火曜日, 1月 25, 2022

繊維業界は原綿価格上昇で危機意識上昇(2022年1月19日付けヴァロール紙)

繊維・衣類製品の主原料となる今年1月の1ポンド当たりの原綿価格は、1.17ドルに上昇しており、ちょうど1年前の2021年1月の0.81ドルを約45%上回っている。 原綿価格が再度上昇に転じており、高騰している原綿価格は業界にとって非常にリスクの大きな価格となって、国内外の繊維業界に倒産の嵐が吹き上げる可能性をブラジル繊維工業会(Abit)のFernando Pimentel会長は指摘している。 現在の原綿価格の高騰は、製造コストの60%~70%に達して収益を大幅に圧迫されるが、原綿価格の高騰前の原綿の製造コストは、50%に留まっていたとFernando Pimentel会長は指摘している。また今後の原綿の国際コモディティ価格も憂慮している。 現在の原綿価格以外にも旱魃の影響による火力発電所稼働による電力エネルギー価格の上昇や世界的なコンテナ不足による海上輸送運賃の高騰は、繊維製品や衣類生産リスクに繋がる。 またオミクロン株やインフルエンザの流行は、再度の外出自粛による売上減少に繋がる恐れがあり、昨年末から繊維・衣類の小売部門からの発注は、減少傾向となっている。 昨年の衣料業界の売上は前年比19.0%増加の2,330億レアルに達しているが、過去最低を記録した政策誘導金利(Selic)は2.00%から9.25に急上昇、二桁台のインフレによる実質賃金の目減りなどの要因で、インフレ指数を差引いた昨年の衣料業界の売上は、Covid-19前よりも10%減少しているとFernando Pimentel会長は指摘している。

今年の棉生産は290万トンで記録更新か(2020年7月24日付けヴァロール紙)

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

繊維工業部門の今年下半期の回復は緩やか(2020年7月6日付けヴァロール紙)

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

今年の繊維・衣料業界の生産並びに販売とも下方修正

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

ブラジル繊維工業会(Abit)は今年の繊維製品生産を下方修正

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

2018年の繊維・衣類業界は再び輸入品に席捲されるか

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

繊維部門は改正労働法発行で労働訴訟コスト減少予想

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

今年上半期の繊維・衣類セクターは悪化サイクルから脱出か

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

今年7か月間の衣類輸入は3.7%増加

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

今年の繊維・衣服生産は10%減少

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

繊維メーカーInvista社は1億ドルを投資してライクラを生産

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

今年の繊維部門の貿易収支は60億ドルの赤字計上か

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

過去1年間の原綿価格は170%上昇

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

ヴィクーニャ繊維は南米地域に投資を集中

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

ヴィクーニャ繊維は大型投資で3年後には世界最大の繊維会社に

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

中国は繊維製品輸入協定を拒否

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

昨年の繊維部門の伸び率は4.0%

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

ブラジルの紙・パルプ部門の競争力増加

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

繊維や履物の国内販売が好調

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。

連邦政府は為替で打撃を受けている業界に暫定令

国家配給公社(Conab)の調査によると、2019/2020年の棉生産の25%は既に収穫されているが、綿栽培面積は前年比3.1%増加の170万ヘクタール、綿生産は前年比4.0%増加の290万トンが予想されている。 大豆並びにトウモロコシ同様にマット・グロッソ州の棉栽培はブラジル国内を牽引、既に今年度の棉生産の14.5%は既に収穫済みであり、110万ヘクタールで栽培されている今年の棉生産は、過去5年間で最高の生産高になるとマット・グロッソ州農業経済協会では予想している。 またバイア州では今年の棉生産の26.8%に相当する31万3,500ヘクタールの綿は収穫されており、今年の生産の70%に相当する57万トンは既に売買契約済みで、ポンド当たり68セント~70セントで取引されている。平均生産コストは60セントで僅かな黒字となっている。 Safras & Mercado社アナリストのÉlcio Bento氏は、今年の棉生産の60%~70%は既に売買契約済みであり、その50%はCOVID-19パンデミック以前の契約であった COVID-19パンデミック以降のレアル通貨に対するドルの為替の上昇で、今後の棉売買は綿生産者にとってドル高の為替で推移しているために、大きな利益確保が予想されている。 COVID-19パンデミックの影響で、国内の繊維工業部門向け棉取引が遅れており、特に棉収穫が進んでいる南東部地域並びに北東部地域での売買取引が遅れて問題となっている。