バイオメタン活用でディーゼル燃料輸入を大幅に削減(2022年9月26日付けヴァロール紙)

ブラジルのバイオメタン生産施設を最大限に活用した場合、大型車両のディーゼル燃料の代替えすれば、今後10 年間ですべての化石燃料のディゼル燃料輸入の大幅な削減に繋がり、2031年迄の10年間で、最大1,370 億ドルに相当する節約に繋がる。

ブラジルインフラセンター(CBIE)が行った計算では、ブラジル国内で化石燃料を再生可能エネルギーに置き換える可能性があり、大気に最も有害なガスであるメタンの短期的な排出が削減に繋がり、またブラジルの貿易収支の改善に繋がる。

ディーゼル燃料の輸入を停止してバイオメタンに完全に代替えするには、ブラジル国内のバイオメタン産業が 2031 年までに年間生産能力 400 億リットル、つまり 1 日あたり 1 億 1,289 万立方メートルのバイオガスを生産する必要がある。

今後のブラジルのGDP伸び率予想から2022年のブラジル国内のディーゼル燃料消費は572億リットル、2026年は603億リットル、2029年は676億リットル、2031年は729億リットルが見込まれている。

今年のGDP伸び率が2.00%、2023年0.9%、2024年2.5%、2025年3.00%、2026年から2031年迄のGDP伸び率は3.5%と仮定すると、ブラジルは 2031 年に 300 億リットルのディーゼル燃料を輸入する必要があるが、バイオメタン代替効果は2031年のディーゼル燃料の総消費量729億リットルの429億リットルをバイオメタン燃料に置き換える可能が見込まれている。

 

8月の電力エネルギー消費量は前年同月比0.6%微増(2022年9月22日付けヴァロール紙)

ブラジル電力取引市場(CCEE)の統計によると、2022年8月のブラジル国内市場の電力エネルギーの平均消費は、前年同月比0.6%微増の6万3,727メガワットを記録している。

今年8月の販売先が自由な電力エネルギー消費量は、5.9%増加の2万3,700メガワット、販売先が限定されている電力エネルギー消費量は、マイナス2.4%の4万27メガワットであった。

また今年初め12か月間の販売先が自由な累計電力エネルギー消費量は、前年同期比3.3%増加した一方で、販売先が限定されている電力エネルギー消費量はマイナス0.7%微減している。

今年8月の州別の電力エネルギー消費量比較では、北大河州の電力エネルギー消費量は前年同月期比マイナス7.0%と最も大きな落ち込みを記録した一方で、マラニョン州は16.0%増加と二桁台の電力エネルギー消費量を記録、マナウスフリーゾーンを抱えるアマゾナス州は7.0%増加している。

今年8月の産業部門別の電力エネルギー消費量比較では、木材・紙・パルプ部門の電力エネルギー消費量は18.4%増加、サービス部門の電力エネルギー消費量は14.1%とそれぞれ二桁台の伸び率で牽引している。

8月のブラジル国内の電力エネルギー生産は前年同月比2.1%増加の6万6,027メガワット、そのうち水力発電は34.4%に相当する4万3,585メガワット、火力発電はマイナス56.2%の9466メガワット、風力発電は14.9%に相当する1万2,764メガワット、太陽光発電は82.0%増加の1,583メガワットであった。

ペトロブラスは20日から石油製油所のディーゼル燃料価格を5.78%値下げ(2022年9月19日付けヴァロール紙)

ペトロブラス石油公社は、20日からグループ傘下の石油製油所のディーゼル燃料の卸売価格を現在の1リットル当たり5.19レアルを0.3レアル値下げの4.89レアルにすると発表している。

20日からのペトロブラスによるディーゼル燃料の卸売価格の0.2レアルの値下げは5.78%の値下げに相当、ガソリンスタントで販売されるディーゼル燃料の混合比率は90%がdiesel A、10%はバイオディーゼルとなっている。

ペトロブラス石油公社の一般消費者への1リットル当たりのディーゼル燃料価格は、現行の4.67レアルから4.40レアルに引き下げられ、インフレ指数の抑制に繋がると期待されている。

今回のペトロブラスによるディーゼル燃料の卸売価格の値下げは、販売価格と市場のバランスをとろうとするペトロブラスの価格設定慣行と一致していますが、石油の国際コモディティ価格と為替レートの結合ボラティリティを国内価格に転嫁することはではないと同社では説明している。

6月の天然ガス消費は前年同月比30%減少(2022年8月30日付けヴァロール紙)

ブラジル都市ガス配給業者協会(Abegas)の調査によると、2022年6月の1日当りのブラジル国内の天然ガス消費は、5,830万4,000立法メートルに留まっている。

2021年6月のブラジル国内の1日当りの天然ガス消費は、旱魃による水力発電所の電力エネルギー発電を補うために火力発電所の稼働余儀なくされた影響で、今年6月の29.02%増加の8,214万7,000立法メートルを記録していた。

今年6月の火力発電所向けの天然ガス需要は、水力発電所の稼働に反比例するように1,277万8,000立法メートルに留まって、昨年同月の3,944万9,000立法メートルの3分の1以下の消費に留まっている。

今年6月の鉱工業部門の天然ガス消費は、前年同月比6.98%増加の3,250万2,000立法メートル、一般住宅向け消費は、6.44%増加の178万6,000立法メートル、商業部門向け天然ガスの消費は、8.43%増加の84万2,000立法メートルであった。

 

ディーゼル燃料の国際コモディティ価格下落で、1リットル当たり0.64レアル値下げの可能性(2022年8月8日付ヴァロール紙)

ペトロブラス石油公社は、傘下の石油製油所のディーゼル燃料価格の1リットル当たりの卸値価格を5日から3.5%に相当する20センターボス値下げの5.41レアルに設定、同社のディーゼル燃料価格は約50日間にわたって据置されていたが、国際コモディティ価格並みの価格への変更で交渉が行われていた経緯があった。

8日のブラジル燃料輸入業者協会(Abicom)の発表によると、ペトロブラスが傘下の石油製油所のディーゼル燃料価格を1リットル当たり0.2レアル切下げて4日が経過したが、石油の国際コモディティ価格の減少及びレアル通貨に対するドルの為替の減少で、ブラジル国内のディーゼル燃料価格は、海外よりも14.0%と依然として大幅な価格差が生じている。

ブラジル国内のディーゼル燃料価格を海外との価格差を失くするためには、1リットル当たりの国内のディーゼル燃料価格は0.64レアル値下げする必要があるが、ペトロブラスは、今月5日からディーゼル燃料価格は3.5%引き下げていた経緯があった。

ロシアによるウクライナ侵攻の影響で、石油の国際コモディティ価格の変動が激しにも拘らず、最近の石油の国際コモディティ価格は、1バレル当たり100ドルを割り込んで推移している。

今年7月末にペトロブラスは2回連続で値下げ、1リットル当たり0.35レアル値下げしたが、ブラジル国内のガソリン価格は、メキシコ湾岸価格よりも依然として8.0%に相当する1リットル当たり0.28レアル高い。

昨年末に民営化されたMataripe製油所をコントロールしているAcelen社は、ブラジル国内の石油派生品の14.0%のマーケットシェアを持っているが、毎週ガソリン及びディーゼル燃料価格を調整。同社の卸売価格は海外市場価格よりも僅か5.0%高いが、ペトロブラスの価格を下回っている。

5日 Acelen社はディーゼル燃料価格を7.5%、ガソリン価格を9.0%それぞれ値下げ、ペトロブラスの価格をそれぞれ下回っている。

ペトロブラスは5日からディーゼル燃料価格を3.5%値下げで5.41レアルに決定(2022年8月4日付けエスタード紙)

ペトロブラス石油公社は、傘下の石油製油所のディーゼル燃料価格の1リットル当たりの卸値価格を5日から3.5%に相当する20センターボス値下げの5.41レアルに設定、同社のディーゼル燃料価格は約50日間にわたって据置されていたが、国際コモディティ価格並みの価格への変更で交渉が行われていた経緯があった。

今回のディーゼル燃料価格の3.5%の値下げは、ディーゼル燃料の国際コモディティ価格並みへの価格調整であり、国際コモディティ価格及びレアル通貨に対するドル為替の変動幅を全て価格転嫁するものではないとペトロブラスは説明している。

ペトロブラスが値下げを発表したのと同時に、ジャイール・ボルソナロ大統領は国営企業の同社を再び批判した。 グアルーリョス市で開催されたブラジル・アッセンブリーズ・オブ・ゴッド総会(CGADB)のメンバーとのイベントで、彼はペトロブラスの純益について不平を言い、福音派の牧師に対して燃料価格についてグッドニュースを約束した。

ボルソナロ大統領は、「ペトロブラスを誇りに思っている我々は、同社に干渉するつもりはないが、同社の膨大な純益には複雑な思いだ。 我々はペトロブラス社がブラジルを象徴する企業で誇りを持っているが、純益が大きすぎると指摘した。またボルソナロ大統領は、再選キャンペーンの障害となっているトピックである燃料価格の下落に言及して、燃料価格について良いニュースが得られることを望んでいる」と述べた。

ペトロブラス社の石油派生品価格問題では、短期間に同社総裁の解任が続いていた経緯があり、最後の総裁解任は、6月末にカイオ・パエス・デ・アンドラーデ総裁が 2 か月余り在職したホセ・マウロ・コエーリョ前総裁の後任についている。

7月のペトロブラスのブージオス油田の1日当りの平均原油生産は、61万6,000バレルに達し記録更新(2022年8月2日付ヴァロール紙)

ペトロブラス石油公社のサントス海盆の岩塩層下(プレソルト)の Búzios油田の今年7月の1日当りの平均原油生産は61万6,000バレルに達し、2018年4月の原油生産開始以降では最高の生産量に達している。

今年7月の原油生産を行っているBúzios油田のペトロブラス石油公社の権益比率による取り分は56万4,000バレル、中国石油天然ガス集団(CNPC)並びに中国海洋石油総公司(CNOOC)の取り分は、5万1,000バレルとなっている。

今年7月のBúzios油田のオペレーション効率は95%に達しており、プレソルト原油生産向けFPSO(洋上浮体式生産・貯蔵・積出施設)の4基の石油採掘向けプラットフォームが操業している。

2023年初めに、Búzios油田には5基目となるAlmirante Barroso と命名されているプレソルト原油生産向けFPSOが投入される予定で、1日当りの原油生産能力は15万バレル、天然ガス生産は600万立方メートル、2026年のBúzios油田の原油生産は、同社の生産量の33.0%に達すると見込まれている。

ペトロブラスの今年第2四半期の純益は26.8%増加の543億レアルを記録(2022年7月29日付けエスタード紙)

ペトロブラス石油公社の2022年第2四半期の純益は、ロシアによるウクライナ侵攻の影響で石油の国際コモディティ価格の高騰、ブラジル国内の好調な燃料販売及び原油の輸出が牽引して前年同期比26.8%増加の543億レアルに達し、2020年第4四半期の599億レアルの純益に次ぐ過去2番目の純益を記録している。

また今年第2四半期の純益増加の要因として、3月中旬に行われた石油派生品の大幅な値上げ、5月初めのディーゼル燃料の再度の値上げで、ペトロブラスの今年上半期の純益は前年同期比124.6%増加の988億レアルに達している。

今年第2四半期の売上は前年同期比54.4%増加の1,709億レアルを記録、特に岩塩層下(プレサル)鉱区のSépia 油田及び Atapu油田の原油生産は142億レアルの売上増加に結び付いている。

第2四半期の税引前利益に支払利息と減価償却費を加算したもので、総資本に対してどの程度のキャッシュフローを産みだしたかを簡易的に示す(Ebitda) は前年同期比58.6%増加の982億レアルを記録、前四半期比では26.4%増加を記録している。

ペトロブラス石油公社による石油派生品の値上げはインフレ要因になるとジャイール・ボルソナロ大統領は大統領就任後3年半の間にペトロブラス総裁を4回も罷免した経緯があり、与野党から非難されるも聞く耳を持たない状況が続いている。

今年上半期のブラジルの電力エネルギー消費は前年同期比1.4%増加(2022年7月27日付ヴァロール紙)

ブラジル電力取引市場(CCEE)の統計によると、2022年上半期のブラジル国内市場の電力エネルギー消費は、飲料部門、食品部門並びにサービス部門の経済活動の回復に伴って前年同期比1.4%増加の6万6028メガワットを記録している。

今年上半期の販売先が限定されていない自由市場向け電力エネルギー消費は6.6%増加の2万3428メガワットと電力エネルギー需要の35.5%を占めていた。

一方電力エネルギー供給先が限定されている特定市場向け電力エネルギー消費はマイナス1.3%に相当する4万2599メガワットを記録している。

国家電力庁(Aneel)の発表によると、2021年のブラジル国内の電力エネルギー発電供給不足に陥る危険性を避けるために、旱魃による水力発電所の貯水ダムの水位低下を補う目的で、コスト高の火力発電所の稼働を余儀なくされていた経緯があった。

太陽光発電は水力及び火力発電に次いで第3位の電力源(2022年7月19日付ヴァロール紙)

国家電力庁(Aneel)の統計を基にしたブラジル太陽光発電協会 (Absolar) の発表によると、地球温暖化の原因の一つである二酸化炭素を排出しないで、何処にでも設置できる太陽光発電による電力エネルギー供給は、大型太陽光発電所や個人家庭向けなどを合わせた総発電量は164ギガワットに達している。

太陽光発電による電力エネルギー供給量164ギガワットは、天然ガスによる火力発電の電力エネルギー供給量163ギガワット、またバイオマスによる電力エネルギー供給量163ギガワットをそれぞれ僅かに上回っている。

太陽光発電による電力エネルギー供給は、大型太陽光発電所プロジェクト、一般家庭での屋上の小型発電ユニットの設置等であり、 発電のためのエネルギー源は太陽光であり、非枯渇エネルギーでかつ無料。 可動部がないので保守が容易なため無人化が可能であり、かつ長寿命です。 必要に応じて小規模なものから大規模なものまで、自由な設置が容易にできるメリットがある。

一方太陽光発電による電力エネルギー供給のデメリットは天候に左右され、また日照時間の変化、夜間の発電量が落ちるなどのデメリットはあるものの無料で非枯渇エネルギーであるために、今後急速に増加すると予想されている。

世界的な異常気象の影響で最近は異常降雨や旱魃などが続いており、水力発電所による安定した電力エネルギー供給が難しくなってきている。ブラジル国内の水力発電所による電力エネルギー供給量は1,090ギガワット、風力発電による219ギガワットの約5倍で圧倒的な電力エネルギー供給を維持している。