火曜日, 10月 19, 2021

今年7月の過去12か月間の化学部門の貿易収支は、360億ドルの赤字計上で記録更新(2021年8月24日付ヴァロール紙)

ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2021年7月の化学関連製品の輸入金額は、前月比4.1%増加の53億ドル、前年同月比では45.4%の大幅増加を記録している。 また今年7月の化学関連製品の輸入量は前月比4.7%増加の530万トン、前年同月比では11.1%増加を記録している。今年7月の過去12か月間の化学関連製品の貿易収支は、360億ドルの赤字を計上して過去最高の赤字を更新している。 一方今年7月の化学関連製品の輸出金額は、前月比4.3%増加の12億6,000万ドル、輸出量は前月比10.2%増加の130万トンを記録している。 7月の過去12か月間の化学関連製品の貿易収支が360億ドルの赤字計上した要因として、国内経済の回復サイクル入りの一方で、国内での化学工業部門やの投資が等閑にされている現状を浮き彫りにしている。 今年4月にブラジル国内の天然ガス市場の活性化に向けた法律公布、民間企業の天然ガスの運輸・配給・売買に関する規制を柔軟化し、ペトロブラス石油公社の独占市場に民間企業の参入を促し、天然ガス事業部門の競争力を強化することでエネルギーコストを低減させ、製造業の生産性向上を目指している。 今年初め7か月間の化学関連製品の輸入金額は、前年同期比30.6%の303億ドルに達している一方で、ブラジルの化学関連製品の輸出金額は、前年同期比18.1%増加の77億ドルに留まっており、今年初め7か月間の化学関連製品の貿易収支は、前年同期比35.5%増加の226億ドルの赤字を計上している。

今年上半期の国内のプラスティック樹脂の需要は24.8%増加(2021年8月19日付ヴァロール紙)

2021年上半期のブラジル国内のPVC(ポリ塩化ビニル)を除いたポリエチレン,ポリプロピレン,ポリスチレン,ABS樹脂並びにナイロンなどのプラスティック加工向け熱可塑性樹脂の需要は、24.8%の二桁台の伸び率を記録しているとブラジル化学工業協会(Abiquim)では発表している。 今年上半期のブラジル国内のプラスティック樹脂生産は、消費の拡大に伴って6.1%増加、またプラスティック樹脂輸入も40.8%増加の108万トンを記録している。108万トンのプラスティック樹脂の輸入量は、国内市場の34.0%を占め、1年前のマーケットシェア30%から4.0%上昇している。 今年上半期の国内のプラスティック樹脂販売は、需要増加に伴って10.9%増加、またプラスティック樹脂の輸出は、国内マーケットに充てられたためにマイナス22.8%と大幅に減少している。 今年上半期のプラスティック樹脂の輸入量は、輸出量を53万700トン上回る貿易赤字を計上、前年同期比では約10倍に相当する貿易赤字を記録している。 今年上半期の月間平均の石油化学工業部門の設備稼働率は77.0%に達しているにも関わらず、依然として生産性を引上げる可能性があり、業界の理想の設備稼働率は85.0%~90.0%とブラジル化学工業協会(Abiquim)のFátima Giovanna Coviello Ferreira理事は指摘している。 今年6月の過去12か月間のプラスティック樹脂生産は、7.4%増加した一方で、国内販売は13.5%増加、需要は23.4%増加、また輸入は29.1%増加した一方で、輸出はマイナス25.3%を記録している。

ウルトラグループはOxiteno社をタイ資本Indorama社への売却交渉で合意(2021年6月15日付けエスタード紙)

ガソリンポスト網イピランガをブラジル国内に網羅しているウルトラグループは、傘下の石油化学会社Oxiteno社の独占売却交渉をタイ資本Indorama社と締結した。 ウルトラグループ傘下の石油化学会社Oxiteno社の売却交渉では、米国資本のプラアイベートエクイティAdvent社並びに北米の化学メーカーStepan社もタイ資本Indorama社と最終段階まで熾烈な売却交渉を展開していたが、タイ資本Indorama社が12億ドル以上での最終交渉に漕ぎ着けている。 Oxiteno社は、農薬や洗剤などの原材料を生産しているが、ウルトラグループにとっては、コア事業の石油・天然ガス事業に資本を集約するために、ポートフォーリオ事業の売却を進めるために、6月末までの最終売却交渉権獲得で、3社が熾烈な争いを転じていた。 また先月末にウルトラグループは、大手薬局チェーン網Extrafarma社を7億レアルで売却、売却交渉では、Bank of America社が主幹事会社を務めて交渉を成功させている。 Oxiteno社は、ブラジル国内の農薬や洗剤材料の生産工場をブラジル初め、米国、メキシコ並びにウルグアイに11カ所の工場、5カ所の研究センタを擁している。また米州、ヨーロッパ並びにアジアに8カ所の支店を開設している。 タイ資本Indorama社は、ブラジル国内のイタリア資本M&G 社買収して、ペルナンブーコ州内のスアぺ港湾コンビナートでペット樹脂を生産している。

薬局チェーンPague Menos社はExtrafarma社と買収交渉(2021年5月18日付けエスタード紙)

ブラジル国内の薬局チェーン業界3位のPague Menos社は、Imifarma Produtos Farmacêuticos e Cosméticos (Extrafarma)社に対して、6億レアルを提示して買収交渉を行っていると業界関係者の噂になっている。 医薬品業界の業界筋によれば、17日にPague Menos社は6億レアルを提示して、Ultraparグループ傘下のExtrafarma社の買収交渉が成立したとロイター通信社のニュースとなっている。 薬局業界3位のPague Menos社がExtrafarma社の買収に成功すれば、業界トップのRaia Drogasil SAに次いで業界2位に飛躍する。Extrafarma社の買収でPague Menos社の薬局網は3分の1以上増加してブラジル全国に1503店舗の薬局チェーンの店舗を擁する。 ブラジル全国に402店舗を擁しているExtrafarma社で、Pague Menos社は、特に北部地域並びに北東部地域でのプレゼンスを高めるシナジー効果が得られる。 Ultraparグループは、ポートフォーリオビジネスの薬局チェーン網のExtrafarma社をPague Menos社に売却することで、コアビジネスの石油・天然ガス事業に資本を集中して、コアビジネス強化に努める。Ultraparグループは、ペトロブラス石油公社と南大河州のRegap石油製油所の買収交渉を行っている。 ロイター通信によると、米国のプライベート・エクイティ会社ゼネラル・アトランティック社に投資をしているPague Menos社は、日本の公正取引委員会に相当する経済防衛行政審議会(Cade)が買収を承認すれば、3億レアルをUltrapar社に支払う。残りは今後2年間で2回の均等分割払いで支払う。 Pague Menos社は、2020年8月にサンパウロ証券取引所(B3)で新規株式公開で上場以来で初めての企業買収となる。今年初めからPague Menos社の株価は、半年足らずで19.0%も値上がりしている。

今年初め2か月間の製造業部門向け化学製品消費は二桁増加(2021年4月6日付けヴァロール紙)

ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2021年初め2か月間の製造業部門向け化学製品消費は、前年同期比11.0%と二桁増加を記録している。 今年初め2か月間の輸入化学製品の消費は、全体の45.0%と昨年同期の41.0%よりも4.0%と大幅増加とブラジル化学工業協会(Abiquim)の調査で判明している。 今年初め2か月間のブラジル国内の化学製品生産は、前年同期比3.96%増加、需要は11.0%増加、国内の化学製品販売は、7.36%増加を記録している。 一方今年初め2か月間の化学製品輸入は、前年同期比22.7%増加した一方で、化学製品輸出は7.1%と大幅に減少して貿易赤字が拡大している。また今年初め2か月間の化学工業部門の設備稼働率は74.0%に達している。 ブラジル化学工業協会(Abiquim)の調査によると、石油の国際コモディティ価格の上昇に伴って、国内産のナフサ価格が化学製品の価格上昇に反映、またレアル通貨に対するドルの為替の高騰も化学製品価格の上昇に繋がっており、今年2月の過去12か月間のインフレ指数を考慮した実質価格は27.8%上昇している。 今年2月の過去12か月間のブラジル国内の製造業部門向け化学製品生産は、前年同期比0.69%増加、販売量も2.82%増加、化学製品輸入は22.2%増加した一方で、化学製品輸出は、マイナス14.8%と大幅な落ち込みを記録。国内需要は13.2%増加している。  

化学工業向け特別減税措置撤廃で業界の8万人の雇用に脅威(2021年3月2日付けヴァロール紙)

ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、化学工業部門向け特別免税措置の撤廃は、ブラジル国内の化学製品の価格競争力を削ぐために、化学業界の従業員6万人~8万人の解雇に繋がる可能性を指摘している。 化学工業部門向け特別免税措置の撤廃されれば、国内の化学工業メーカーは最終消費者に約3.0%に相当する価格転嫁を余儀なくされ、インフレ上昇に繋がるとブラジル化学工業協会(Abiquim)は指摘している。 「化学業界は、連邦政府の特別免税措置撤廃のニーズは理解できるが、免税撤廃は最善の方法ではない」と、ブラジル化学工業協会(Abiquim)ディレクターのアンドレ・コルデイロ氏は説明。化学セクターにおける社会統合基金/社会保険融資納付金(PIS/COFINS)の免除措置撤廃の暫定措置は2日に官報で発表、現在は国会で投票が行われている。 社会統合基金/社会保険融資納付金(PIS/COFINS)の免除措置撤廃の暫定措置は、一般消費者に対して直ちに3.65%の値上げに繋がり、税制改革で8年から10年の移行期間の課税の可能性が残された。 PIS/COFINSの免除措置撤廃措置は特に最終的な消費者のために、covid-19パンデミック予防に不可欠と考えられる必需品の保護マスク、ゲルアルコール、消毒剤などの製品の価格上昇によるインフレに繋がる可能性をブラジル化学工業協会(Abiquim)は指摘している。 ブラジルの石油化学製品の80%は原材料コストが占めており、ブラジル国内の天然ガスは国際市場の4倍以上のコストが掛かる。プラスチック原料のエチレンの国内価格は3倍かかる。 1990年のブラジルの石油化学工業界の輸入製品は、僅か7.0%を占めていたが、2006年には21.0%まで上昇、昨年は輸入製品が全体の46.0%を占めている。

化学製品の国内消費の46%は輸入製品が席捲(2020年7月1日付けヴァロール紙)

2020年5月の過去12か月間の輸入化学製品は、COVID-19パンデミックの影響も追い風に国内消費の46%を占めている一方で、国産の化学製品は益々国内のマーケットシェアを削がれてきている。 ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2020年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は前年同期比2.6%減少の114億ドルを記録、化学品の輸出量並びに輸入量共に記録を更新している。 今年初め5か月間の化学製品輸入は、前年同期比5.3%減少の161億ドル、輸入量は12.4%増加の1,880万トン、輸出は11.3%減少の47億ドル、輸出量は18.7%増加の640万トンを記録している。 今年5月の化学製品の国内生産は1.92%減少、4月は19.35%減少していた。また5月の化学製品の国内販売は16.0%増加したが、4月国内販売は過去30年間で最大の落込みを記録していた。 COVID-19パンデミックの影響で、海外の化学製品価格は石油の国際コモディティ価格下落に伴って減少した一方で、化学製品の主原料の国内製品の価格は、海外市場よりも39.0%高いために価格競争力を失くしている。 今年の化学製品の貿易収支は過去最高の赤字になる可能性がある。今年の化学製品の平均月間輸入額は32億ドル、5月の過去12か月間の貿易収支は315億ドルに達しており、2013年の320億ドルの赤字に肉薄している。 特にCOVID-19パンデミック対応の化学製品輸入が拍車をかけており、今年初め5か月間の衛生・医薬品関連製品並びに肥料向け中間財製品の輸入は、それぞれ25億ドルに達して化学製品輸入の33%以上を占めている。 一方化学製品の輸出では、特に焼成アルミナの各種無機製品が2.7%増加の15億ドル、熱可塑性樹脂関連の輸出は22.0%減少の6億1,080万ドルに留まっている。

今年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は2.6%減少(2020年6月15日付けヴァロール紙)

2020年5月の過去12か月間の輸入化学製品は、COVID-19パンデミックの影響も追い風に国内消費の46%を占めている一方で、国産の化学製品は益々国内のマーケットシェアを削がれてきている。 ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2020年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は前年同期比2.6%減少の114億ドルを記録、化学品の輸出量並びに輸入量共に記録を更新している。 今年初め5か月間の化学製品輸入は、前年同期比5.3%減少の161億ドル、輸入量は12.4%増加の1,880万トン、輸出は11.3%減少の47億ドル、輸出量は18.7%増加の640万トンを記録している。 今年5月の化学製品の国内生産は1.92%減少、4月は19.35%減少していた。また5月の化学製品の国内販売は16.0%増加したが、4月国内販売は過去30年間で最大の落込みを記録していた。 COVID-19パンデミックの影響で、海外の化学製品価格は石油の国際コモディティ価格下落に伴って減少した一方で、化学製品の主原料の国内製品の価格は、海外市場よりも39.0%高いために価格競争力を失くしている。 今年の化学製品の貿易収支は過去最高の赤字になる可能性がある。今年の化学製品の平均月間輸入額は32億ドル、5月の過去12か月間の貿易収支は315億ドルに達しており、2013年の320億ドルの赤字に肉薄している。 特にCOVID-19パンデミック対応の化学製品輸入が拍車をかけており、今年初め5か月間の衛生・医薬品関連製品並びに肥料向け中間財製品の輸入は、それぞれ25億ドルに達して化学製品輸入の33%以上を占めている。 一方化学製品の輸出では、特に焼成アルミナの各種無機製品が2.7%増加の15億ドル、熱可塑性樹脂関連の輸出は22.0%減少の6億1,080万ドルに留まっている。

パンデミックで化学品メーカーの一部は設備稼働率が50%まで下落(2020年4月30日付けバロール紙)

2020年5月の過去12か月間の輸入化学製品は、COVID-19パンデミックの影響も追い風に国内消費の46%を占めている一方で、国産の化学製品は益々国内のマーケットシェアを削がれてきている。 ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2020年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は前年同期比2.6%減少の114億ドルを記録、化学品の輸出量並びに輸入量共に記録を更新している。 今年初め5か月間の化学製品輸入は、前年同期比5.3%減少の161億ドル、輸入量は12.4%増加の1,880万トン、輸出は11.3%減少の47億ドル、輸出量は18.7%増加の640万トンを記録している。 今年5月の化学製品の国内生産は1.92%減少、4月は19.35%減少していた。また5月の化学製品の国内販売は16.0%増加したが、4月国内販売は過去30年間で最大の落込みを記録していた。 COVID-19パンデミックの影響で、海外の化学製品価格は石油の国際コモディティ価格下落に伴って減少した一方で、化学製品の主原料の国内製品の価格は、海外市場よりも39.0%高いために価格競争力を失くしている。 今年の化学製品の貿易収支は過去最高の赤字になる可能性がある。今年の化学製品の平均月間輸入額は32億ドル、5月の過去12か月間の貿易収支は315億ドルに達しており、2013年の320億ドルの赤字に肉薄している。 特にCOVID-19パンデミック対応の化学製品輸入が拍車をかけており、今年初め5か月間の衛生・医薬品関連製品並びに肥料向け中間財製品の輸入は、それぞれ25億ドルに達して化学製品輸入の33%以上を占めている。 一方化学製品の輸出では、特に焼成アルミナの各種無機製品が2.7%増加の15億ドル、熱可塑性樹脂関連の輸出は22.0%減少の6億1,080万ドルに留まっている。

パンデミックで化学品の輸入が20年3月に記録を更新(2020年4月16日付けバロール紙)

2020年5月の過去12か月間の輸入化学製品は、COVID-19パンデミックの影響も追い風に国内消費の46%を占めている一方で、国産の化学製品は益々国内のマーケットシェアを削がれてきている。 ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2020年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は前年同期比2.6%減少の114億ドルを記録、化学品の輸出量並びに輸入量共に記録を更新している。 今年初め5か月間の化学製品輸入は、前年同期比5.3%減少の161億ドル、輸入量は12.4%増加の1,880万トン、輸出は11.3%減少の47億ドル、輸出量は18.7%増加の640万トンを記録している。 今年5月の化学製品の国内生産は1.92%減少、4月は19.35%減少していた。また5月の化学製品の国内販売は16.0%増加したが、4月国内販売は過去30年間で最大の落込みを記録していた。 COVID-19パンデミックの影響で、海外の化学製品価格は石油の国際コモディティ価格下落に伴って減少した一方で、化学製品の主原料の国内製品の価格は、海外市場よりも39.0%高いために価格競争力を失くしている。 今年の化学製品の貿易収支は過去最高の赤字になる可能性がある。今年の化学製品の平均月間輸入額は32億ドル、5月の過去12か月間の貿易収支は315億ドルに達しており、2013年の320億ドルの赤字に肉薄している。 特にCOVID-19パンデミック対応の化学製品輸入が拍車をかけており、今年初め5か月間の衛生・医薬品関連製品並びに肥料向け中間財製品の輸入は、それぞれ25億ドルに達して化学製品輸入の33%以上を占めている。 一方化学製品の輸出では、特に焼成アルミナの各種無機製品が2.7%増加の15億ドル、熱可塑性樹脂関連の輸出は22.0%減少の6億1,080万ドルに留まっている。

COVID-19 Abiquimが生産戦略を見直しへ

2020年5月の過去12か月間の輸入化学製品は、COVID-19パンデミックの影響も追い風に国内消費の46%を占めている一方で、国産の化学製品は益々国内のマーケットシェアを削がれてきている。 ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2020年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は前年同期比2.6%減少の114億ドルを記録、化学品の輸出量並びに輸入量共に記録を更新している。 今年初め5か月間の化学製品輸入は、前年同期比5.3%減少の161億ドル、輸入量は12.4%増加の1,880万トン、輸出は11.3%減少の47億ドル、輸出量は18.7%増加の640万トンを記録している。 今年5月の化学製品の国内生産は1.92%減少、4月は19.35%減少していた。また5月の化学製品の国内販売は16.0%増加したが、4月国内販売は過去30年間で最大の落込みを記録していた。 COVID-19パンデミックの影響で、海外の化学製品価格は石油の国際コモディティ価格下落に伴って減少した一方で、化学製品の主原料の国内製品の価格は、海外市場よりも39.0%高いために価格競争力を失くしている。 今年の化学製品の貿易収支は過去最高の赤字になる可能性がある。今年の化学製品の平均月間輸入額は32億ドル、5月の過去12か月間の貿易収支は315億ドルに達しており、2013年の320億ドルの赤字に肉薄している。 特にCOVID-19パンデミック対応の化学製品輸入が拍車をかけており、今年初め5か月間の衛生・医薬品関連製品並びに肥料向け中間財製品の輸入は、それぞれ25億ドルに達して化学製品輸入の33%以上を占めている。 一方化学製品の輸出では、特に焼成アルミナの各種無機製品が2.7%増加の15億ドル、熱可塑性樹脂関連の輸出は22.0%減少の6億1,080万ドルに留まっている。

ペトロブラスはパラナ州の化学肥料工場(Fafen)を閉鎖か

2020年5月の過去12か月間の輸入化学製品は、COVID-19パンデミックの影響も追い風に国内消費の46%を占めている一方で、国産の化学製品は益々国内のマーケットシェアを削がれてきている。 ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2020年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は前年同期比2.6%減少の114億ドルを記録、化学品の輸出量並びに輸入量共に記録を更新している。 今年初め5か月間の化学製品輸入は、前年同期比5.3%減少の161億ドル、輸入量は12.4%増加の1,880万トン、輸出は11.3%減少の47億ドル、輸出量は18.7%増加の640万トンを記録している。 今年5月の化学製品の国内生産は1.92%減少、4月は19.35%減少していた。また5月の化学製品の国内販売は16.0%増加したが、4月国内販売は過去30年間で最大の落込みを記録していた。 COVID-19パンデミックの影響で、海外の化学製品価格は石油の国際コモディティ価格下落に伴って減少した一方で、化学製品の主原料の国内製品の価格は、海外市場よりも39.0%高いために価格競争力を失くしている。 今年の化学製品の貿易収支は過去最高の赤字になる可能性がある。今年の化学製品の平均月間輸入額は32億ドル、5月の過去12か月間の貿易収支は315億ドルに達しており、2013年の320億ドルの赤字に肉薄している。 特にCOVID-19パンデミック対応の化学製品輸入が拍車をかけており、今年初め5か月間の衛生・医薬品関連製品並びに肥料向け中間財製品の輸入は、それぞれ25億ドルに達して化学製品輸入の33%以上を占めている。 一方化学製品の輸出では、特に焼成アルミナの各種無機製品が2.7%増加の15億ドル、熱可塑性樹脂関連の輸出は22.0%減少の6億1,080万ドルに留まっている。

ペトロブラス石油公社の盗油による損害額は年間1億5,000万レアル

2020年5月の過去12か月間の輸入化学製品は、COVID-19パンデミックの影響も追い風に国内消費の46%を占めている一方で、国産の化学製品は益々国内のマーケットシェアを削がれてきている。 ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2020年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は前年同期比2.6%減少の114億ドルを記録、化学品の輸出量並びに輸入量共に記録を更新している。 今年初め5か月間の化学製品輸入は、前年同期比5.3%減少の161億ドル、輸入量は12.4%増加の1,880万トン、輸出は11.3%減少の47億ドル、輸出量は18.7%増加の640万トンを記録している。 今年5月の化学製品の国内生産は1.92%減少、4月は19.35%減少していた。また5月の化学製品の国内販売は16.0%増加したが、4月国内販売は過去30年間で最大の落込みを記録していた。 COVID-19パンデミックの影響で、海外の化学製品価格は石油の国際コモディティ価格下落に伴って減少した一方で、化学製品の主原料の国内製品の価格は、海外市場よりも39.0%高いために価格競争力を失くしている。 今年の化学製品の貿易収支は過去最高の赤字になる可能性がある。今年の化学製品の平均月間輸入額は32億ドル、5月の過去12か月間の貿易収支は315億ドルに達しており、2013年の320億ドルの赤字に肉薄している。 特にCOVID-19パンデミック対応の化学製品輸入が拍車をかけており、今年初め5か月間の衛生・医薬品関連製品並びに肥料向け中間財製品の輸入は、それぞれ25億ドルに達して化学製品輸入の33%以上を占めている。 一方化学製品の輸出では、特に焼成アルミナの各種無機製品が2.7%増加の15億ドル、熱可塑性樹脂関連の輸出は22.0%減少の6億1,080万ドルに留まっている。

ブラジル資本Natura社は Avon社買収で世界4位の化粧品会社誕生

2020年5月の過去12か月間の輸入化学製品は、COVID-19パンデミックの影響も追い風に国内消費の46%を占めている一方で、国産の化学製品は益々国内のマーケットシェアを削がれてきている。 ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2020年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は前年同期比2.6%減少の114億ドルを記録、化学品の輸出量並びに輸入量共に記録を更新している。 今年初め5か月間の化学製品輸入は、前年同期比5.3%減少の161億ドル、輸入量は12.4%増加の1,880万トン、輸出は11.3%減少の47億ドル、輸出量は18.7%増加の640万トンを記録している。 今年5月の化学製品の国内生産は1.92%減少、4月は19.35%減少していた。また5月の化学製品の国内販売は16.0%増加したが、4月国内販売は過去30年間で最大の落込みを記録していた。 COVID-19パンデミックの影響で、海外の化学製品価格は石油の国際コモディティ価格下落に伴って減少した一方で、化学製品の主原料の国内製品の価格は、海外市場よりも39.0%高いために価格競争力を失くしている。 今年の化学製品の貿易収支は過去最高の赤字になる可能性がある。今年の化学製品の平均月間輸入額は32億ドル、5月の過去12か月間の貿易収支は315億ドルに達しており、2013年の320億ドルの赤字に肉薄している。 特にCOVID-19パンデミック対応の化学製品輸入が拍車をかけており、今年初め5か月間の衛生・医薬品関連製品並びに肥料向け中間財製品の輸入は、それぞれ25億ドルに達して化学製品輸入の33%以上を占めている。 一方化学製品の輸出では、特に焼成アルミナの各種無機製品が2.7%増加の15億ドル、熱可塑性樹脂関連の輸出は22.0%減少の6億1,080万ドルに留まっている。

今年の化学業界の貿易収支赤字は291億ドル予想

2020年5月の過去12か月間の輸入化学製品は、COVID-19パンデミックの影響も追い風に国内消費の46%を占めている一方で、国産の化学製品は益々国内のマーケットシェアを削がれてきている。 ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2020年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は前年同期比2.6%減少の114億ドルを記録、化学品の輸出量並びに輸入量共に記録を更新している。 今年初め5か月間の化学製品輸入は、前年同期比5.3%減少の161億ドル、輸入量は12.4%増加の1,880万トン、輸出は11.3%減少の47億ドル、輸出量は18.7%増加の640万トンを記録している。 今年5月の化学製品の国内生産は1.92%減少、4月は19.35%減少していた。また5月の化学製品の国内販売は16.0%増加したが、4月国内販売は過去30年間で最大の落込みを記録していた。 COVID-19パンデミックの影響で、海外の化学製品価格は石油の国際コモディティ価格下落に伴って減少した一方で、化学製品の主原料の国内製品の価格は、海外市場よりも39.0%高いために価格競争力を失くしている。 今年の化学製品の貿易収支は過去最高の赤字になる可能性がある。今年の化学製品の平均月間輸入額は32億ドル、5月の過去12か月間の貿易収支は315億ドルに達しており、2013年の320億ドルの赤字に肉薄している。 特にCOVID-19パンデミック対応の化学製品輸入が拍車をかけており、今年初め5か月間の衛生・医薬品関連製品並びに肥料向け中間財製品の輸入は、それぞれ25億ドルに達して化学製品輸入の33%以上を占めている。 一方化学製品の輸出では、特に焼成アルミナの各種無機製品が2.7%増加の15億ドル、熱可塑性樹脂関連の輸出は22.0%減少の6億1,080万ドルに留まっている。

今年の工業用シリコーン生産は7.0%増加予想

2020年5月の過去12か月間の輸入化学製品は、COVID-19パンデミックの影響も追い風に国内消費の46%を占めている一方で、国産の化学製品は益々国内のマーケットシェアを削がれてきている。 ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2020年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は前年同期比2.6%減少の114億ドルを記録、化学品の輸出量並びに輸入量共に記録を更新している。 今年初め5か月間の化学製品輸入は、前年同期比5.3%減少の161億ドル、輸入量は12.4%増加の1,880万トン、輸出は11.3%減少の47億ドル、輸出量は18.7%増加の640万トンを記録している。 今年5月の化学製品の国内生産は1.92%減少、4月は19.35%減少していた。また5月の化学製品の国内販売は16.0%増加したが、4月国内販売は過去30年間で最大の落込みを記録していた。 COVID-19パンデミックの影響で、海外の化学製品価格は石油の国際コモディティ価格下落に伴って減少した一方で、化学製品の主原料の国内製品の価格は、海外市場よりも39.0%高いために価格競争力を失くしている。 今年の化学製品の貿易収支は過去最高の赤字になる可能性がある。今年の化学製品の平均月間輸入額は32億ドル、5月の過去12か月間の貿易収支は315億ドルに達しており、2013年の320億ドルの赤字に肉薄している。 特にCOVID-19パンデミック対応の化学製品輸入が拍車をかけており、今年初め5か月間の衛生・医薬品関連製品並びに肥料向け中間財製品の輸入は、それぞれ25億ドルに達して化学製品輸入の33%以上を占めている。 一方化学製品の輸出では、特に焼成アルミナの各種無機製品が2.7%増加の15億ドル、熱可塑性樹脂関連の輸出は22.0%減少の6億1,080万ドルに留まっている。

6月の段ポール箱出荷は11.6%と二桁増加

2020年5月の過去12か月間の輸入化学製品は、COVID-19パンデミックの影響も追い風に国内消費の46%を占めている一方で、国産の化学製品は益々国内のマーケットシェアを削がれてきている。 ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2020年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は前年同期比2.6%減少の114億ドルを記録、化学品の輸出量並びに輸入量共に記録を更新している。 今年初め5か月間の化学製品輸入は、前年同期比5.3%減少の161億ドル、輸入量は12.4%増加の1,880万トン、輸出は11.3%減少の47億ドル、輸出量は18.7%増加の640万トンを記録している。 今年5月の化学製品の国内生産は1.92%減少、4月は19.35%減少していた。また5月の化学製品の国内販売は16.0%増加したが、4月国内販売は過去30年間で最大の落込みを記録していた。 COVID-19パンデミックの影響で、海外の化学製品価格は石油の国際コモディティ価格下落に伴って減少した一方で、化学製品の主原料の国内製品の価格は、海外市場よりも39.0%高いために価格競争力を失くしている。 今年の化学製品の貿易収支は過去最高の赤字になる可能性がある。今年の化学製品の平均月間輸入額は32億ドル、5月の過去12か月間の貿易収支は315億ドルに達しており、2013年の320億ドルの赤字に肉薄している。 特にCOVID-19パンデミック対応の化学製品輸入が拍車をかけており、今年初め5か月間の衛生・医薬品関連製品並びに肥料向け中間財製品の輸入は、それぞれ25億ドルに達して化学製品輸入の33%以上を占めている。 一方化学製品の輸出では、特に焼成アルミナの各種無機製品が2.7%増加の15億ドル、熱可塑性樹脂関連の輸出は22.0%減少の6億1,080万ドルに留まっている。

今年末の石油価格は90ドルの可能性

2020年5月の過去12か月間の輸入化学製品は、COVID-19パンデミックの影響も追い風に国内消費の46%を占めている一方で、国産の化学製品は益々国内のマーケットシェアを削がれてきている。 ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2020年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は前年同期比2.6%減少の114億ドルを記録、化学品の輸出量並びに輸入量共に記録を更新している。 今年初め5か月間の化学製品輸入は、前年同期比5.3%減少の161億ドル、輸入量は12.4%増加の1,880万トン、輸出は11.3%減少の47億ドル、輸出量は18.7%増加の640万トンを記録している。 今年5月の化学製品の国内生産は1.92%減少、4月は19.35%減少していた。また5月の化学製品の国内販売は16.0%増加したが、4月国内販売は過去30年間で最大の落込みを記録していた。 COVID-19パンデミックの影響で、海外の化学製品価格は石油の国際コモディティ価格下落に伴って減少した一方で、化学製品の主原料の国内製品の価格は、海外市場よりも39.0%高いために価格競争力を失くしている。 今年の化学製品の貿易収支は過去最高の赤字になる可能性がある。今年の化学製品の平均月間輸入額は32億ドル、5月の過去12か月間の貿易収支は315億ドルに達しており、2013年の320億ドルの赤字に肉薄している。 特にCOVID-19パンデミック対応の化学製品輸入が拍車をかけており、今年初め5か月間の衛生・医薬品関連製品並びに肥料向け中間財製品の輸入は、それぞれ25億ドルに達して化学製品輸入の33%以上を占めている。 一方化学製品の輸出では、特に焼成アルミナの各種無機製品が2.7%増加の15億ドル、熱可塑性樹脂関連の輸出は22.0%減少の6億1,080万ドルに留まっている。

Natura社はUnilever社を追い越して化粧品業界リーダーに再登場

2020年5月の過去12か月間の輸入化学製品は、COVID-19パンデミックの影響も追い風に国内消費の46%を占めている一方で、国産の化学製品は益々国内のマーケットシェアを削がれてきている。 ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2020年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は前年同期比2.6%減少の114億ドルを記録、化学品の輸出量並びに輸入量共に記録を更新している。 今年初め5か月間の化学製品輸入は、前年同期比5.3%減少の161億ドル、輸入量は12.4%増加の1,880万トン、輸出は11.3%減少の47億ドル、輸出量は18.7%増加の640万トンを記録している。 今年5月の化学製品の国内生産は1.92%減少、4月は19.35%減少していた。また5月の化学製品の国内販売は16.0%増加したが、4月国内販売は過去30年間で最大の落込みを記録していた。 COVID-19パンデミックの影響で、海外の化学製品価格は石油の国際コモディティ価格下落に伴って減少した一方で、化学製品の主原料の国内製品の価格は、海外市場よりも39.0%高いために価格競争力を失くしている。 今年の化学製品の貿易収支は過去最高の赤字になる可能性がある。今年の化学製品の平均月間輸入額は32億ドル、5月の過去12か月間の貿易収支は315億ドルに達しており、2013年の320億ドルの赤字に肉薄している。 特にCOVID-19パンデミック対応の化学製品輸入が拍車をかけており、今年初め5か月間の衛生・医薬品関連製品並びに肥料向け中間財製品の輸入は、それぞれ25億ドルに達して化学製品輸入の33%以上を占めている。 一方化学製品の輸出では、特に焼成アルミナの各種無機製品が2.7%増加の15億ドル、熱可塑性樹脂関連の輸出は22.0%減少の6億1,080万ドルに留まっている。

ペトロブラスは北東部の肥料工場2カ所を操業停止

2020年5月の過去12か月間の輸入化学製品は、COVID-19パンデミックの影響も追い風に国内消費の46%を占めている一方で、国産の化学製品は益々国内のマーケットシェアを削がれてきている。 ブラジル化学工業協会(Abiquim)の発表によると、2020年初め5か月間の化学工業部門の貿易収支赤字は前年同期比2.6%減少の114億ドルを記録、化学品の輸出量並びに輸入量共に記録を更新している。 今年初め5か月間の化学製品輸入は、前年同期比5.3%減少の161億ドル、輸入量は12.4%増加の1,880万トン、輸出は11.3%減少の47億ドル、輸出量は18.7%増加の640万トンを記録している。 今年5月の化学製品の国内生産は1.92%減少、4月は19.35%減少していた。また5月の化学製品の国内販売は16.0%増加したが、4月国内販売は過去30年間で最大の落込みを記録していた。 COVID-19パンデミックの影響で、海外の化学製品価格は石油の国際コモディティ価格下落に伴って減少した一方で、化学製品の主原料の国内製品の価格は、海外市場よりも39.0%高いために価格競争力を失くしている。 今年の化学製品の貿易収支は過去最高の赤字になる可能性がある。今年の化学製品の平均月間輸入額は32億ドル、5月の過去12か月間の貿易収支は315億ドルに達しており、2013年の320億ドルの赤字に肉薄している。 特にCOVID-19パンデミック対応の化学製品輸入が拍車をかけており、今年初め5か月間の衛生・医薬品関連製品並びに肥料向け中間財製品の輸入は、それぞれ25億ドルに達して化学製品輸入の33%以上を占めている。 一方化学製品の輸出では、特に焼成アルミナの各種無機製品が2.7%増加の15億ドル、熱可塑性樹脂関連の輸出は22.0%減少の6億1,080万ドルに留まっている。