金曜日, 9月 24, 2021

インターネットプロバイダーの新規株式公開が数珠つなぎ(2021年7月8日付けエスタード紙)

今月中に地域インターネットサービスプロバイダー数社は、サンパウロ証券取引所(B3)での新規株式公開(IPO)で資金調達をして、事業の拡大やマーケットシェア拡大などを積極的に進める計画を立てている。 ブラジル国内最大のリージョナルプロバイダーBrisanet社は、既にIPO前に50億レアルに達する資金調達が確約されており、リオ州に本社を置くAtmos Gestão社並びにXP Gestão Asset社は12億5000万レアルの投資を行うと見込まれている。 またリージョナルプロバイダーUnifique社は、新規株式公開で22億レアルに資金調達を見込んでおり、Fourth Sail Capital社やAZQuest社がUnifique社のIPOでの資金調達オペレーションを牽引する。 またサンパウロ州に本社を置くリージョナルプロバイダーDesktop社は、今月19日に新規株式公開で7億レアルに資金調達を目指しているが、調達資金の大半は事業拡大に投資する。 Brisanet社、Unifique社並びにDesktop社は、IPOによる自己資金で競業他社の買収を視野に入れた事業拡大を目論んでいる。 IPOを予定しているBrisanet社、Unifique社並びにDesktop社のコンペチターは、これら3社のIPOによる資金調達状況を分析後にIPOを予定している。 プライベートエクイティVinci Partners社傘下のプロバイダーVero社は、今年10月予定の新規株式公開での15億レアルの資金調達のために、主幹事銀行を選定して契約している。 リオ州プロバイダーSumicity社を傘下に置くEB Fibra社、北東部地域プロバイダーのMob Telecom社、第サンパウロ圏のプロバイダーVipTelecom社もIPOの可能性を示唆している。

STONE社はInter銀行に25億レアルを投資して、経営審議会に議席獲得(2021年5月24日付けエスタード紙)

ブラジルの電子商取引ソリューションプロバイダーであるStone社は、Inter銀行に25億レアルを投資して経営審議会に議席獲得、1,000万人以上の顧客のユーザーベースを持つInter銀行の仮想モールに自社の顧客を誘導することが可能となる。 ナスダックに上場しているStone社は、4億7,100万ドル相当の投資でInter銀行のサンパウロ証券取引所(B3)での追加公募増資(フォローオン)で、最大4.99%の株式を取得する。 ブラジルのサンパウロに本社を置くStone社は2000年に設立、2018年にNASDQAへ上場、IPO時にバークシャー・ハサウェイのバフェット氏とアリババのジャック・マー氏が保有していたことで名が知られていた。 Stone社は、中小規模の小売業者がソフトウェアと金融サービスを介して、ビジネスの成長、生産性の向上、売り上げを増加を促進させるエコシステムを提供している。 また同社は、カスタマーサポートの代行やUberEatsのようなローカルな物流まで端々を繋げるようにサービスを提供しており、POSシステムの導入を起点としてクライアントとパートナーシップを結び、販売、サービス、運用サポートチームメンバーを効率的に採用およびトレーニングしてStoneのプラットフォームをクライアントに事業にうまく統合するStone Hubsというサービスも提供している。

昨年のNubankの赤字は2億3,000万レアル、ユーザー数は3,300万人に増加(2021年3月18日付けヴァロール紙)

ブラジルのneobank で、ラテンアメリカで最大の新進フィンテック企業Nubank社の2020年の純益は2億3,000万レアルの赤字を計上したが、2019年の3億1,200万レアルの赤字よりも26.0%改善、昨年のファイナンス関連の売上は前年比79.0%増加の50億レアルに達している。 「Nubank社が昨年に続いて赤字を計上している理由として、利益を優先するよりも金融サービスのポートフォーリオ拡大に投資をしている。同社の利益はいつでも捻出できる」と同社のGuilherme Lago取締役は説明している。 昨年のNubankのユーザー数は前年比68.0%の大幅増加の3,300万人に達している。預金総額は290億レアル、またクレジットカードによる取引数は49.0%増加の950億レアルに達している。 また昨年のNubankは総額10億レアルを融資、ブラジル国内の20%に相当するインスタント決済システムPixの登録者は2,800万人、昨年のクレジット延滞率は3.7%と2019年の4.4%から改善している。 昨年のNubankは3件の大きな買収案件を成功させており、投資部門強化のため Easynvest を買収、米国企業Cognitect社買収、ソフトウェアエンジニアリングと俊敏な方法論を専門とする会社であるPlataformatecを買収している。 Nubankの製品には、無料のNuConta(デジタルアカウント)及び国際クレジットカード、個人ローンがある。同社の差別化要因は、モバイルアプリによってユーザーはトランザクションをリアルタイムで追跡し、それぞれをブロックし、制限の引き上げを申請して、カスタマーサポートに連絡することができる。  

教育系スタートアップ企業「Descomplica」はソフトバンクなどから8,400万ドルの資金調達(2021年2月18日付けヴァロール紙)

2020年創設のブラジル最大手の教育系スタートアップ企業Descomplica社は、ソフトバンクやInvus Opportunitiesファンドから総額8400万ドルに相当する4億5,000万レアルの資金調達に成功した。 Descomplica社への8,400万ドルの中にはソフトバンク以外にもDiniz一族のPenínsulaファンドやFacebookのChan Zuckerberg女史、U2ギタリストのザ・エッジ氏なども投資に参加している。 Descomplica社が調達した8,400万ドルは、テクノロジー部門や昨年設立され、1,200人の大学生や3万人の大学院生を擁するDescomplica大学に投資される。年内に10万人の大学院生を擁する大学への拡大を目指して、積極的に投資を行うとDescomplica社創設者で大株主のMarco Fisbhen CEOは説明している。 今回の8,400万ドルのDescomplica社へのEdTechスタートアップ投資は、ラテンアメリカで最大の投資を記録、Descomplica社への大型投資は今回が3回目であり、前回の投資では3,000万ドルを調達していた。 Descomplica社は、通常の教室型予備校をオンライン化にした大学受験生を対象とした映像授業サービス会社であり、数十万単位の有料会員を擁しているブラジル酷なで最大級のEdTechスタートアップ企業に成長している。 Descomplica社は、インターネットで「選択した曜日・時間にライブ授業配信」「講師による質問対応」「録画後のライブ授業再生」などの教育サービス内容をスローガンしている。

Vivo社の第2四半期の純益は、22%減少の11億レアルに留まる(2020年7月29日付けヴァロール紙)

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}    

ジャイアントテクノロジー企業は新型コロナウイルス感染拡大でさらに飛躍

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}    

パンデミックで電子商取引業界を中心に倉庫需要が急伸(2020年3月25日付けバロール紙)

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}    

COVID-19 インターネット販売が40%に達する急成長

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}    

マガジン・ルイーザとインロコが研究センターを開設

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}    

昨年のラテンアメリカ地域のフィンテック投資は前年比130%増加

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}    

外資系スタートアップ企業が続々と上陸

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}    

ブラジルの地中送電計画が進まない

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}    

ブロードバンドの世帯普及率90%達成には2,000億レアルの投資が不可欠

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}    

中小企業はチャンスを求めて米国市場に投資

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}    

【スマートフォンが不況知らずで販売を拡大】

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}    

4G移動体通信向けの700MHzの周波数帯の落札総額は58億5,000万レアル

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}    

BNDES銀行は 4G移動体通信向けとして700MHzの周波数帯入札で200億レアルのクレジット

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}    

4G移動体通信向けとして700MHzの周波数帯入札公示を禁止

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}    

290億レアルの負債を抱えるOi社がポルトガル・テレコムと合併

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}    

Oi社は負債削減のために海底ケーブル事業をBTG パクツアルファンドに譲渡

 国立電気通信庁(Anatel)はテレフォ二カ社のワイドバンドSpeedyを投資不足による過重なサービス負担で消費者の利益を損ねているために、Speedyサービス販売を無期限で禁止している。  Anatelはテレフォ二カ社に対して30日以内の改善計画提出を義務付けして、サービスの拡大やメインテナンスの改善策を審査して後で再販許可をだす。  今月9日にテレフォ二カ社の固定電話サービスに障害が発生、昨年7月のSpeedyのパニックも結論がでておらず、Anatelではテレフォ二カ社に対して1,500万レアルの罰金、Speedyサービスを販売した場合は1件に付き1,000レアルを徴収する。{2009年6月24日付けエスタード紙}