土曜日, 9月 18, 2021

ロージャス・アメリカーナスは、宅配電動自動車で二酸化炭素の排出削減(2021年7月13日付けエスタード紙)

小売販売大手のロージャス・アメリカーナスは、宅配用に自転車や電動自動車を活用して、2025年までに二酸化炭素排出量ゼロを目標に500台のタイを中心に、東南アジアで普及している「トゥクトゥク」と呼ばれる電動オート三輪の使用を計画している。 ロージャス・アメリカーナスは、7月から電気自動車による宅配オペレーションを開始する。同社は500台以上のエコ―エフィシエンシー車両として、150台のトゥクトゥクと170台の一般的な自転車で二酸化炭素の10%排出削減、2025年には二酸化炭素の100%排出削減を目指している。 COVID-19パンデミックによる外出自粛や必需品以外の実店舗による小売販売の自粛要請で、オンライン販売が飛躍的に増加するに伴って、オンラインの小売販売網は、宅配部門に省エネでクリーンエネルギーの配達方法に舵を切り出した。 ロージャス・アメリカーナスのコンペチターのアルゼンチン資本で、南米市場向けオンライン取引ウェブサイトを運営するメルカード・リブレ社は、宅配用に50台の電気自動車を購入している。 ロージャス・アメリカーナスが宅配用に購入する80台の「トゥクトゥク」と呼ばれる電動オート三輪は、リオ市以外にサンパウロ市都市圏、カンピーナス市並びにリベイロン・プレート市内での宅配に活用される。 今年12月までに更に100台のトゥクトゥク車の購入で、ベロ・オリゾンテ市、クリチーバ市、レシーフェ市並びにポルト・アレグレ市の宅配に活用される予定、直接及び間接雇用も含めて200人の雇用創出に繋がる。 トゥクトゥク車はリチウムイオンバッテリー搭載、1回の充電で200キロメートルから250キロメートルの走行が可能となり、1日半の宅配ができる上に、二酸化炭素の無配出及び90%の燃料コスト削減に繋がる利点がある。 昨年のロージャス・アメリカーナス社は、180万件を自転車で宅配、今年は手始めに90台のトゥクトゥク車で南部地域、南東部地域並びに北東部地域の主要都市で宅配を開始、また最大重量23トンの貨物を輸送する能力を有する、バイオメタン及び天然ガス燃料トラックを使用しだした。

昨年のブラジル国内の自然災害による損害は40億ドル以上(2021年5月20日付けエスタード紙)

世界的なリスクコンサルタント企業の米国資本Aon社の気候・災害分析報告書によると、2020年のブラジルの自然災害による損失は、40億ドルを突破している。 Aon社が算出する統計表は、持続可能性を目的とした政府や企業の慣行の欠如による経済的影響を定量化するために、金融市場が使用する主要な指標の1つとして利用されている。 シカゴに本社を置くエーオン社(Aon Corporation)は、リスクマネジメント、保険、再保険ブローカー、人事および経営のコンサルティング、特殊な保険のアンダーライティングの分野のリーディングカンパニー。 昨年のラ・ニーニャ現象で影響を受けた旱魃によるブラジル国内の森林火災の被害総額は、30億ドルに達している。一方洪水によるブラジル国内の被害総額は、10億ドル以上が見込まれている。 エーオン社(Aon Corporation)の報告書によると、2019年8月~2020年7月までの1年間の法定アマゾン地域の森林火災による熱帯雨林消滅は、前年比84.0%増加の1,110万エーカーに相当する450万ヘクタールに達している。 環境衛星応用研究所(Lasa)によると、2020年7月までの1年間のアマゾン地域の森林火災による熱帯雨林消滅面積は、エスピリト・サント州の面積に相当し、またバイオームの総面積の30%に相当する。

新型コロナウイルス危機はアマゾンの熱帯雨林伐採防止に障害とサーレス環境相は指摘(2020年5月12日付けエスタード紙)

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

COVID-19が水産業界にも波及(2020年4月7日付けバロール紙)

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

ペトロブラスはTotal社と共同でクリーンエネルギー分野に投資

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

オーストリア国土面積に匹敵する熱帯雨林環境保護区消滅の可能性

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

環境ライセンスの規制緩和

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

サントス沿岸部都市のごみ焼却で電力エネルギー生産

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

高速鉄道の環境ライセンス認可は来年中頃か

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

ベロ・モンテ水力発電所の環境ライセンス問題でIbamaの担当者が辞任

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

2020年までに40%の温暖化効果ガス削減

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

JBS並びに年金ファンドは植林事業に投資

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

マット・グロッソ州での熱帯雨林伐採が急増

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

Ibamaは製鉄会社に違法木炭使用で4億レアルの罰金

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

…..

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

エタノールの国際商品コモデティ化は2012年以降

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

二酸化炭素排出権取引開始

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

PCHプロジェクトもカーボンクレジット承認か

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。

BM&Fでカーボンクレジット取引開始

ノルウェー銀行(ノルウェーの中央銀行に相当するNorges Bank)は管理下にあるノルウェー公的年金基金(GPFG)は、環境破壊や人権侵害との関連を理由に、世界資源大手のヴァーレ社並びにラテンアメリカ最大級の電力エネルギー会社であるブラジル中央電力公社(Eletrobras)を投資対象から除外すると発表した。 世界中に1兆ドルを投資しているノルウエー政府系ファンド(GPFG)を傘下に持つノルウェー銀行経営審議会は、環境破壊や人権侵害のリスクを懸念して、Vale社並びにEletrobras社に投資してきた資金引き揚げを決定した。  13日にノルウエー銀行は、パラー州アルタミラ市付近のアマゾン川水系シングー川のベロ・モンテ水力発電所開発に絡む労働条件改善の要求ストなどの労働問題、人権や社会保障など容認できないリスクを抱えているEletrobras社を投資対象から除外した。 一方ヴァーレ社の投資除外対象の理由として、270人の犠牲者を出した2019年1月25日に発生したヴァーレ社のミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故は、2015年11月にBHP社との共同事業であるサマルコ社のマリアーナ鉱山鉱滓用ダムの決壊事故発生で過去最悪規模の人身事故となり、有毒物質を含んだ濁流によるドーセ川流域一帯の環境破壊、漁業および農業への壊滅的被害が発生、19人が死亡した事故発生から僅か3年しか経っていないにも拘らず、同じミナス州内で同様の事故が発生していた経緯があった。 ヴァーレ社への投資を撤廃したのは、英国資本のChurch of England社並びに米国の年金ファンドのcaliforniano Calpers社はヴァーレ社の4億200万ドルの債券を放出、オランダ資本Robeco社は、ヴァーレ社を投資リストから除外している。  またノルウエー銀行は、投資対象の除外リストに、国際コモディティ関連のGlencore社並びにAnglo American社、電力エネルギー企業のCenovus Energy社、Suncor Energy社並びにImperial Oil社を加えている。 ノルウエー銀行がヴァーレ社の投資除外を発表した日に、ヴァーレ社は温室効果ガスの二酸化炭素排出量を2030年までに33%減少、2050年には二酸化炭素排出量がゼロとなる総額20億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを発表していた。 Eletrobrás社は、2020年までに100%特別社会還元の「事業そのものに直結する内容」を調査・査定する「ビジネスデューデリジェンス」の実現を目指しており、グループ企業のSPE Norte Energia社並びにUHE Belo Monte社でも実施が予定されている。