はアルゼンチンが15.6%を占めている。シェールガスの生産増加に伴って、石油化学製品の原材料の価格下落で価格競争力の上昇に伴って、米国の石油化学製品輸出は再活性化している。

2019年のブラジル国内のポリエチレン派生品の消費は264万トンであったが、2021年は288万トンに増加している。また2021年のポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、PVC並びにポリスチレン(PS)などのプラスティック樹脂の国内消費は、過去最高の2020年の647万トンを上回る664万トンが予想されている。

2021年のブラジルの化学製品の貿易収支は、前年比51.8%増加の462億ドルの赤字計上して記録更新したが、 ブラジル化学工業協会(Abiquim)では、昨年の化学製品の貿易収支は、過去最高記録の2013年比44.4%増加の450億ドルの貿易赤字を予想していた。

2021年のブラジルの化学製品輸入金額は、前年比46.7%に相当する607億ドル、輸入量は17.4%増加、増加を牽引したのはアジア地域からのオーガニック製品と農畜産部門向け輸入製品増加が牽引している。

2021年の化学業界の貿易収支は前年比51.8%増加の462億ドルで記録更新(2022年1月24日付けヴァロール紙)

ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2021年のブラジル化学業界の貿易収支は、前年比51.8%増加の462億ドルの赤字を計上して、貿易収支赤字の記録を更新している。

ブラジル化学業界の過去最高の貿易収支赤字は320億ドルであったが、2021年の貿易収支赤字は、2013年の貿易赤字を44.4%と大幅に上回る赤字記録を更新している。

「ブラジルの化学工業部門は、設備容量を増やしたり、国内での製造に戻すことができるさまざまな項目の生産に技術的な熟練とビジネスの専門知識を持っており、いくつかの生産チェーンでの外部依存を減らしている」と、ブラジル化学工業協会(Abiquim)のCiro Marino会長は説明している。

昨年のブラジル化学工業部門の輸入金額は、前年比46.7%増加の607億ドル、輸入量は、前年比17.4%増加の6,050万トンとそれぞれ記録を更新している。

過去数年間の有機化学物質やアグリビジネス向け農薬などの化学物質の輸入が大幅に増加しており、化学製品の輸入相手国は、最大の伸び率を記録している中近東地域を除いでアジア諸国からの輸入が急増している。

2021年のブラジルの化学製品の輸出は、前年比32.3%増加の145億ドル、メルコスール地域を中心に近隣諸国への平均輸出価格は、前年比18.7%増加を記録している。

ペトロブラスの今年の自社資産売却は48億ドルに達した(2021年12月15日のエスタード紙)

ペトロブラス石油公社がコア事業の石油・天然ガス開発に資金を集中するために、過去数年間にわたって自社資産の売却を進めているが、今年計画されている17件のうち14件の売却プロセスが完結している。

15日のペトロブラス社の発表によると、今月7日までの自社資産売却による資金調達額は48億ドルに達している一方で、今年初め9か月間の投資総額は61億ドルを記録している。

今年の同社の資産売却では、バイア州のLandulpho Alves石油製油所 (RLAM)のアラブ首長国連邦のMubadala Investment Company PJSC社への売却による18億ドルが牽引している。

11月30日のRLAM製油所の50%の売却は、日本の公正取引委員会に相当する経済防衛行政審議会(Cade)の承認を得なければならない。

またアマゾナス州のIsaac Sabbá 石油製油所(REMAN)、パラナ州のUnidade de Industrialização do Xisto (SIX),ミナス州Gabriel Passos 石油製油所(REGAP)、セアラー州のLubrificantes e Derivados do Nordeste (LUBNOR)の売買契約が成立している。

今年の石油・天然ガス生産部門では、バイア州のMiranga油田及びRio Ventura油田、セルジッペ州のRabo Branco油田及びDo-Re-Mi油田の売却が成立している。

またリオ州のAlbacora油田及びAlbacora Leste油田は売却プロセス中であるが、Papa-Terra油田は既に売買契約にサインされている。BR Distribuidora社売却による22億ドルの調達、Gaspetro社の売買契約、天然ガス輸送NTS社の10%の株式売買などが挙げられる。

今年7月の過去12か月間の化学部門の貿易収支は、360億ドルの赤字計上で記録更新(2021年8月24日付ヴァロール紙)

ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2021年7月の化学関連製品の輸入金額は、前月比4.1%増加の53億ドル、前年同月比では45.4%の大幅増加を記録している。

また今年7月の化学関連製品の輸入量は前月比4.7%増加の530万トン、前年同月比では11.1%増加を記録している。今年7月の過去12か月間の化学関連製品の貿易収支は、360億ドルの赤字を計上して過去最高の赤字を更新している。

一方今年7月の化学関連製品の輸出金額は、前月比4.3%増加の12億6,000万ドル、輸出量は前月比10.2%増加の130万トンを記録している。

7月の過去12か月間の化学関連製品の貿易収支が360億ドルの赤字計上した要因として、国内経済の回復サイクル入りの一方で、国内での化学工業部門やの投資が等閑にされている現状を浮き彫りにしている。

今年4月にブラジル国内の天然ガス市場の活性化に向けた法律公布、民間企業の天然ガスの運輸・配給・売買に関する規制を柔軟化し、ペトロブラス石油公社の独占市場に民間企業の参入を促し、天然ガス事業部門の競争力を強化することでエネルギーコストを低減させ、製造業の生産性向上を目指している。

今年初め7か月間の化学関連製品の輸入金額は、前年同期比30.6%の303億ドルに達している一方で、ブラジルの化学関連製品の輸出金額は、前年同期比18.1%増加の77億ドルに留まっており、今年初め7か月間の化学関連製品の貿易収支は、前年同期比35.5%増加の226億ドルの赤字を計上している。